透明なこころでありたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこはかとなくブルー

 先週の土曜日、息子の運動会で中学校に行ってきました。
 小学校時代と違って場所取りをする必要もないし、保護者が使えるテントと椅子などもあるし、自分の子の学年の競技だけみて帰る保護者とか、結構ゆるくて楽な感じでした。
 いやほんとにうちの小学校の場所取り合戦朝の6時開幕ですからね・・・。その前から校門の前で並んでるし。
 
 でもって、のんびりと娘と一緒に9時頃到着、息子の出る競技を見たのちしばらく日陰で休憩していると、小学校の特別支援学級のお子さんとお母さんにばったり。
 実は、息子が卒業してから小学校に殆ど行ってないんです。
 娘が熱出して早退するのを迎えに行った時と、引き渡し訓練と、全校集会で学年発表した時の2回だけ。
 参観日もPTAも都合が悪かったり、娘が病欠したりして行ってない。
 息子が在籍してた時には、特別支援学級の教師、保護者、校長との情報交換会が月に1度あり、できるだけそれに参加していたし、その他にもボランティアの草取りとか支援学級の行事の手伝いとか、わりとしょっちゅう小学校に行っていたのですが。

 「久しぶり♪」と色々お話しを伺いました。
 月に一度の情報交換会、私の先輩ママさんたちが当時の教頭先生にかけあって、支援級担当教師だけでなく、学校全体で支援級の子ども達を見守っていただきたい、という思いで発足させたもの。
 たびたび私のブログにも登場する、伝説のS先生が「支援級のお母さんたちで情報交換する会を作らないとだめよ。いくら私たち教師が行っても、全然市は予算をつけてくれないし、教師も増やしてくれない。やっぱり保護者が連携して、市に訴えてくれないと変わらないのよ」という教えをうけて、当時在籍していたママさん方を中心にママ会を作りました。
 理解があった当時の教頭先生に調整してもらって校長も臨席し、外部の病院の療育担当の作業療法士、言語聴覚士の先生を何度か呼んで会議をしていました。

 最初はいちいちママさんと教頭先生が調整していた会議日程も、校長の鶴の一声で毎月一度決まった曜日に開催し、その連絡も教師側が担当することにしてもらい。
 ママさんつながりで有名な療育の先生を招いてペアレントトレーニングを教えて頂いたりもしました。
 しかし、残念ながら先輩ママさんたちのお子さんが卒業していくと共に、参加者は減り続け、昨年の時点ではほぼ私ともう一人のママさんの二人だけが参加、私が不参加の時にはそのママさんだけ、という月もあったようで。

 去年から赴任された校長先生は大変熱心な方で、ほぼ毎回必ず出席いただいていただけに、申し訳なく。
 そして私の息子が卒業することになり、教師側から「こうして機会を設けても参加者も少ないし、これからは支援級のPTAの集まりで情報交換することにしませんか」という提案があって、支援級の保護者ではなくなってしまう私には、何も言えませんでした。

 正直、一般の小学校での特別支援学級は、教師の力量の違いによって雲泥の差が生まれてしまいます。
 うちの小学校は現在5クラス、在籍の児童は30人を超えていますが、特別支援の免許を持つ先生は2人だけ。
 残りの3クラスは一般クラスからの転任。
 去年まで支援級主任だった先生が定年退職したので、去年異動してきた特別支援コーディネーターの資格をもつ先生が自動的に主任に。
 それは去年、息子の担任だった先生なのですが・・・。

 つづく。

 
 
 
 
スポンサーサイト

息子の実写映画デビューは「銀魂」

 聴覚過敏があって暗いところが怖かった息子。
 小学校2年生くらいから夜道がダメで、地元の花火大会にも行けなかった。
 暗いところダメだから、プラネタリウムも怖いし映画館なんてもってのほか。
 大音響に関しては、一度お台場のソニーエクスプローラーサイエンスでマジックショーを見た際、演出の音響に耐えられなくてトイレに駆け込んで吐いたくらい苦手。
 ディズニーリゾートのパレードも耳をふさがないと耐えられない。

 もう一生映画とか無理でしょ、と思っていた息子が初めて映画を見たのは地元の文化ホールで。
 小学校1年生の時でした。
 当時娘ともどもはまっていたプリキュアオールスターズDX2でした。
 文化ホールは映画館と違って公開前の座席は明るいし、万一途中で耐えられなくて出たとしても、ロビーなどに設置されてるモニター画面で映画を見ることができます。
 それならば、息子が途中で無理になっても最後まで観られるだろうね、と娘と三人で出かけました。
 結果、スクリーンから離れた二階席で鑑賞したのが良かったのか、最後まで楽しんで鑑賞することができ、これで映画も大丈夫!と本人も自信を持ったのですが。
 
 その後、文化ホールでのプリキュアをもう1本観て、いよいよ本物の映画館(シネコン)に挑戦。
 小学校2年から3年にあがる春休みに大好きなドラえもん、「ひみつ道具ミュージアム」をいとこたちと行こう!と。
 念のため、端っこの退場しやすい席、気を紛らわせるためのお守りポップコーンを購入、飲み物は炭酸禁止(吐き癖があったため)。
 結果、最後まで離席せず楽しく観ることができたのですが、本人の感覚的にはやっぱりつらかったらしく。
 その後しばらく映画館の話が出ても「イヤだ、行かない」となり、それまでは大丈夫だった夜の外食も無理に。
 一人で家族に「夜間外出禁止令」を発布しておりました・・・。

 そして何度誘っても映画館はおろか照明が暗いめのゲームセンターすら入れなくなり。
 ああもう、二度とこの子と映画館は入れないのか・・・まあ地元の文化ホールでなら大丈夫だからそこでロードショーが終わったやつ年に一度くらい観てればいいか、とあきらめていた頃。

 来ましたね、世の中の子どもを巻き込んだ一大ブームの「妖怪ウォッチ」。
 映画の一作目の時はまだ観に行けなかったのだけど、アニメにはまり、アーケードゲームにはまり(それまでゲームセンターではメダルコーナーのゲームかエアホッケーくらいしかやらなかったのに)カードを集めるうちに、ようやくテレビCMを見ながら「妖怪ウォッチの映画を観に行きたい!!」
 
 そして、ドラえもん以来2年半ぶりに、「妖怪ウォッチエンマ大王と5つの物語」をシネコンで観ることに。
 小学校5年になっていた息子は、自分から行きたいと言っただけあって、さすがに大丈夫になっていました。
 スクリーン入場前はドキドキして「ああ、なんか落ち着かない」と自律神経大暴走していましたが、映画予告が当時大好きだったアニメの鷹の爪団が登場したこともあり、今度は映画に集中して楽しめました。

 そこから映画は大丈夫だ、と本当の自信をつけたらしく何本か観て来たけれど、妖怪ウォッチ、ドラえもん、君の名はなどすべて「アニメ」。
 「実写映画に行かない?」とたずねても、こだわりがあるのか「イヤだ」の一言。
 基本ドラマもあまり観たがらない子なのでしょうがないかー。

 さて、そんな中、今年の夏公開された実写版「銀魂」。 
 息子と娘と私が一時期テレビ版アニメのギャグパートにどっぷりはまっていたのですが、シリアス回が増えて来たころ、悲しい話が苦手な息子が避けるようになり、実写の話題をしても全拒否。
 娘と私が観に行くことは決定していたのだけれど、千年に一度の美少女がチャイナドレスを着るというので相棒も興味を示し始めました(相棒は銀魂一切知らない)。
 公開された翌日の土曜日、「お母さんと妹で観に行ってくるわー、あんたSCでお父さんと時間つぶししてたら?」と言うと、「んんー、やっぱり俺も行く!」と土壇場で転向。
 家族4人で見に行くことになりました。

DHahUelU0AAVjf8.jpg


 結果は。
 楽しかった、面白かったよ銀魂。
 高杉役の堂本剛すごいよかったし、いやもう中村勘九郎さんに至っては・・・。
 勘九郎さんを目当てなのか、上品そうな老夫婦が何組か席にいて心配してしまいました。
 原作もアニメも知らない相棒も楽しんでいたようで(元々『トリック』の大ファンだったし)何よりでした。
 そして、コメディー大好きな息子は「うん、コメディーだったら実写でも観てみたい!」とまたまた一つ自信をつけました。

 人生経験の階段を一段上っては二段下がり、また二段上って、と繰り返しつつ、自閉っ子は安心できる世界を広げて自立への力を身につけて行くんですね。
  
 

冷蔵庫狂詩曲その2

 前回の続き。
 冷蔵庫を3日間開けっぱなしにしてから数日後。
 気を付けていたのに、またしてもドアの隙間が開いていた!!ががーん。
 「んもう!」ときちんと閉めました。
 この時冷蔵庫内の温度表示が10度以上だったのでHH表示。
 それから数時間経つも、HHのまんま。
 「こ、これは・・・!」
 ショックなことに、冷凍庫内の温度までがぬるくなっていた!
 アイスがとろとろだ・・・。
 しょっちゅう飲料やらアイスやらを取るために冷蔵庫を開ける子供らに「しばらく開けたらダメ!母に申請してから開閉すること」と申し渡すも、一日経っても庫内温度が8度を上回る。
 ちなみに、それまでは大抵5度以下表示でした。
 冷凍庫内も-10度とか・・・それまでは-18度前後だったのに・・・。

 あきませんわ。
 これは本格的にあきませんわ。
 相棒と相談するも、もうすでに購入して15年経過の冷蔵庫。
 寿命だな、という判断で買い替えることに・・・!!
 ああああー、冷蔵庫買い替えは痛いーーー痛くてたまらないーーーー。

 相棒がネット検索し、色々検討して購入機種が決定。
 うちのアパート、ドアが狭いし台所のスペースも狭くて、今までと同じサイズのものしか置けないんですが、結構今はタンスみたいにでっかいの主流なのね。家族の数は減ってるけど、冷蔵庫はでかくなる。不思議。
 で、購入したのが月曜日なのに、配送されるのが金曜日。
 何でも、急に気温が上がったので、我が家と同じように冷蔵庫がいかれたり、クーラーがやられたりしてる家庭が多発。
 取り付け業者が間に合わないそうで。

 ポンコツ化してから約10日間、冷蔵庫じゃなくて家族の方がひやひやしながら過ごしました。
 体に悪いちゅーねん。
 冷蔵庫の買い替えj当たり、準備で中身を減らしました。
 まあ先の開けっ放し三日間のおかげで相当量は減っていたのですけれど。
 さて、台所も片づけ、日ごろ放置してる雑多な物は物置部屋にほおりこんで、新品の冷蔵庫さまのお越しをお待ち申し上げておりました。

 で、当日の私のツイートが以下。

新しい冷蔵庫が午前中にやってきた。
古い冷蔵庫の中身、ずいぶん減らしたつもりだったのに、息子と二人でわっせわっせと取り出さなきゃならんほど結構な量があった。息子が部活に行き、新しい冷蔵庫にわっせわっせと一人で詰めた。疲れた。今の時点で台所が使いものにならない。やばい。

冷蔵庫を出し入れするために、玄関からダイニングから物をあちこちに移動させてたんだけど、テーブルとイスすら元の位置に戻ってない。
今から昼寝するから小人さんが登場して片づけてくれないかな。もしくは魔法使いが訪問販売しに来ないかな。アイスなら買う。

ちなみに息子と娘は帰宅しているが、何の役にもたたずにごろごろしながらくだらねー喧嘩をしてやがる。踏んでやろうか。

その後「喧嘩やめろ!踏むぞ!働け!」と号令をかけて動かした。
娘は皿洗い。息子は洗濯物取り込みに風呂掃除。なんだ、やればできるじゃないか。もっと動けーー働けーーー。
 
 

 減らしたつもりの中身は、釣りをやる相棒のでかいクーラーボックス二つにも収まり切らず。
 なんでこんなに入ってたんだよぉ?と愕然。
 業者が来て冷蔵庫をどかした後のホコリに驚愕。
 もうね、一瞬緩衝材?と疑うほどの分厚いホコリ。
 いやいや、マジでスポンジそっくりでしたよ。写真とっとけばよかったわ。
 フカフカ。座りたい位。きったないけど。
 新しい冷蔵庫を運び込む準備をされている間に必死で掃除しましたよ。
 15年分の圧縮ホコリ。芸術的ですらありましたよ。あんなのみたことない。

 物をおきっぱにしてた台所の床がきれいになったのだけがいいことでした。
 なんとか当日片づけてキレイにしていましたが、今じゃまた散らかってしまった。
 もうこんな自分を殴りたい。
 そんでもって、新しい冷蔵庫は外寸同じでも容量が増えてるから、今度は詰めすぎないようにしようと思っていたのに、やっぱり何だかんだものが詰まっていて、何の反省もない。
 うう。やっぱりタコ殴りにしてやろうか<じぶん。
 
 

日常にひそむ危機

 3月に娘のいじめ事件で吐き捨ての為に7年ぶりでつぶやき再開したTwitter。
 5月頃からハマりはじめ、今ではすっかり廃人に(汗)。
 検索かけて、あ、これいい!と思ったつぶやきを追っかけてフォローし、フォローした人が紹介してるつぶやきの発言主をフォローし、とかやってるうちに、流れるつぶやきが大変なことに(汗汗)。
 あかんね、読んでるだけであっと言う間に時間が過ぎてやばい。
 
 そんな中、埼玉の志木市で男子高校生が行方不明になったので探してほしい、というツイートが。
 あっと言う間に拡散されていって、SNSすごいなぁーと改めて感心し、又高校生が早く発見されるといいなぁ、と気にして情報を追っかけていました。
 9月1日の始業式に向かう途中行方がわからなくなっていたそうで、1週間後の今朝、ようやく八王子(地理間隔がわからないけれど、自転車ならいける距離なのかな?)で保護されたそうです。
 よかった。
 
 高校生で行方不明って家出でしょ、と普通は思うけれど、特徴にひっかかるものがあって。
 極度に方向音痴、内気過ぎて人に話しかけられないし話しかけられると逃げる、親しい友達はいない、など。
 通学距離はわずか10分程度、そんな中で行方不明ってありえないでしょ、やっぱり家出でしょ!と思われるでしょうが、ちょっと一本道を間違えただけで、何かの都合で方向転換しただけで、工事中かなにかで通行止めになってただけで。
 パニックを起こしてわからなくなってしまう子っているんです。
 何をかくそううちの息子だ(苦笑)。
 いや、うちのは地理的には方向音痴ではないというか、道を間違えたくないあまり慎重に地図表記を確認して自分のいる場所の把握と目的地までのコース取りを確認しまくるタイプ。
 視覚情報の記憶も強いので、道を間違えることはほぼ無いのですが、そんな息子でもパニックになったら暴走して「何でそんなとこにいるの!?なんでそうなったの?」となる事確実です。

 だから、万一迷子になった時には周囲に助けを求めなさい、とくどい位に教えているし、実際一人で移動する時は、駅員やバスの運転手やおまわりさんに自ら相談しています。通学時にも自宅や両親の電話番号、テレカと小銭は持たせています(ケータイはキッズケータイが恥ずかしいと言って、最近持たなくなった)。
 高校生の親御さんも、日常のことだからと安心されていたのでしょうが、トラブルが起きた際に他人に助けを求められない、という特性のあるお子さんだったら、学校側がケータイの持ち込みを禁止していたとしても、担任に相談して登下校時だけでも持たせておいた方が良かったのではないかなと思います。たまたま忘れて出た日、だったのかも知れませんが。

 しかしながら、本当に日常に危機はひそんでいるのだな、と改めて実感。
 最近問題行動が落ち着いている(ほぼ服薬のおかげが大きいような。エビリファイありがとう!)息子ですが、娘も含めて、危機管理の大切さ、重要さを思い出させてくれた出来事でした。
 いやいや、平和ボケしてたわ。
 つい一昨年までは、持たせたケータイから下校途中にかけて来たと思ったら、大パニックで「しねー」と叫ばれてそのまま切られ、あわてて家を出て息子を探しに学校まで歩き、すれ違いになってうろうろし続ける、という事件が何度もあったというのに。
 今日、子どもらが帰宅してきたら、万が一の場合の対策と連絡の取り合いを確認しておこう。
 

 
 

8月に読んだ本(読書メーターまとめ)

ええっとねぇー、8月はTwitter読んでたよ!(をぃ)
読みたい本は増えたんだけど。
皆川作品も手元にあるのに読んでない。
読書の秋だしね、9月は読むぞ。

8月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:464
ナイス数:24

クロワッサン 2017年 8/25 号[本のない、人生なんて。]クロワッサン 2017年 8/25 号[本のない、人生なんて。]感想
久しぶりのクロワッサン。もっともっともっと本を読みたい気持ちにさせられたなぁ。うん、本を読もう!
あと、澤地文枝さんの「長い事生きてきて、今の時代が一番ひどい」という一言が怖かった。もう楽天的ではいられない。
読了日:08月21日 著者:
うちのトコでは5うちのトコでは5感想
今では私より娘がハマっています。おかげで学校の社会のテストで都道府県はばっちりです。学習参考書の版元とコラボしてもらえたらいいなあーと母は考えるのでありました。
兵庫ファイブ、播磨さんの出番がもっと欲しい・・・。
読了日:08月14日 著者:もぐら
進撃の巨人(23) (講談社コミックス)進撃の巨人(23) (講談社コミックス)感想
おなじみのキャラが出てこなくて最初もの寂しかったわ。しかもライナーおじさん化してる。苦労が老けさせた分も有るかも知れない。いずれにせよライナーがかわいそう過ぎて泣けてくるし、前にあったユミルの手紙の意味がわかんないのにユミルは・・・だし、巨人側の都合と心理がもうたまらんくなったので作者はひどいけど天才だなとまたしても感じ入りました。いやしかし、こんな残酷な話し、なかなか無いと思うわ。
読了日:08月10日 著者:諫山 創

読書メーター

やっと夏休みが終了

 わわわ、1ヶ月以上更新していなかったよ!!ここのところTwitterでぼやいたり情報集めたりしてたから・・・。
 ブログにアップできるほどの文章をまとめられなくなっておりましたわ。
 子どもたちも新学期が始まり、だらだらしすぎた生活からの筋肉痛の毎日です。
 だーからーあれほーどー「夕方に散歩して、縄跳びやんなさい」と言ったのにーーー。
 息子にいたっては、今週運動会練習で授業なし。運動会が終わったら一学期の授業が身についているかの確認テスト。
 あーそれなーのにーーーあいつはーーーー宿題も完了しぃてーーーいーーーなーーいーー。

 本当は尻をたたいてやらせなきゃなんだけど、なんか運動会の練習でバテバテで、会話すらしたがらない状況なので無理強いできない・・・甘やかしかもしれないけど、疲れやすい子だからね・・・。
 昨日は本当に目が死んでました。
 今日は少し回復して、数学やってましたけどせいぜい1ページだね。
 中学生になって、最初はタブレット学習がんばってたんだけどなぁ。
 二学期、これからどうなることやら。
 そして娘はいよいよ通分が始まるぞ。
 算数が苦手で思いもかけないミスをする娘は果たして乗り越えられるのか!?
 そして母ちゃんはどこかにパートで雇ってもらえることができるのか?
 前途多難な我が家であります。ふぅ。

7月に読んだ本まとめ(読書メーター)

え!?うそ、こんだけしか読んでなかったっけ?と思い返してみたら、最近ツイッターにはまりだしてて(今更)時間をやたら費やしてることに気が付いた(汗)。
やばい、ほんとにおつむの中身がやばいよ?

7月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:935
ナイス数:47

花闇 (河出文庫)花闇 (河出文庫)感想
越後の雪降る村の中、色あせた花形役者の芝居の幟。川を渡る白い蝶の幻。冒頭から一気に惹きこまれ、妖しく美しく無残な物語にどっぷりつかりました。
闇の中から仰ぎ見る光は実際の光量よりもひと際鮮やかにまばゆく煌めいてみえるもの。
語り部は闇の中に伏せて輝きをみすえるしかない運命。淡々とした彼の語りが物語の凄惨さを一層際立たせる。満足満足大満足。
読了日:07月13日 著者:皆川 博子
このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)感想
前に深夜番組で話題になってた漫画、病院の売店で見かけてパラパラめくったらいつの間にかレジに持っていってました。
今のご時世では絶対ひっかかりそうな毒に満ちたdisりっぷり。しょーがない、あの「パタリロ!」の魔夜峰央だもん。
笑いました~。
埼玉はともかく、茨城の立ち位置が現在もあんまり変わってないのが切ない。

パタリロは巻数多くて持ってなかったんだけど、「ラシャーヌ!」は揃えてたんだー。懐かしいわー。
読了日:07月12日 著者:魔夜 峰央
ダ・ヴィンチ 2017年8月号ダ・ヴィンチ 2017年8月号感想
ひっさしぶりにダヴィンチを手にしたわ。川原泉特集に惹かれたから。最近の作品全然知らなくて悔しい。ああ読みたいわ~。
あと、住野よる氏の作品が気になるのだけど、どうしてもあのタイトルに拒絶反応が起きてしまう。なぜかわからないけど、ヤなのな~。
読了日:07月11日 著者:
3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)感想
最近話題の藤井プロのおかげで、棋士の方々をテレビで良くお見掛けするようになりましたが、この漫画の登場人物が誇張ではなかったのね!ノンフィクションだったのね!と思わせられるほどみんなキャラが濃いですなぁー。藤本雷堂みたいな人も実際いるんだろうか(爆)。数々の問題が一段落して、ちょびっとボーイミーツガールを思わせるラスト、いい感じですね。そして毎度おなじみ川本家グルメ、つけ汁そうめん、相棒の実家でいただくおそうめんと一緒です。おいしいよー。
読了日:07月01日 著者:羽海野チカ

読書メーター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。