透明なこころでありたい

アニメ 進撃の巨人 31話

 コメント欄のやりとりで気が付いたのですが、そういや進撃の巨人のアニメ、今やってるんだなぁ。
 1期では、私の住んでいる地方で放送していなかったので見られず、興味があったので原作を試し読みしたらハマり、まあアニメは別にいいやー、と原作だけ熱心にコミックス買い求めてたんですけど。
 
 進撃の巨人人気なめてたわ。
 今やってるの、何巻あたりの話かしらんとサイトを確認したら、なんと我が地方局で放送してた。知らんかった!
 というわけで、2期も中盤にさしかかった今頃になって、ようやくアニメ視聴してみましたよ。

 すごいー、やっぱり色と動きと音がついたら迫力すごいわ。
 巨人の捕食シーンは原作絵では感じなかったグロさ満開で。
 でもって空などの背景の美しさ。
 エレンに関してはなんも躊躇しない殺人マシーンと化すミカサの戦闘シーンの迫力。
 そりゃ人気でますね、・・・何を今頃言ってるんだ。

 物語は、原作10巻のちょうどラスト、衝撃のライナーのカミングアウトシーンでした。




 いやー、アニメで見て泣きそうになったわ。
 というのも、原作22巻で巨人の謎が明かされ、ライナーやベルトルト、アニたちの立場がそれは哀しいものだということがわかったから・・・みんなの兄貴分であり、いつも冷静に任務を遂行する、頼れる男ライナー。
 そのライナーに科せられていた重荷のむごさ。
 
 10巻の時には、裏切者というかスパイだったのか、いいやつだったのに敵だったとは、程度で、何か事情はあるんだろうなーと思っていたけれど、22巻を読んで彼らの立場を知ってからはもう、ライナーのことがかわいそうでかわいそうで。
 アニメでは、原作以上にそのあたりを斟酌した演出になっていたような気がする。
 
 調査兵団の訓練兵時代、無知性巨人たちとの死闘を経て、敵のはずの仲間たちとの新しい絆をつくりあげ、恋をし、そして自らその絆を断ち切らざるを得なかったライナー。
 「バカなやつらに囲まれて3年も暮らしたせいだ」
 と自分を責める。
 「こんな奴らがいるなんて知らずにいれば・・・・」
 という独り言が、本当に切ない。まだ17歳なのに・・・。

 来週も観ようっと。


 
 
スポンサーサイト

70年代アニメは遠くなりにけり

anime100_0503.jpg
 

 十代の頃、アニメマニアというものでございました。
 まだオタクという言葉すら生まれておらぬ、いにしえの時代にございます。
 ゴールデンウィーク、NHKにて「ニッポンアニメ100」なる番組がBSでやっておりました。
 たまたま義実家帰省中に見かけたのでありまするが。
 
 一位が「タイバニ」ですって?
 「エヴァ」じゃない。と申しますかトップ10のアニメが何と申しますかいやはや、「タイバニ」と「ラブライブ」で過半数ってどうなんでしょうか?
 いにしえの時代に例えますると、「うる星」と「パタリロ」が2強になったっちゅーイメージなのですが。
 アニメが市民権を勝ち得て、国を挙げて日本のアニメを売り出していく時代となった今。
 されど、結局コアな支持層の心理状態ってのは今も昔も変わりないのでございましょう。

 タイバニ。デザインとしてかっこいいです。ちょっとアメコミヒーローっぽくておしゃれ。
 ラブライブ。めっちゃかわいいです。女の子も大好きなキャラデザインです。
 でも、日本国民総意の選出結果とは思えないわ。

 そう。アニメが素敵なのは、心の底から現実逃避できちゃうところなのさー☆ぃえぃ★
 しかしながら、いにしえの名文学と言われるものみなすべて、今この時代のアニメやゲームと同じように人々の現実逃避を請け負ってきたのですからね。
 きっと「タイバニ」も「ラブライブ」も100年後のアニメ史にその名を刻むのでありましょうね。
 100位以内に入っていたのがみんな最近のアニメばっかりで、時代をしみじみ感じてしまいました。
 まあ「ヤマト」と名探偵じゃない方の「コナン」が頑張ってたのが印象的でした。
 「ナウシカ」より上位ってのが意外でした。

 ところで聞いて下さいましな。
 我が家の娘。
 100位以下をスクロールしていた際にちらと表示された、かの石ノ森章太郎御大の名作、
 「サイボーグ009」を見て、「なあに、この『れいてんれいきゅう』って??」 と抜かしやがりましたのですよ。

 どこに小数点がついとんねん!!

 まあ007シリーズも子どもにはわかんないもんねぇ。嗚呼70年代アニメは遠くなりにけり、だ。


 

 

アニメ91daysロス・・・

 実は夏アニメの91daysにハマっておりました。
 これはゴッドファーザーっぽいマフィアの世界を舞台に、両親と弟を惨殺された少年の復讐の物語でした。
 ラスト3話、録画消せなくて子供たちが居ない時間帯に観返したりしてるけど、まだ泣けてしまう。
 こんなに終了して切ない気分になるストーリーは久々でした。
 
 最初はね、ベルセルクを観ようと思ったんですよ。
 私は何といいますか、ちょいと物知らずなところがございまして、ネカフェって行ったことが無いのです。
 マンガ読み放題って極楽なのに・・・しかも最近老眼でコミックスサイズのマンガ読むのキツくなってきてるし。
 そんなこんなで、マンガ好きなわりにあんまり種類読んでなかったりします。ジョジョも未読。 
 で、昔からタイトルだけは知ってるベルセルク、アニメが始まるのか~でも深夜アニメだし眠いわぁー、録画しようかなー、ああーあとちょっとで始まるわーやっぱり頑張って起きてようかしらー。
 なんぞとぼんやり思いながら、テレビの前に座って起きていた7月8日草木も眠る丑三つ時。
 ベルセルクの前にやるアニメ何じゃろなー、と物のついでに観てみたら。
 初回からババの心を鷲づかみ!
 ベルセルクもうどうでもよくなって結局一度も視聴しなかったという・・・(苦笑)。
 登場人物のキャラクターの魅力で盛り上がるアニメが多い中、物語で魅せてくれた脚本でした。
 最終回の打ち寄せる波のエンディングが、余韻を深めてまるで映画の様でした。
 はあー。なんかもうすでに新アニメ続々始まってるけど、まだなんだか切り替えられない感じです。

 でも、クラシカロイドとか3月のライオンとかそうそうチバテレでファーストルパン始まるのですよ!二階堂有希子さんの不二子ちゃんなのよ!!やっぱり増山さんより沢城さんより二階堂さんの声が好きなんですわー、増山江威子さんの声はちょっとかわいらしすぎるのよねー。
 てなわけで、気分切り替えていかねばなりませぬな。

 しかし続編は無理だろうけどスピンオフ作品作ってほしいなぁ・・・。

 

おそまつさん:エースでもピッコロでも無く

 私にとって声優の古川登志夫さんといえば。
 ワンピースのエースでもなく。
 ドラゴンボールのピッコロでもなく。
 うる星やつらのあたるなのであります。
 あ、それからファーストガンダムのカイ。
 もひとつ、Dr.スランプのタロさ。

 あの独特の軽さのある声、語尾がくるんくるん回転するような何とも言えない感じ(わからんわ!)が本当に好きでして、はるかに昔、アニメ雑誌の綴じ込み声優ブロマイド切り抜いたこともありましたなぁ・・・。

 ああまさかまさか、そんな古川さんがおそ松さんに登場されるとは!
 先週のおそ松さんはかなり賑やかな展開でしたが、その「イヤミの逆襲」で実況アナウンサー役、だから最初から最後まででずっぱり!
 実況は淡々とした抑揚ながらも言ってるセリフがまたひどい(笑)。  
 冒頭から 「全国のダメ人間のみなさん、今日も誰か偉い人におこられてますか~」って(爆)。
 もうクソとかクズとか言い過ぎ。
 「クソです今ここにクソがいます」だの「おっとこいつもクズだった。まさにクズ対クズ」
 冷静なトーンの実況声で下品なツッコミ。
 古川さんの声で語られるともうそれだけでたまらない気持になってしまったよ。
 
 当年とって70歳というのにも驚きました。
 滑舌と言い声質や声量といい、そんな年齢とはとても思えない。
 声優さんたちって本当に声が若い。プロだからもちろん相当ケアされてるんだろうけれど、それを考えてもすごいなぁー。
 今おそ松さんで六つ子を担当されてる声優さんたちも相当演技派だとは思います。
 彼らも古川さんみたいに年をとっても活躍しているのかなぁ。
 
 いやー、先週おもしろかった。
 て、あともう2時間したら今週分始まるわ(笑)。

おそ松さん:スタッフ関西人?

 おそ松さん最新話:十四松まつり。
 全11話、十四松だらけ。
 あらゆる方向で想定のななめ上を飛ぶ十四松だらけ。
 
 正直、十四松ばかりじゃ似たようなオチになってしまって、飽きちゃうんじゃないの?なんて考えてたごめんなさい。
 全部で11話、オール十四松。
 わかりやすーい爆弾オチから始まって、カップ麺のあるあるコント、イマドキ腐女子用語炸裂、アニメでしかできんコント、なんかドリフっぽいやつ、メタとか通り過ぎてもはや哲学の領域、昭和の野球スターあるある、どういう体質?(人外)、野球の廃墟聖地巡礼、信楽焼きの狸、禁忌と書いてタブーと読む。
 もう内容めっちゃ濃い。めっちゃ笑う、めっちゃシュール、めっちゃ怖い。

 私は個人的に若かりし頃のダウンタウンのシュールな漫才やコントが大好きだったのだけれど。
 笑いって、わかりやすいヘンな状況とか下ネタとかおかしなフレーズとかの要素以外に、「怖い」って感覚と表裏一体だと思ってる。
 そして、ありふれた日常世界を一皮むいたところに現れる、自分のスキルで対応できない異世界を見せつけられた時、人は笑うしかないんだ、ということを突きつけたのがダウンタウンだった。
 おそ松さんには前々からその「あえて一歩踏み込んで怖いところにいっちゃってる」感じがあったのだけれど、今回の十四松まつりは、はっきり踏み抜いた感じがあって、すごかった。

 今、おそ松さんは「腐女子に大人気なアニメ」っていう扱いらしいけれど、私みたいにコント番組好きとか、昔のギャグアニメ好きな結構大人な年代のファンも相当多いと思う。

 そして。
 藤井寺球場の跡地とか!!近鉄と巨人の日本シリーズ思い出した!!あの「怒涛の逆転劇!「巨人はパ・リーグ最下位のロッテより弱い」発言!!なつかしすぎる!!
 っていうか、35歳以下は絶対わかんないでしょうが!!誰狙いで作ってんだこのアニメ!?
 外人選手と契約できないカープがドミニカに作った外国人選手養成所とか・・・忘れ果ててましたよーーー!!!

 ・・・とりあえず、藤井寺球場とクリスマス回ゾンビ一松の「アメマ」発言により、スタッフは関西人なのは間違いないんじゃないかなーと思いました。(多分この17話についての話は今後蒸し返す)。

おそ松さん:ハマりきった足がもう抜けない

 久しぶりにアニメージュとか本屋で探してしまった今日この頃。
 いや、さすがに店員に尋ねはしませんでした。ただ、もしも店頭にあったらちょい手に取るくらいのつもり・・・そうそのつもり・・・(白目)。
 おそ松さん人気で売り切れなのは田舎の書店でも同じでした。
 ええ、マンガ化の新連載が始まったYOUも、もちろん店頭になかった。
 もちろんそうよねー、大人気らしいものねー、ほほほ、ただちょっと手に取るだけ、どんなのか見てみたかっただけよほほほ・・・(白目)。

 さあ、主婦の立場としてスーパーでお買い物よっ。
 今日買うべきものは洗剤と濡れティッシュとお肉売り場で何か安売りしてるかしら??
 横目で雑誌売り場をながめる私。
 YOUがあるじゃないかっっっ!!
 光の速さでカゴに入れる私。
 いやだって!なんか付録があるみたいでヒモでしばってあったし!チェックできなかったし!自分用のマンガ雑誌なんてもう
何年も買ってなかったし!たし!たし!

 ・・・去年の12月には「えー、漫画『おそ松くん』が原作のアニメを原作にして漫画化って意味不明やん」とハナホジしてたのに。

 いいトシしてここまでハマった自分の思考回路が意味不明だわ!(ツッコミ)

 ・・・新連載評判通りめちゃおもしろかった。
 ついでにヒモでくくってあった付録が萩尾望都さまの別冊マンガで!母ちゃんしあわせだ!
 YOUを手にするのって「ぼっかぼか」連載されてた時以来だけど、森本梢子と山下和美の連載もあったし!
 いやぁー勢いで買っちゃったけど、終わりよければすべてよし♪

 とりあえず。
 シュークリームを口の奥にとっておいて少しずつ出してなめるとずっとおいしい
 十四松、体の構造どうなってんだ。


おそ松さん:リカちゃん人形説

 新年早々、それはもう放送事故(爆)話の3連発だったおそ松さん。
 今日から子供たちが学校(昨日は始業式だったから早く帰宅した)なので、録画を観返してたけど、やっぱりゲラゲラ笑ってしまった。
 ヒドイ、あまりにもヒドイ(特に3話目)。
 13話を見てから、感覚がおかしくなったようだ。
 今まで子供たちに禁止してた2話目の後半が、「これくらいなら大丈夫かぁ」と見せてしまったら、規制音がやっぱり薄くて元の言葉が聞き取れてしまうので、普段観てない相棒にドン引きされてしまった。
 反省。今度からそこだけ早送りにしよう。

 クリスマス回がひどすぎる、と思ってたけど13話はそれどころではなかったので、見せちゃいけない回をまとめて一つのフォルダに入れた。
 新しくなったオープニング曲だけ聞かせて、とねだられるのだが(結構ハマる曲だし)、なんせ曲が始まる直前のシーンがえげつないので(滝汗)、早送りや巻き戻しのテクニックが大変でござる。
 早く来週が来てほしい。
 きっと今回よりはマシなはずだもん。

 それにしても、今度は野球の侍ジャパンとコラボとか、エンディング曲のCDがバカ売れとか、おそろしい勢いのアニメだわ。
 グッズも山盛り売り出されてるし。
 マスコットとかストラップとかポーチとかはわかるけどさ、アウトドアのリュックとコラボて!いやアウトドアのバッグシンプルで丈夫だから好きなのよ。
 かつてマザーズバッグとして愛用してたわよ。
 ちょっとほしいじゃないか(い・・・いや、買わないけどさ、さすがにこの年齢だし:笑)。

 思ったこと。
 結局おそ松ファンの腐女子(っていうのね、やおい好きな子たちのことを今は・・・)たちって、好きなゲームやアニメのキャラでお人形さんごっこしてるんだろうな。
 リカちゃん人形で、自分たちの好きなお話を作って楽しくおままごとしていた頃と、やってることは同じだと思うんです。
 だからー、関節可動できて好きなポーズをとらせることができる、リカちゃんサイズの着せ替え人形を作ったら売れると思うの。
 タカ●トミーさん、指くわえてみてる場合じゃなくてよ!
 ドクロのライダースジャケットに痛タンクトップのカラ松着せ替え人形、ぜーったい需要あるって!!
 値段設定多少高くても売れるって!!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード