透明なこころでありたい

お初の吉田修一作品 『悪人』

 『悪人』  著者 吉田修一  

悪人悪人
吉田 修一

朝日新聞社 2007-04-06
売り上げランキング : 5499
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 読了後、決めた。
 私がもしも、どこかで光代に会うことがあったら殴る。絶対殴る。おぼえとけ(爆)。
 
 読書魔人ぷぅさんお薦めの一冊ということで、吉田修一初体験です。
 昨年末に購入していたものの、分厚さと内容の評判で「これは読むのに時間と集中力を要しそう」と思い、なかなか手を出せずにいたんですが。
 たまたま、息子が昼寝したくてぐずった時、添い寝しながら手にとって見たら、読む易い文章であっという間に物語世界に入り込んでしまいました。
 予想と違ってすいすい読めてしまって、気がつけばラストでした。
 
 ノンフィクションを読んでいるかのようにリアルな物語でした。
 登場人物は、誰も彼も小説中の人物らしからぬ存在感で、彼らの心境のひとつひとつが思い当たることばかりで、なんともいいようがなく切なく、やりきれなかった。

 口下手で他人との交流が上手でない青年がOLを殺した。
 殺されたOLの同僚たち、両親、彼女が援助交際で関わった男たちの彼女への回想は、一面的ではなく、彼女の安易な上昇志向、友人への虚栄心、地に足がついていないくせに腰が引けている小心さ、反面家族や他人への細やかな気遣いや優しさ、といった複雑で奥深い人間の心理を描いている。
 これが現実の事件で、ワイドショーがとりあげたのだったら、彼女はただ単にお金ほしさで援助交際を繰り返し、結果出会い系サイトで知り合った男に殺された、自業自得な蓮っ葉女、とレッテルをはられてしまうだろう。
 彼女の繊細な優しさの部分、自分の弱さや不安を隠すため、他者に責任転嫁して攻撃するという脆さは、彼女と接したことのある者にしか伝わらない。

 それは他の登場人物も同様で、被害者のOLが殺されてしまう要因を作ってしまった、お金持ちでイケメンで悪ぶったボンボンも、愚かで傲岸不遜なんだけど、彼が被害者に感じてしまう苛立ちにもうなずけてしまう。
 全然本筋に影響しない、病院での小児麻痺の子どもと子どもをあやす祖母の描写なんて秀逸。
 すごいなあ、これだけ淡々とした文章で、人間の業や強さや弱さや、複雑さ、全てを描ききってしまえる筆力に脱帽です!

 内容をものすごく乱暴にまとめてしまうと、ごくごく純粋で、感情表現が下手な青年が、想像力に欠ける男一人と人生への覚悟に欠ける女四人に人生を台無しにされてしまうという物語。
 それがもう、誰の気持ちにもうなずける部分があり、なんというかもうやりきれないのでした。
 すごいなあ、小説読んでここまでのめりこんだのは『八日目の蝉』以来でしたよ。
 主人公が自分の息子に何となく重なるような気までしてきて(4歳児なのに気が早いよ)。

 で、そのやりきれなさが怒りに変わり、結局最後の最後まで犯人を追い詰めてしまった光代に対して一番怒りがこみあげてきたのでした。 
 だって、女四人のうち、一人はもう死んでるし、もう一人は被害者面して息子のことなんにもわかってない、見込みない母親だし、さらにもう一人は病気して人生の夢に敗れたかわいそうな人だし・・・。
 殴ってもよさそうなの、光代しかおらへんやん!
 だから、絶対殴ったるからな!覚悟しとれー。 

 今年読んだすごい本候補、ナンバーワンですね(目下)。

スポンサーサイト

生理用ナプキンの惨劇

 慌しく日々が過ぎて行き、ネタはあるのにアップできない毎日でした。
 毎日チビ連れで出歩くことが多くて。
 出かける前の大騒動ときたら・・・。
 息子と娘の着替えを用意していたのを、娘が持ち運び、片付けていない洗濯物の中に紛れ込ませる。
 息子の着替えをすませ、娘を着替えさせようとするとキャーキャーはしゃぎながら逃げ回る。
 なんとかつかまえて服を着せ、出かける前のチェックをしていざ、と思うと鍵がなかったり、携帯がなかったり、財布がなかったり・・・。
 
 何でもかんでも触りたがりおもちゃにしたがる1歳10ヶ月の娘と、片付けることが出来ない息子のおかげで、我が家はさまざまなものが散乱しておるのです。
 とりあえず、娘の手の届かないところへ、と危険物や重要書類をダイニングテーブルに載せる。
 それらが未整理のまま、新たに娘や息子がどこからか発掘してきた物を取り上げて載せる。
 さらに届いた郵便物やら私が使ったものを収納するまえに載せてしまう。
 布団にくるまったり、ボールプールで埋もれるのが好きな息子が、たたんでおいた洗濯物を全部散らかしてその中に潜り込む(泣)。
 トマトが食べたいという娘にプチトマトを出してやったら、丁寧に丁寧にかんで小さくちぎって種ごと畳にばらまかれてる(涙)。
 そんなこんなで、結局どこに何があるやら。
 歩けば何を踏むやら(号泣)。

 さらに最悪なことに。
 チビ共の手が届かない場所として、洗濯機の上も我が家ではちょくちょく仮置き場として活用しているのであるが。
 一昨日、使いかけの生理用ナプキンの袋をその周囲に置き忘れていた(らしい)。
 そして、何かの拍子で蓋を開けた際に、中に落ちてしまった(らしい)。
 さらに、気づかずに洗濯物を放り込んで洗濯してしまった(号泣再び)。
 「あれー、ナプキンどこに置いたかな?まだたしか4個ほど残ってたのになー、まあでもどっかのごちゃごちゃの山の中にあるだろう」
 とのんきに考えていたアホおかん。
 洗濯物を取り出して仰天。
 水を含んで丸々してる高分子ポリマーの粒粒ちゃんと、ちぎれた紙と、ナプキンの名前が印刷された外袋が洗濯物に絡みつき、真っ白に(号泣三度目)。

 いやもう、自分、女として最低やと思いました。
 
 もうこんな大失態を絶対繰り返したくない!
 何をするにもまず、物を探すところから始めねばならないこの状況をとにかくどうにかしたい!!
 発達障害の息子のために暮らしを構造化していく必要があるのに、もうそれ以前に人間の住まいとしていかがなものか?なこのカオス! 

 部屋が狭いのは仕方ない、荷物が多いのも仕方ない。
 でも、もう少し何とかできるはずだ、ちゅうかせなならん!毎日こぼれていく無駄な時間、そして物が見つからないゆえに買いなおしてしまう無駄な小金もどうにかしたいぞ!

 かつて銀行の窓口で働いていたことがあるのだが、あれはまさに構造化の見本のような場所でした。
 全ての種類の伝票の収納場所、処理済伝票の格納場所、カルトン(現金授受用のお皿のこと)のおき場所、スタンプやインクパッドの置き場、ぜーんぶ決められてました。
 今我が家の大問題の元凶は、あふれかえる物たちの置き場所が確定できていないせいです。
 本気で「これはここ!」と決めて家族みんながわかりやすいように、使いやすいように工夫しないといかんなぁ・・・。

疲れ果てた中年女が心からの切なる願望を叫ぶ

 日曜の夜に帰宅しましたが、バテておりまして今頃更新しております。
 ネタはぎょうさんあるので、また小出しにしつつアップして参ります。
 なんでそないに疲れたかと申しますと。

 木曜日の朝、息子と娘と3人で特急に乗り込んだはよいが。
 電車に興奮した娘が通路内を走ろうとしたり、自動ドアを開けたがったり、混んできたにもかかわらずじっとしていないので、ずっと立って抱っこしておりました・・・娘は、電車の振動で眠くなったにも関わらず、息子が隣に座っているので座席で横になれず、座ったままでは眠れず、イライラして奇声をあげ終いには「電車ヤダ、電車キライ」と騒ぎまくりでした(汗)。
 さらに相棒実家へ到着した後も郵便局、銀行まわり、娘と息子のオムツ購入と走り回り。

 翌金曜日は義父母に子どもを預け、朝の7時半から相棒実家を出て、母の入居する施設へ面会に。
 電車を乗り継ぎ、途中手土産購入やらトイレやらATMやらと寄り道している間に時間はあっという間に過ぎて、しまいに最寄り駅からのバスを逆方向に乗り込んでしまい、1時間近くのロス(涙)。
 着いた時にはお昼の12時を過ぎてました・・・。
 それから母の部屋の掃除や整理や、近所のホームセンターで収納家具やバケツやら購入してキャスターでえっちらおっちら持って帰り、本人や施設の人が使いやすいように設置。
 結局午後4時半に出て、相棒実家へたどりついたのは7時過ぎ。
 へとへとでした。

 さらに土曜日は、今月末の義妹の結婚式出席のため、私の服と息子の服を買出しにデパートへ。
 チビ共を連れてはいけないので、さんざん抱っこしたりおうまさんごっこしたりと体遊びをして寝付かせ、急いで隣町のデパートへ。
 よそで比較検討してる時間的余裕はどこにもないので、大出費(号泣)。
 仕方ないから、息子の服は将来娘にも着せてやる(爆)。
 
 ようやく日曜日。
 結婚式前に、散髪嫌いの息子の髪をなんとかしようと、相棒と娘と4人で子ども専用美容室へ。
 予約時に息子が自閉症であり、散髪嫌いの旨を伝えたが、それでもよいとのことだったので、安心して連れて行く。
 アンパンマンやドラえもん、NHKの番組キャラで満ち溢れた楽しい店内。
 その中で鳴り響く息子の絶叫・・・・・(嘆息)。
 パニックを起こした息子は、巨体の相棒のでも抑えきれず、娘のカットを終えた後に、私が無理やり抱き締め、押さえつけて母子ともども髪の毛まみれになりながらの大格闘・・・。
 
 母ちゃんは疲れ果てました・・・

 頼むから、お願いやから一人だけで寝かせてくれぇぇぇぇぇー!寝付く間際に蛇みたいに首に絡まるなー!手首の血管くりくりいじるなー!みぞおちの上に乗っかって跳ねまくるなー!母ちゃんの布団をひっぱってはぎとるなー!!(号泣)

留守にします

 今日の朝から日曜まで留守します~。
 コメントへのお返事は来週以降にさせていただきますね、すみません。
 今から寝て朝の特急に間に合うのか~(笑)。

カレーじゃなくて華麗じゃなくてただの加齢(涙)

 またまたテンプレを変えました。
 これからの季節、金魚もすずやかな感じでいいかな~と♪
 蓮の花のは相当気に入っていたんですが(デザインが)、何分にもコメント欄の使いにくさ、ふぉんとに小さなフォントに参って(おっさんか!)しまいました。
 なんせ、春からコンタクトレンズを長年使い慣れたハードから使い捨てソフトレンズに変えたものの、視力調整がしづらくて、ネットとか読書すると目が疲れる疲れる・・・もしかするとこれが老眼の始まりなんだろーか。ううぅ。
 
 まあ何よりも、読みやすいってのが一番ポイント高いです。
 物忘れの激しさはさることながら、思い違いでスケジュール管理ミスの頻発、白髪もかなり増えてきたし、前髪の分け目も相当薄くなってきたし、やたらめったら涙もろくなってるし、加齢現象の波状攻撃は続く、です。
 来年の誕生日プレゼントはルーペペンダントをおねだりとか、かなぁ・・・とほほーい。 

眠り病?

 ここのところ、別に疲れるようなこともしていないのに眠い。
 どんよりと重い頭痛も少しある。
 子どもらを寝かしつけた際、一緒に寝入ってしまうのは毎度のことながら、今までは夜中などに目覚めていたのがそのまんま朝までコース。
 午後も眠くて仕方ない。
 眠気覚ましのコーヒーを飲んでも寝てしまう(私はコーヒーのカフェインには弱くて、午後に飲んだら夜寝られなくなるタイプなのだが)。
 天候のせいなのか、単にバイオリズムの問題か。
 よく、人生の変わり目にはやたらと眠くなるというけれど、もしかしてそれかもなー。
 いやいや、寝てる場合ちゃうねんけど(苦笑)。 

 それにしても、昔はこんなに体調の不具合が気になったことはないのだけれど。
 家に居て、気がまぎれることが少ないからだろうか。
 働いていれば、否応なしに職場や他人のペースに合わせる必要があるが、それが無いからねぇ。
 
 こうしてダラダラ過ごせるのもありがたいことなのだが。
 昨日の悲惨なニュースを思えば、一寸先はわからないとしみじみ感じる。
 しかし、自分のお尻に火が付かないと実感できない鈍感な我であることよ・・・。
 

漫画感想『大奥』

『大奥』 1~3巻 著者 よしながふみ 発行 白泉社

 読んだのは随分前になりますが、ブログの河岸変えなどに伴い、感想アップが大幅に遅れました。
 最近コミック購入は厳禁(家に置くスペースが無い!)な為、イマドキの漫画を読んだのは本当に久しぶり。
 いや~堪能いたしました!
 多忙中にも関わらず、わざわざ貸し出して下さった、ゆぅさん、多謝!!!

 新聞の書評欄にも取り上げられていたし、読書魔人ぷぅさんのサイトでも褒められていたから「面白そうだなぁ~」と思っていたのですよ。
 しかし、読んでみるまでは、「大奥」の男と女が逆転してる世界かぁ~、いわゆる「IF」ものだから、実は歴史の真実はこうだったってのを楽しむ感じなんだろうな~、とぼやけた想像をしておったのですが。

 想像はおおハズレ(いい意味で)。
 男女の性差に基づいた、チグハグ感をメインにしたコミカルな群像劇を妄想していたらばえらいどシリアス!
 泣いた泣いたおおいに泣きましたよ~!!
 
 いやもう初手から設定が。
 江戸時代男子だけが発症して死んでいく謎の疫病が蔓延し、男子の人口は女子の人口の1/4という事態に。
 あらゆる家業は女から女へ受け継がれ、婚姻制度は崩壊し、貧しい女は夫など到底持てず、花街で男を買い、種をつけてもらって子を産む。
 そんな世界の中で、将軍職も女性が継いでゆく。
 幼少にして他界した七代将軍家継の後、紀州より八代将軍吉宗が登場。
 痛快に大奥の風習をかっとばし、改革に臨むのだが、やがて何ゆえ外国との交渉では男装をせねばならず、家督を継ぐ時は男子名を名乗らねばならぬのか疑問を感じ、大奥に残された古い日記をひもとく。
 そこには三代将軍家光の時代から始まる、女将軍の苦悩に満ちた人生と純愛の記録があったのだ。

 うわーもう歴史的にも面白いし、悲恋物としてもいいし、人間模様としても面白い。
 己の人生を受け止めようとひたすらに生き抜く覚悟を決めた、女将軍家光の凛々しく、そして強く、神々しいこと!
 続巻がほんとーに楽しみです。
 その時はもしかしちゃうと買っちゃうかもしんない(苦笑)。 

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
よしなが ふみ

白泉社 2005-09-29
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大奥 (第2巻) (JETS COMICS (4302))大奥 (第2巻) (JETS COMICS (4302))
よしなが ふみ

白泉社 2006-11-29
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大奥 第3巻 (3) (ジェッツコミックス)大奥 第3巻 (3) (ジェッツコミックス)
よしなが ふみ

白泉社 2007-12-20
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ウォレスとグルミット チーズホリデー

 ♪オーシュクオーシュクオシェー♪
 ♪オシェヨオーシェオシェオシュクシェー♪

 なんのこっちゃい。
 実は我が家でウォレスとグルミットシリーズを見る時、流れるテーマ曲にあわせてチビ共と私が歌うミョーなスキャット?でございます。
 だってそういう感じなんだもん。

 お外へいけないチビたちとDVD三昧なわけですが(もっと前向きなことせんとあかんねんけどね)、レンタルで借りたこれ、いいですね~。
 元々NHK教育で放送していたアードマンの『羊のショーン』に息子がドはまりしたのをきっかけに、ショーンが登場する『ウォレスとグルミット危機一髪』を購入。
 さらにショーンもDVDが発売されて購入。
 すっかりニック・ノルティワールドに幻惑されている我が家でございます。
 
 さて、ウォレスとグルミットシリーズの一作目、原点のこのお話、月がチーズでできているって発想がまず素敵。さらにチーズを食べに月に行こうと思うのが素敵。そしてさらに月に行くロケットが日曜大工みたいな手作りで素敵。さらにさらに月でティーセット広げてピクニックしてるシーンが最高!
 私、たむらしげる氏のファンなのですが、ファンタスマゴリアを連想してしまいましたね。
 月という究極のリゾート地でやってることが普段と一緒っていうのが笑えます。
 月の管理人みたいなロボットもかわいいし、楽しいおとぎ話というか動く絵本です。
 最近の洗練されたアードマン作品を見慣れた目には、手作り感にみちみちた素朴さも楽しかった。
 元々私はクレイアニメは泥臭い印象で興味がなかったんですが、すいません、脳内イメージを訂正しておきました。

 
ウォレスとグルミット~チーズ・ホリデー~ウォレスとグルミット~チーズ・ホリデー~
ピーター・サリス 萩本欽一 ニック・パーク

SME・ビジュアルワークス 2000-11-01
売り上げランキング : 83331
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



バイクと少年と心の中に吹いた風

 チビたちを鴨川シーワールドへ連れて行った帰路、息子が固執するジャスコを避けようと、相棒は山道コースを選択した。
 緑豊かな山道は東大の演習林の中を通る細い道。
 千葉では珍しい清流の脇を通り、鮎釣りをする釣り人たちの駐車車両をよけながら、のんびりと走る。
 車の窓を開けると、吹き抜ける風が新緑に染まっているかのよう。
 子どもたちはぐっすりと車のシートで眠っている。
 ゆったりした気分でドライブを楽しむうち、私の心の中にも明るい緑色が差し込んできた。

 季節柄オートバイでツーリングする人たちも多く、何台かすれ違う。
 仲間たちと連れ立って。
 彼女を後部シートに乗せて。

 そんな中、途中の車がすれ違うための退避所で、木陰でバイクを止め、一人で休んでいる少年がいた。
 ヘルメットを脱ぎ、グレーのTシャツ一枚で風に吹かれていた。
 ほんの一瞬見かけただけなのに、その光景がなぜか目に焼きついた。

 子どもだった頃にルパン3世の峰不二子や片岡義男の小説にあこがれて、バイクに乗りたいと思ったものだった。
 長じて自動車教習所に通い、自分がいかに運転に不向きか思い知らされてその夢は断念したけど。
 
 私のかなわなかった二つの夢の姿があった。
 男の子になりたかった。
 バイクに乗りたかった。
 どこへでも行き、好きな風景に身を預ける。
 あんな少年に本気でなりたがってた。

 風に吹かれていた少年の姿は「自由」という言葉のイメージそのものに見えた。
 半袖Tシャツでバイクに乗るのは危険だ。
 現実にはそんな制約がある。
 でも、そういった規制の重力から軽く浮き上がっているように感じたのだ。
 彼自身が風のようだった。

 普段ならば、年の若い男性を見ても息子と同じようにしか思えないのだが、なぜか自分自身が若い女性となって、彼の傍に立ってみたいという思いを感じた。
 自由に生きている人の傍に行くと、しがらみが軽く思える。自分も重力から解き放たれたような感覚を味わうことができるから。

 家族への愛情、そして責任。
 人生でそれなりに積み重ねてきた経験と能力。
 そういった大切なものの裏側に、自分自身の欲求に素直に従いたいという衝動が隠れている。 
 四十にして惑わず、と言うがあの意味は、四十過ぎたって人間は生臭いし惑い続けるものだということを自覚するってことではないだろうか。
 
 まだ何かやってみたい。自分自身の可能性を試してみたい。
 気まぐれに生きてみたい。
 何でもできるような気がする。
 そんな若かりし頃のような、自我肥大というか自信過剰な感覚を味わったのは久しぶりだった。
 
 息子と娘とに振り回されているように感じ、あれもできない、これも我慢と、少し乾いてささくれていた心の中に涼やかな風が吹き抜けたように感じた一瞬。
 貴重な白昼夢だったのだろうか。

 ま、当のバイク少年は通りすがりの車に乗ってたおばはんがそんな妄想してたなんて、想像もしていないわけですが(爆)。
 人生、自分がどこでどんな影響を与えてるかってわからないもんである。
 そうだよ、だから面白いんだよ。

人生を楽しめる能力

 日曜、勝浦の朝市に出かけようと思ったのだが、私や子どもたちが寝坊してしまい出発が9時前になってしまった・・・朝市着いたら昼でございますよ(爆)。
 行き先変更、さーどこへ行く?相棒が息子に尋ねると「シーワールド!」と即答。
 それじゃあ~、と鴨川シーワールドへ。
 息子は動物は怖いけれど魚を見るのは大好きだ。
 楽しくドライブして、目的地直前。
 ジャスコの看板を目にした息子が「ジャスコ行く!」と言い出す。
 「えー、せっかく来たんだからシーワールドでお魚とかイルカ見ようよ」と言うと「じゃあイルカさんみてからジャスコ行くね」と勝手に決める。
 うわ、インプットされちゃったよ・・・。
 「ジャスコはまた今度ね」と繰り返すも、「いつも行くジャスコじゃないところのジャスコ」が興味しんしんな模様で・・・。

 最初の関門は海。
 風で外房の海は見事な波濤。波の音も迫力がある。それがこわいと泣く。
 中に入って水槽を見て回るも、館内の暗さと流れる音楽が気になり落ち着かない。
 トイレコールを繰り返すこと、15分で3回。
 館内にプリクラを見つけ「撮りたい!」と言ったので撮ってやるが、なかなか調整が難しくチビたちのいい表情が撮れないのでやり直すうちに拗ねて「いやだ!」と泣く。
 ベルーガを見ているうちに落ち着いたが、劇場内の階段を上り下りして遊ぶ娘が危なっかしいので外へ。
 そしてまたトイレ。 
 子ども広場で遊ばせようとミニ汽車に乗せてやる。
 と、2周のつもりが3周したので怖くなって「いやだ!」と泣く。
 そしてまたトイレ。
 さんご礁の海を模した大きな水槽でも、大好きな魚を見ようとせずに先に進んでいく。
 とにかく「ジャスコ」が抜けないのである・・・。
 好きなフライドポテトとアイスを食べさせて落ち着かせる。
 しかし、「ジャスコ」へ行きたい一心の息子は、ペンギンやアシカやラッコもみようとしない。
 キライなはずはない。
 アシカやペンギンは前に見たときは喜んでじっと見ていたし、イルカショーもそれなりに楽しんだ。
 魚は近所のホームセンターへ行けば必ず覗いて釘付けだ。

 原因は「大きい施設と人込みが苦手」なのと、「ジャスコ」に心を奪われてしまったということだ・・・。
 大きい施設では、見物するものがたくさんある。
 情報を自分の興味あるものに絞るという作業が難しい自閉君は、気が散ってしかたがない。
 何をしていいのかわからなくなるのだ。
 そしてたくさんの人。感覚過敏による問題行動はさほどない息子だが、やはり人が大勢いるとうるさく感じるらしく、やたらと耳をふさぐ。
 さらに「ジャスコ」に行く、と決めてしまったこだわり。
 
 結局「じゃあアシカさんたち見て回ったらジャスコね」と口約束してしまい、なんとか見物を終えた。
 しかし、この頃には息子のパニックに腹を立てた相棒が「絶対ジャスコには行かない」と意地になってしまい、疲れた息子が車に乗ると同時に寝てしまったのを幸い、別方向へ走った。
 そして随分と山道を走り、気持ちのいいドライブを楽しんで大きな農協の直売所で色々買い込み、機嫌よく帰宅しようとしたのだが(ただし、遅くなった昼食をうっかりとんでもなくひどい場所で取ってしまい、まずいわ高いわで最悪だった・・・)、このまま帰宅すると感づいた息子はまたしても「ジャスコ行く」と泣き喚き・・・。

 ああ難しい。
 シーワールドに行く前にジャスコに連れて行きゃよかったのだろうか。
 しかし、そうやって予定行動を息子基準に合わせてやることを繰り返せば、息子は今後集団行動についていけなくなるだろう・・・口約束した時点で、私は息子の気が済むようにちょこっと寄ってやればいいやと思ったのだが。

 親としては弾けるような子どもの笑顔を見たいと願い、楽しみを増やしてやりたいとわざわざお出かけするわけである。
 現に1歳10ヶ月の娘は存分にシーワールドを楽しみ、機嫌よく過ごしていた。
 ところが息子は笑顔どころか、ずっと泣き顔。
 なんとも言えない徒労感に襲われる。 

 息子が人生を楽しめる能力を身につけるのは、長い時間をかけなければならないだろうか。
 願わくば、ささいな出来事でも楽しみ、つらい出来事を笑い飛ばせるような強靭な精神を養ってほしいと思うのだが。
 
 


 
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード