透明なこころでありたい

新学期始まる

 はあー、やれやれ、今日から三学期授業開始です。
 もう、冬休みの宿題をやらせるのつらかった・・・最終日の午後7時過ぎまで書初めの課題やらせてたよ・・・。
 太筆を使わせられるスペースは一人分しか取れないので、交代で書かせたから時間かかって・・・。
 どうして書初めをそんな遅くにやらせたかっていうと、

息子の他の宿題がその日まで終わらなかったから。

 娘はさすがに年末になる前に終わらせてたんだけど、書初めとなるとスペース作るのが結構面倒くさいので(なんせ汚部屋)、一度にやらせようと思っていたら、こんなに遅くなってしまったという・・・。

 子供たちの勉強スペースを、今年こそちゃんと確保してやらんと。
 親もしんどいわーーー。
 
 というわけで、今年こそ部屋を片付けよう。
 10年以上同じこと言ってるけど。

 それにしても。
 さかなクンのご母堂様は、学校の成績が悪くても好きなことをやりなさい、とあたたかく見守って子育てされたそうですが。
 わたしには無理無理無理無理~~~。

 魚研究ならば面倒なことも厭わず、学習、飼育、観察、模写、採集とすべてをこなした異才のさかなクン。
 ・・・最近ひたすらゲームで遊んで、ゲーム動画ばっかり見てて、ではこのゲームを作るには何をどうするか?とか考えもしないうちの息子をさかなクンさんと比べること自体がおこがましいか(苦笑)。

 昨日出た宿題は、理解できてるはずの小数同士の掛け算だったけど、小数点の位置移動を含めて全部答えが間違ってた(泣)。
 でも時間が遅かったからやりなおさせずにそのまま持っていかせました・・・。
 ちゃんと解きなおして帰って来るのかな・・・正直今の担任、教え方上手じゃないからなぁ・・・(愚痴)。
 

  
スポンサーサイト

さ・・・最少公倍数・・・?

 えっと、さっきの記事をあげてから、ちょっと気が付いた。
 分母が6と8の分数を通分するには、

 ★まず6と8の最大公約数を見つける。この場合2。
 ★6と8を掛ける。48。
 ★掛けた数を最大公約数で割る。つまり24。

 って考え方の流れで合ってるのかな・・・??
 私自身は、6と8の九九で共通する数=24ってぱっと頭に浮かんでくるので、息子に流れを説明できなかったんです。

 んん??
 あ、それよりも
 6を2×3、8を2×4、と考えて、最大公約数の2を求め、 3×4×2と解けばいいのか!

 まったく、算数の教科書を学校に置いて帰ってくるから本当に母ちゃんわかんないんだよ・・・。
 だれか算数に強い人いたら、これよりも簡単な解き方を教えてもらいたいでござる。来年の干支はさるでござる。

最大公約数!最少公倍数!

 前回の記事で、息子の学力について「通分はなんなくクリアできている」なんて書いていてごめんなさい。
  
 あいつぜんぜんわかっとらんかったーーー!!(号泣)

 分母の異なる分数の足し算。
 その答えは合っていたから、安心してたのに。
 なんで、1/2と 2/3を通分しましょうって問題にどうして10/6とかいう答えを出しとるんだ!?答えを勝手に足すんじゃない!しかも間違ってる(涙目)。

 でぇーい!てなわけで、通分の講義を始めようとしました。
 しましたが・・・ええーと、約分の際の最大公約数の求め方はなんとか説明できたんだけど、最小公倍数の求め方をうまく説明できない!!
 弁解しとくと解けるのよ、一応解けるんですよ?
 1/6と 3/5は、通分するとそれぞれ 5/30と 18/30 とか。
 これは解き方説明できた。
 だけどぉー。
 5/8 1/6 はそれぞれ 15/24と4/24 になるのはどう説明すればいいんだ?
 いちいちそれぞれを掛算して共通の数を見つけるしかない、という説明しかないのかな。
 あああ、答えはわかるけども考え方の流れをうまく教えてやれなぁーい!!
 
 結局娘の方の宿題(こちらは時間の問題で、娘が最も苦手な分野)をみてやらねばならなかったので、息子の方は相棒に交代してもらいました。
 くっ・・・。真面目な話、来年の宿題をみてやれるかどうか・・・。
マジヤバイ。

 


 

問題は宿題

 子供たちの宿題の問題。
 わからない時は「ヘルプ」出しなさい~!!と言っているのですが、もう去年あたりからずっとヘルプに入りっぱなしです。
 息子は3年までの担任があまり宿題を出さない人で、本人もそれなりに問題が解けていたので(テストは平均点以上を取っていた)ぼんやりと高学年になってしまったのだけれど。

 5年生の今、どんづまりだよぉー。
 やっぱり算数とか問題の桁数が増えてくると、いまだに指折り計算をする現状ではどうもならん・・・。
 割り算が特に苦手。
 掛け算の筆算は転記ミス以外は問題なく解けているのに・・・。

 割り算で商を立てる際の「あたりをつける」ってのがまるで出来ません(涙)。
 一桁で割るのならまだいいけど、二桁以上で解くのがえらいこと大混乱。

 先日、お風呂掃除させてお湯を入れさせていたら、ずいぶんとぬるい湯を入れてたらしく(我が家は古いアパートなので、温度調節は給湯のみ)、「おにぃちゃん、お湯ぬるすぎ!」と妹に叱られてました。
 そしたらたまった湯を全部抜いてから適温の湯に入れ替えようとしたそうで、さらに妹にキツく絞められてた(苦笑)。

 娘「なんでよぉー、お湯がもったいないでしょぉ、熱いお湯を足していけばあったかくなるじゃないの!」
 息子「・・・あっ、そおかー」

 すごい、典型的アスペだよ、思わず笑った。
 どっかの掲示板かなにかで、成人して普通に社会人してるらしいアスペの人が「主軸をずらして計算できないので、未だに掛け算や割り算はににんがし、にさんがろくって順に九九を唱えてる」と書かれていたのを読んだけど、納得したあ。

 失敗とかも途中でやりなおすのが難しい。
 最初からやり直し、にこだわるんですよねぇ。
 だから病院の受診などで学校に遅刻するのが大嫌い。絶対休みたがる。
 オールオアナッシングの思考。

 だから、61÷7みたいに、逆算九九にした方が早く計算できる!とか閃かないんです。
 悠長に7×1=7、7×2=・・・そらしんどいわ。
 
 横で教えていて考え方などは理解できているけれど、とにかく「あたりをつける」段階が苦手すぎて、そこからまた掛け算で確かめて引き算してさらにまたあたりをつけて・・・を繰り返すうちに大混乱してきて泣き出す時もある始末。

 こっちも余りが出る割り算なんて電卓も使えないし、横で先の問題を解きながら説明してやって・・・。
 ってもう時間は取られるし自分も算数苦手だったのに
これなんていう罰ゲーム状態??ですよ・・・自分が解けても、他人に説明するのって本当に難しい。

 最大公約数とか、ほとんど講義しながら全問母ちゃんが解いてやったですよ・・・久しぶり過ぎて1を約数に入れるのかどうか完全に忘れてるし(爆)。

 逆にたくさんの子供が混乱する通分はなんなくクリアできている模様・・・。はあー。
 どうすたらええんだべかー。

 んで。兄貴より問題なのが3年生の娘なのであった(つづく)。
 

息子は聴く・娘は歌う(だが利害が一致しない)

 最近好きなアーティストがAKBからボカロ、いきものがかり、バンプオブチキン、パフューム、GReeeeNなど随分幅広くなってきた息子。
 懐メロもサザンの「勝手にシンドバッド」とかB’Zの「ウルトラソウル」とかホワイトベリーの「夏祭り」などノリノリなのが好きだったり、そうかと思えば諌山実生の「月のワルツ」にイイ曲だねぇと感心したり。
 クラシックもそれなりに喜んで聞くし、吹奏楽は大好きらしい。
 
 聴覚過敏があって、人ごみの騒音やマイクを通した音声、建物内で反響する物音なんかが大っきらいな癖に、昔から音楽を聴くのは好きだった。
 赤ん坊の頃には、体育座りした私の太ももの上に乗せて、ゆらゆら左右にゆったり揺らしながら子守唄を聞かせてやると、すぐに寝ついたっけ。
 膝の上でちんまり納まって、気持ちよさげに眠りにつく顔を懐かしく思いだす。

 美輪明宏がテレビで「子供にはお母さんの歌う子守唄が一番、子守唄を聞いて育った子はたとえ道を誤ったとしても、必ず自分を立て直すことができる」とやたら勧めていたのと、自分自身高校の頃合唱部に入っていて「将来子供ができた時に子守唄を上手に歌ってあげられるようになりたいな」と思ってたので、生まれる前からお腹の子に聴かせるように歌っていた。

 そして育った息子は。
 きっちりと音階を外さない幼児になった。
 音楽なんか習わせたこともないのに、絶対音感でもあるのかどうか、メロディとリズムを正しく歌う。
 また幼児期の息子の声は女の子みたいにかわいらしい声だったので、たま~に(ごくごくたま~に)歌を歌っているとそれはそれは素晴らしかった(親バカ)。
 初めて歌っていたのはNHKのみんなの歌「しあわせ大福」で♪もちもちあんこがたっぷりふわふわだいふくもち♪としばらく口ずさんでいたが、あまりのかわいらしさ(親バカ)に涙がでそうだった(親バカ)。

 だって3歳児がメロディ通りに歌えるんですよ!子供らしいアレンジも聴き間違いとかも一切無く、耳で覚えたとおりに。
 
 ところがねぇ。
 そんだけ歌が上手なのに、歌ってくれない。
 ここが自閉症のこだわりなのね。
 普通親がほめたら喜んで何度も歌ってくれると思うではないか。
 ダメでした。めったに歌いません。
 さらに、親が自分の知っている曲を鼻歌で歌ってるだけで怒る怒る。大激怒でかんしゃく。
 思うに。
 自分がCDやテレビで聴きおぼえたそのまんまが聞こえてこないと我慢できないらしい。
 声も伴奏も全て。
 めんどくさーーーーーーー。
 つまり息子が大好きなのにも関わらず、歌ってくれなかったのは、たとえメロディが完璧だったとしても、自分の声は原曲の歌手のものと違う、だから気持ち悪い!という心理だったのかな、と思っている。

 ですから成長してこだわりが少し落ち着くまでの数年間、母が歌っていいのは息子が聴いたことがない古い曲と夜寝るときの子守唄だけでした。
 ちょっとでも彼の好きな曲を鼻歌を口にすると叫びながら大激怒でした・・・。

 そういうわけで歌の天才になりそこねた息子でしたが(3年生になった今ではわざとふざけて歌うようになった。それなら自分でふざけているから、という意識で原曲と違っていて当然、という心理的な防御システムが働くのであろう。あくまで私の推測ですが)、一方娘といえば。

 この子も同じように子守唄を聞かせて育てましたが、こっちは真逆で歌うの大好き!に育ちあがりました。
 と、と、ところが!
 元々娘の声質は赤ん坊から乳幼児時代まで、「怪獣」としか表現できないものでした・・・。
 声が低い。
 声がかすれ気味。
 声がでかい。
 義父に「我が家の青江美奈」と呼ばれていた(泣)と言えば、なんとなく察していただけるかと。
 女の子なのに、甘える声とか、全然かわいくない!
 兄ちゃんと声を取りかえられれば・・・と何度思ったことか。

 さらに成長するにつれて、人の話・歌はきかない。
 とにかく考える前に行動してしまう。
 この二点と、音域の狭さ(高い声だせません)が相まって聴くのも悲しいまでの音痴に!!
 ど、どうしてそこで音が下がる!?とずっこけそうになる不気味なメロディ・・・。
 それなのにそれなのに、歌うのが大大大好きな娘・・・。

 ああ兄妹なのに何んという差!!
 なんという運命の皮肉!
 歌ってほしい完璧なメロディと天使の歌声を持つ息子(親バカ)は全く歌ってくれず、頼むから静かにして、聴いてるだけで体調が狂う破壊のメロディを奏でる娘(親バカ補正不可能)は昼夜問わず大音量(マジで声でかい)で歌いまくる。
 もしも、もしも息子と娘の立場が逆ならば、完璧なメロディを聴きたい息子(支援級の上級生女子が歌うのは大好きらしい→彼女も自閉で完璧にメロディを歌う子)は娘の歌声に満足し、歌って褒めてもらいたい娘は息子を聴衆に得て満足するのであろうに・・・。

 だが現実は、妹の歌のあまりのひどさに、聴覚過敏の息子が我慢できるはずもなく、かんしゃくを起こし娘を叩いて泣かせる・・・。
 なんかもうね、地獄絵図でしたよ(今もだけど)。

 自閉症児の才能を伸ばす、とかいっても一筋縄ではいかないもんですね・・・あと、娘の天性のジャイアン並みの破壊力のある音痴っぷりを、本人が自覚し始めてきて劣等感を持ち始めているこの頃。
 どないしたらええんかしらねぇ・・・。

はじめてのおつかい

 ネットのどこかで「アスペルガー児の精神年齢は七掛けで計算する」という言葉を見かけた。
 そういえば、去年児童相談所で息子の知能検査した際に、知能の遅れは無いものの「社会性、動作性の成長度合いは5歳半程度」と診断されて「やっぱり・・・もう2年生になろうかというのに3歳遅れなのか・・・」とガーン!!となったっけ。
 七掛けで計算したらぴったりだった。
 つまり今9歳の我が息子は幼稚園の年長さんレベル(もしかするとそこまでいきついてない可能性あり)。

 3年生になり、妹が入学してようやく学校まで親無しで通えるようになった息子ですが、どうしても買い物には抵抗を示していました。
 支援学級で行く遠足では、ちゃんと自分でお土産買ってきてるくせに。
 娘の方が先に買い物できるようになりました。
 (とはいえ、まだ自分のほしいお菓子を一つだけ買ってくる程度)
 
 親がやいのやいの言っても、お膳立てしても自分がその気にならなければ頑として行動しない息子なので、「まあ中学に行くようになるまでには・・・」と思ってたのですが。
 先日目の手術をした義父に二人がそれぞれハガキを書いて、近所のコンビニのポストまで出しに行きました。
 はずかしながら、学校に行く以外に二人で外出したのはこれが初めて!(とにかくどこへ行くにも親がついていかないと不安がる)
 最初は「ついてきてー」とぐずぐず言いましたが、徒歩2分程度のご近所なんだからさっさと二人で出しにいってこい!と追い出しました。
 さて、これで自信がついたようで。
 ついに、先日の日曜日、「コンビニにおでんを買いに行く♪」と二人で出掛けていきました!!
 窓から見送ってると、二人仲良く手をつなぎ。
 一応、万一パニックになった時のために相棒がこっそり後をつけていきましたが(お店に迷惑かけたら大変ですから)、自信満々で買い物をすませていたようです。
 ちゃんと自分たちのほしいおでんを注文して買ってきていました。

 ほらー、母ちゃん、あんたはできるって言い続けてたでしょーが。母ちゃんの言った通り、大丈夫だったでしょーが。
 子供の成長過程でごくごく普通のできごと。どっちかといえば、子供が自分から「買い物行く」と言いだすようなささやかなステップ。
 9年かかりました。そして母は世間一般の母ちゃんよりも泣けました・・・。
 やっと、自分一人で行動できる範囲が広がったね。

 ・・・ただ、できれば夏休み中に乗り越えてほしいステップだったな・・・(笑)。

にほんブログ村 

夏休み三日が過ぎて

 夏休み三日が経過。
 今日までは毎日外出予定があって、どうにか無事に過ぎましたが、明日からどうやって毎日を過ごそうか(汗)。
 うちの子供たちは自分たちだけで遊びに出掛けることができません。
 必然的に私がどっかへ連れ歩かないとならないんだけど、車に乗れないからどこへでも歩きとバス。
 これが不便でしんどいからひきこもりがちになるんよねー。
 その証拠に、相棒実家に帰省したら途端に毎日出歩いてますもん(笑)。

 相棒実家はすぐ近くに公園もバス停もあるし、図書館や商店街も程良い距離、東京へも電車で1時間以内で便利。
 でもそうそう長居も迷惑ですしねぇ。っていうか生活ペースが違うし。
 子供らだけで帰省させられればいいんだけど、息子の扱いは難しいし、娘は私から離れてくれない(泣)。

 思ってもせんないことではあるが、自分の実家がまだあればなぁ、と思ってしまう。
 目と鼻の先に大きな公園があり、他にも近所に大きめの公園が3つほどあり、駅まで徒歩7分、バス停までは1分、コンビニもスーパーも充実していたし、そのくせ高級住宅街が近くて散歩も楽しい。
 まあ、これ以上はない、って住環境だったなぁ。
 最近また、毎日昔暮らした街の夢をやたら見る。
 いつか子供たちを連れて、しばらく滞在したい・・・。
 
 
 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード