透明なこころでありたい

今浦島と申しますか・・・

 しばらくブログを更新する暇もなく、ブログパーツの管理もさっぱりやってなかったのですが、久しぶりに覗いてみて、なんか色んな機能が追加されていたり、色々と使い方が変わっていたりであせっております。
 やっとやっと本読めるようになれそうなのにぃー。
 というか、元々読書感想を主体にして、社会的事件などに対しての自分の思いとか、行き場のない単なる私怨(爆)とかつらつら綴る予定のブログだったのに、ただの育児日記でしかなくなってますね。
 
 くにゃー、明日は息子の幼稚園昼までだから図書館でも連れて行こうかしら・・・。
 読みたい本いろいろあるんだけどなぁ。
スポンサーサイト

お疲れ様でした

 ※ 食事時のみなさんは読むのをお控えください。



 娘が風邪をひいたので先週の木曜日から保育園を休ませておりましたが、翌金曜日の朝、体温を測ると38.6分。
 こりゃあかんねぇー、今日もお休みやねぇ。
 しかし、新型インフルエンザの関連でまずは病院の予約よりも保健所の発熱外来に電話相談せねば。
 で、電話開通時間までにも、どんどん上がっていく娘の体温にはらはらしつつ、9時まで待ってやっと電話する。
 「朝5時半に起きて体温測ったら38.6分で、次に6時半に起きた時は39.2分で、つい5分ほど前に測ったら40.2度で~」とちびたちから離れた場所で電話していた(なぜなら子供ら二人共、私が誰かと電話してるとたかってきて騒ぎまくるからだ)。
 「ええ、意識ははっきりしていて今も寝ながら子供番組を見ています」と説明しつつ、ふと娘をみやると。

 まっ黄色い胃液吐きながら痙攣してました。

 顔色まっしろ。
 体は高熱で熱いのに手足は氷のように冷たく、唇は紫色。見開かれた瞳はテレビどころかどこも見てません。
 
 「わわわ、吐きながら熱痙攣起こしてます、痙攣止めの坐薬入れるのでいったん切りますね(汗)」

 保健所の担当の方は30分ほど経ってからこちらから連絡します、と言ってくれたので、吐しゃ物を拭き取りながら娘の様子をチェック。脈拍は早いが規則的。全身、左右対称に痙攣している。血の気は引いてるが呼吸は止まっていない。
 よし、とっととお尻に痙攣止め入れちゃおう。
 急いで1年前に熱性けいれん起こした際に医者からもらっていた痙攣止めの残りを、お尻につめて、ティッシュで蓋をする。

 30秒も経たないうちに、大噴射される下痢うんちミサイル(涙)。
 下敷きにしていたおむつがあっという間に大変なことに。
 横でぼんやりしていた息子に、「ハナちゃんのリュックとってきて、中からおむつとおむつ袋を出して」
と指示。
 「はいはいー」とのんびりした返事で指示した通りのことだけやってくれる(苦笑)。
 結局噴射されたうんちはおむつ3枚分と大量のおしりふきを汚し、けちな母ちゃんはうんちまみれになった坐薬を再び綺麗に拭いて挿入しなおしました。
 ついでに、解熱剤の坐薬も入れて。

 すべての処理が済んだ時には、娘の痙攣は止まっていて、目を閉じて静かに寝ているみたいでした。

 その後、息子の幼稚園と娘の保育園に休みの連絡を入れ、保健所には「新型インフルエンザの可能性は低いのでかかりつけの病院に行ってください」と言われ、そのまま娘はおとなしく数時間眠っていました。

 結局病院でも季節性のインフルエンザか風邪でしょうね。とあっさり言われ、金曜日も休ませ、土曜日は以前から治っては再発する結膜炎のために娘を眼科へ連れて行き、日曜日は母ちゃんも疲れていたのでどこへも出かけず。
 そして今日は今日で息子が微熱。念には念で、もう一日二人ともお休み。

 
 38度6分くらいじゃへとも思わない娘。暴れまくり。
 娘の巻き添えで幼稚園を休まされた息子。暴れまくり。
 思わぬ大事な方の訃報に接した母ちゃん、落ちまくり。
 怒号と奇声とギャン泣きとドタバタと暴れる音が鳴り響いた我が家の5日間でした。

 みんな、お疲れ様。
 そして娘。もうすこしおとなしくでけんか?ねぇー??(涙)。

ケツを出さんかい!

 初めてのことや場所、そして体の敏感な部分に触れられるのが苦手な息子。
 苦手、とさらりと書いておりますが、それはすなわち、パニックを起こして暴れるということでありまして。
 3歳程度までならばそれこそ押さえつけて抱きしめて落ち着かせられたのですが、最近成長してくるときゃつも警戒心が強く、また筋力もそこそこついてきて、押さえつけられなくなってまいりました。
 
 そんな中、ギョウチュウ検査をせねばならないことになりました。
 朝いちばんに、ピンテープなるシールをおしりの穴にはりつけることを二日間繰り返すのですが。
 あっさりやらせてくれた娘に対して、息子は断固拒否。
 普段何かにつけてお尻を出しているくせに(たぶんアニメのクレヨンしんちゃんの真似)、悲鳴をあげて徹底拒絶。
 最初は「全然痛くないし怖くないよ、ハナちゃんだってできたよね?」と娘に同意を求め、「うん、わたし全然怖くなかったよ」と娘が兄ちゃんをなだめようとするも(笑)、「いやだー、いやだー、ママなんて大嫌いだー、助けてー助けてー」とただ絶叫し、つかまえておしりを上げさせようとするもひたすら抵抗する。
 いつのまにか、わたしは。

「はようケツ出さんかい!すぐに終わるんじゃ!」
 
 と、ヤクザなエロじじいがいたいけな町娘を襲っているかのような、まことに下品極まりないセリフを吐いておりました。
 そしてタイミングよくお尻にぴったんこ。
 その途端に治まるパニック。

 「ほれ、全然痛くなかったでしょ?」
 「うん、大丈夫だった。こわくなかったよ」
 平気な顔で僕は最初から暴れたりしてませんよ、てな様子の、切り替えの早すぎる息子に気持ちが疲れてしまう母なのでありました。
 まあいつまでもぎゃあぎゃあ言われるよりいいけどさ。
 お尻にくっつけた途端落ち着くってのはどうなのよ。いたいけな筈の町娘がまるで海千山千の男たらしだったみたいではないか(爆)。

言い訳してはいかんねぇ

 まあ息子も県立学校の障害児対応の幼稚部に入学(入園?)して1か月以上が経ちまして。
 担任が息子好みの若くていつもニコニコしているかわいらしい美人先生なので、毎日ご機嫌で通っております。
 多々パニックは起こしますが、それなりにやっておるんですが。

 今のクラスは年中組さん、クラスメイトは5人。
 それに担任の笑顔美人先生と、もう一人若い目の男性の先生が副担任。
 実に手厚い状況でありがたいと思っています。
 息子は排泄関係は不器用ながら全部自分でこなせるので、トイレも副担任の先生にお願いすることも多く、家にいるよりお母さん方と雑談などもできて気が晴れるし、田舎道を散歩がてら通園するのも楽しく、自分でも前向きになれているなぁー、と思うのですが。
 自宅に帰ると、一気に疲れてしまい、土日ともなると子連れでおでかけどころか延々数時間も昼寝していたりして。
 家の中は一向に片付きません。

 まあトシもトシだし、病気なんだし、しゃあないわなぁ、と思ってたんですが。
 先日、お母さん方で年齢の話題が出まして。
 R君のママが昭和47年生まれだと聞いて驚きました!
 R君はかなりの多動で、とにかくじっとしているのが苦手。
 去年から通っているので、きまりごとは守れるのですが、ともかく元気一杯。
 朝学校に来ると教室に入る前にブランコ、アスレチック遊びをひとしきり。
 外遊びの時間など、結構広いグラウンドを自転車で走り回り、それをひたすらママは何周も走って追いかけてます。
 
 なので、私はてっきり30代の初め位なんだと想像していて、「若いママは体が動くからいいなあー」と考えてたんですけど。
 いや、そりゃ私よりはかなり若いですけどね。まさかうちの相棒と同い年とは・・・。
 年齢を言い訳にしてはいかんねぇ・・・。
 もう少しアクティブに、体を動かして生きていかねば。
 今だらだらしきってたら、息子や娘が小学生になって本格的に暴れだすようになったら対決できる気力体力が枯れ切ってしまうわ!
 ほんと、真剣に体にいいこと始めよう。

時間が消える

 コメントいただいている皆様すみません。
 ご心配いただいてメールやメッセージおよせ頂いた方、ありがとうございます。
 毎日がギリギリの時間の繰りまわしです。
 いえいえ、ふつーの人ならなんてことない毎日なんですけど、台所に立ったとたん「私いま何で冷蔵庫開けようと思ったんやろ?」とひとりごとをいい、思い出すまで10分近くもかかってしまう人間にとって、日常生活送ってるだけで精いっぱいなんでおます。
 おいおい落ち着けばお返事書かせていただきますね♪

 ああ、4月はいっぱい書くことあったのに。
 これから書類整理の鬼にならねばなりません。
 でもでも、やっとやっとわが町にも障害児向けデイサービスセンターができました。
 時間は決まっていますが、送迎もしてもらえるとか。
 これでこれで・・・

 1年半の間ほったらかしにしていた歯医者にようやく通えそうです(うれし泣き)!!

なんだか雑誌のドジ特集みたいなことをやってしまう

 ちゃんと目覚ましをかけているのに、無意識に止めてしまってやっと目が覚めたら「やばい!」時間になってしまった朝。
 娘の保育園のお昼寝布団をもっていかなくちゃいけないし、息子の幼稚園ではじゃがいも植え体験の日だから長靴やバケツやシャベルやら荷物はいっぱい。上履きも連休中持って帰っていたし。
 そんなこんなでどたばたしながら支度をしていて、洗面所で髪にヘアクリームを塗ったらば。

 何故白い泡が??

 解答:間違えて洗顔フォームを塗りたくったせいです。

 きー!となりながらシャワーで泡を落として、息子と娘を着替えさせる。
 息子は自分でちゃんと靴下もはいてくれるし服も着て準備してくれるが、娘がなかなか言うことを聞かない。鬼ごっこのつもりで、紙パンツ一丁で逃げ回る。どなり散らしながらつかまえて着替えさせると、今度は自分たちで勝手に靴はいてドアの外に出ていく。
 こらー!荷物持たんかいおのれらはー!!
 と汚い関西弁で罵りながら、もうバスでは間に合わないので慌ててタクシー呼んで外へ出る。

 まず娘を保育園に送り、息子をタクシーの中で待たせてコップ出したり、おむつ袋用意したりといろいろ準備。そして必ず教室に入らず園庭のブランコへ脱走していく娘をひっつかんで先生に渡し、お願いして、タクシーに戻る。

 そして息子と私の上履きを自宅に忘れてしまったことに気づく。

 どう考えても、自宅に取りに戻るしかない。
 タクシーの運転手さんに謝って自宅まで戻ってもらい、息子の幼稚園まで連れて行ってもらう。

 タクシー料金。2980円。うおおおおおおおお(号泣)

 こんなスットコドッコイな毎日で保育園と幼稚園と母の施設の書類がどんどんたまっていく。
 
 誰か、誰でもいいから、脳みそ売ってくれー!!
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。



ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード