透明なこころでありたい

のんびりと

 昨日ゲリラーの息子を連れてやっと幼稚園へ。
 というのも、水曜日は午前中で終わるので、それくらいなら大丈夫かと思いまして。
 
 県立学校に付属している息子の幼稚園は、プールが屋根付きの立派なもの。
 なので、9月半ばまでプール活動があります。
 昨日もプールだったのですが、殆どウ○チおもらし状態の息子はとても無理。
 そこで、大好きなおもちゃと絵本のたくさんある、通称「わくわくルーム」で私と遊んでいました。

 久しぶりに幼稚園に来た息子は、みんながプールに行くのをみて、「僕も僕も!」と必死でしたが、「今日はお尻痛いからぴよ蔵は入れないよ」と諭すと、前日からの下痢による体力不足もあったのか、わりとあっさりあきらめて、おとなしく絵本を好きに読んで過ごしました。
 
 そして、「僕もプールに入る!」と暴れた際にもれちゃった(涙)息子の浸出異臭液体処理のため、トイレにつれていってお尻ふいたり、着替えさせたり、欠席していた間の事務手続きやら、新型インフルエンザの対応について保健室で養護教諭から説明を受けたりなどしていたら、あっという間に帰宅時間。

 すると、息子と同じクラスの美少女(マジで)Kちゃんとそのお母さんが、「ぞうさんどこ」と言いながら廊下を歩いてきました。
 なにやら、突然「水色の、形が出てくるぞうさんがいない」と叫んで、パニックになったそうで。
 あちこちの教室、言葉の指導室、保健室まで探すのですが、彼女の目的物は見つからず。
 根気よく付き合って探すお母さんと先生方。
 彼女は普段とても穏やかで、先生の指示にちゃんと従える優等生なのですが、いったんこだわりだすとパニックを起こし、どうしても気が治まるまで時間がかかります。

 うちの息子も同じくこだわりがありますが、息子の場合は、わりと他のことで誤魔化せたり、ふざけてみせると機嫌が変わったり、違うものに興味がうつって落ち着いたりできるのですが、彼女は徹底して自分のこだわりを通します。

 これは個人の違いもあるのかな、と思うけれど男女差なのかも?と思いますね。
 うちも定型の娘の方がこだわる。
 一度「これ」と決めたら誤魔化そうが笑わせようが執着し続け、ついには叱り飛ばしてしまう羽目になります(苦笑)。

 以前芸人の土田晃之がテレビ番組で言ってましたが、自分の子育て体験で「男の子は単純だから、お風呂に入るのをいやがってても、こっちが裸で腰降りダンスとかすると面白がってやってくるけど、女の子は『何バカなことやってんの?』って無視しますね」

 男の子の方が単純というか、扱いやすいねー、とKちゃんママ(中学生男児持ち)と話しました。

 さて、そんなこんなでKちゃんの機嫌も落ち着き、帰宅の用意をすることができました。
 今回ブログで何が言いたかったかというと、子供が困った行動を取る時、大人はどうしても大人目線で子供を見て、腹を立ててしまいますが、子供は子供なりにそうなってしまう理由が必ずあります。
 そして、大人が止めさせようとしても止めないのは、発達障害児だから特別に聞き分けが無いのではなくて、定型の子供だって同じ。
 ならば、たまには(ごくたまにはでいい)、子供のやってることにある程度付き合ってやると、そのこだわりがなにゆえなのか、わかる時があります(勿論さっぱりわからない時の方が多いけど)。
 しばらく見守ってやり、気が済んだかな?と思える頃に、「もうそろそろ終わりにして、おやつ食べようか(トイレ行こうか、絵本読もうか、などなど)」と声をかけるとあっさり応じて止めてくれることが多いです。

 勿論人それぞれ子供と向き合う時間は違うから、ついせきたててしまう事の方が多いけれど、ごくごくたまに、子供と同じ感覚で時間を過ごしてみてみると、新しい発見や、いたずらへの対処方法が見つかったりして、楽しくなりますよ。

 私は幸い専業主婦という立場でありながら、娘を保育園に預け、息子と一緒に通園するという贅沢な立場だからかも知れませんが、息子に困らされた時、どう対処するかのバージョンを日々発見していくのも、パズルを解くのと同じで面白かったりします。
 そして、無理強いしなかったことほど伸びて行くような気がします。

 子供さんがまだ2、3歳児だと本当に振り回されて大変だと思うけれど、その子なりに伸びる力があります。
 種が芽吹くのを待つしかないように、あせらず、のんびりと、適度な働きかけをしながら見守って行くのが一番親も子もラクだなぁ、そう思います。 
育児ブログ・ランキング  
スポンサーサイト

初秋のゲリラーたち・・・

 ※管理人よりのご注意※
タイトルから想像つくかと存じますが、食事前おやつ前に読むのはご遠慮下さい。
又、潔癖症の方もお読みにならないで下さい。














 先月末に高熱を出した息子、始業式からいきなりお休み(涙)。
 さらに子供が回復したと思ったら、私が久々の排卵痛の激痛に襲われましてもうどうにもこうにも。
 先生方のご厚意で、3日の日は送迎だけで息子の面倒を全て見て貰いました(本当は母子通園)。
 ところが翌日はしゃぎすぎたのかまた発熱。
 さらに7日8日と微熱ながらくしゃみと鼻水がすごいので、二人とも休ませ。
 やっと9日に登園。
 ところが翌日娘が下痢すること日に10数回。
 11日、娘を病院に連れていくので休ませようと思ったが、本人至って元気なのでまたまた先生方のご厚意にて送迎だけで面倒見て貰いました。

 さあ、やっと今週からがんばらにゃー!と14日の月曜日。
 朝一番に
 「う○こもらしたぁぁ!」
 叫ぶ息子。
 ああ。
 流動状のブツがパンツに。
 これはここ数日間ずっと処理し続けてきた娘のブツとまるで一緒。
 伝染った・・・。
 
 息子はオムツがとれるのがかなり遅かった(4歳5か月)のだけど、とれたらいきなり自立しまして、おねしょもよほど水分がぶ飲みした時くらいで、今までに5回くらいかな?
 ウ○チの方は絶対失敗しませんでした。
 プライド高いやつなので、失敗が大嫌いなのです。だからなのか、できるようになったことは逆戻りしないタイプ。
 そんなのがウ○チもらすとは、相当な緊急事態だったのでしょう。
 熱は無かったけど、その後もう一度もらしたので、万一幼稚園で失敗したら・・・と本人のプライドを考え休ませました。

 で、本日。
 まだ新聞配達も訪れる前の午前3時半。
 飛び起きてトイレに駆け込み、長々と用を足している息子。
 あきらかにお腹下してます。
 のぞいてみると、すでに流動物どころか液状化。
 ようやく終わって、またぐっすり眠り込む。
 朝起きて、今度は8時過ぎにまたトイレ。
 「ママー、浣○してー!!」
 えええ、便秘なわけないのに!?と思ってのぞくと、普段の固形のブツと違うので、お腹やお尻は痛いのに出ていないと思い込んでたのですね。なんせ生まれて初めての強烈な下痢ですから。勿論いちじくさんの出番なんかありません。
 だって、したたってるんだもん(汗)。終わらないんだもん。

 それで本日もお休み・・・。
 もう9月も中旬だというのに、3日しか登園していない息子。
 私に至っては、1日しか付き添っておらず、お母さん方との貴重なランチタイムは全欠。
 もう忘れられた存在かも(苦笑)。

 病院に連れて行きましたが、娘の時の診断と同じ、特に腸に異常もなく、平熱なので整腸剤の処方のみでした。
 おひるごはんを食べさせてみましたが、見事にそのまんま出ました。
 そのあと薬を飲ませたらそれも出ました。
 糖分と水分の補給に、と思った清涼飲料水も出ました。
 野菜スープのスープだけ飲ませても出ました。
 そしてお腹とお尻が痛い!!ママ、なんとかして!と泣き叫びまくり・・・。

 見ていて本当にかわいそうですが、本人は家が退屈で出かけたくて出かけたくて仕方ない模様。
 ああ、そんなことできるわけないでしょうが・・・娘のお迎えまでには少し落ち着けばよいのですがね。
 
 しかし、この数日間、娘のお尻を拭き続け、ブツを処理し続けて、今度は息子のお尻もか・・・。
 いいかげん、疲れるだす。家の中がマジでくさいだす(爆)。
 早く元気になってね、お願い。

 そして私は今お月さまがやってきているのであった(自爆)。だから、私にだけは伝染さないで(本音)。
育児ブログ・ランキング

仮面ライダーはバイクに乗ってこそ!

 さて、チビたちや相棒の朝食準備などでバタバタしていて、殆ど見られませんでしたの、『仮面ライダーW』。

 ええ?かつて電波少年で懸賞生活やってたなすびがレギュラー!?とあんぐりして、ご飯よそってたらば、妙な顔だけ恐竜(ティラノ?)な怪人が飛び出してきてたり。
 うわー、顔だけでっかい恐竜ってものすご気持ち悪いなぁ、とか思ってるとカメラだか何だかが武器になったりして、探偵さんが撃退してたり?

 フィリップ君の脳内メモリの説明をちょこっと聞いたり。

 お、二人揃ったシーンでWに変身なのね、どうなるのどうなるの?とわくわくしてたら、やっぱりフィリップ君がばったり倒れるだけだった(がっかり)。
 それにしても、あんなとこで変身して、抜け殻になっちゃって完全に無防備ですやん。
 今回は女子中学生(じゃないけど)大家が助けてくれたからよかったけど、今までどうしてましたん?

 でもって、どうやら悪玉の一族らしい大富豪の邸内で、アヤシイ紫色の透けるカーテン越しに、全裸で歩いて来る美青年。
 うおおおー、なんですかこりゃー!びっくら。
 優秀なセールスマンを婿として一族に迎え入れるたらなんたら?
 
 で、なんか気づいたらライダーがバイクを駆ってガンガンカーアクションやってくれてて。
 バンバン色が変わっていろんな技を繰り出して。
 
 そないいっぺんに色んなもん出されたら、おばちゃんの脳みそ、ついていかれへんがな!!

 まあ自分自身のメモリ不足はともかく。

 最後に、一本指打法で英文タイプで報告書を打つ探偵さんが笑えたのでした。
 報告書、ローマ字。
 あとね、一本指打ちで、キーが絡むのってありえないから!ちゃんとブラインドタッチできるスピードじゃないと、からまないからね!!(←中学生時代、一時期英文タイプ部所属だったおばちゃんのツッコミ)
 てか、メモリで変身するくせに、英文タイプって。
 チャンドラーのロンググッバイのペーパーバック持ってるのに、ローマ字て。
 
 おまけに言えば、あの報告書、誰が読むんですかーーー!!

 まあそれはともかく、普段の生活でもちゃんとバイクに乗ってくれてるライダーで嬉しいです。
 そうよ、V3まではちゃんと変身前の姿でバイクに乗ってたもん(それ以降のライダー、記憶が薄いです:爆)。
 ああ、来週はちゃんと見たいけどなぁ。
 チビ共はあれこれうるさいし、相棒は特撮とかアニメに全く興味なし(子供時代から)だし。

 探偵物語視点からみると、成田三樹夫役がなだぎ武ってわりといいかも、と思ってみたりもしました。

赤提灯も泣かせるじゃねぇか!

 初めて、『侍戦隊シンケンジャー』をオープニングから見ました。私&息子。
 寿司屋の源ちゃんの横で「ああ、そんなにシャリを強く握っちゃ」だのとああだこうだとうるさい赤提灯のダイゴヨウ。源ちゃんと口論のあげく、家出しちゃうのでありました(飛んでっちゃうのね)。
 一方、敵方の秘密兵器ドクロボウ。何んともたまらんビジュアルです。黄金バットが怖くて泣いてた4歳ごろの私が見たら、しばらく悪夢に出てきただろうね。
 いまどきの子供は、CGとかでこういうの見慣れてるからどうってことないのかなぁ。
 ドクロボウとシンケンジャーが戦ってると、3歳児ハナちゃんが起きてきました。
 でも、ドクロボウに無反応。シンケンジャーがかっこいいとキャーキャーいってます。
 ちょっと、ドクロ顔って怖くないのあんたら??

 それにしても、赤提灯が就職活動に励む姿には笑えました。
 履歴書とか爆笑だもん。あ、履歴書どうやって買ったんだ?お金持ってたのかダイゴヨウ??
 よく面接してくれたよなぁ、会社の人たち(爆)。
 シンケンジャーの世界に住む人は、いい人が多いなぁー。

 どこにも雇ってもらえず、結局屋台の焼き鳥屋で侍の字を消され、「やきとり」の張り紙を張られてるダイゴヨウ。彼の言い分が泣かせますぜ。ああ、すでにランプ→電灯→蛍光灯→LEDのご時世に、提灯賛歌を高らかに叫ぶダイゴヨウ。
 全国のお盆提灯が、赤提灯が、お祭り提灯が、君に賛同し、熱い涙を流したろうて(心の中で)。
 
 ダイゴヨウ、巨大化して秘伝ディスク連射。
 ううむ、かっこいいのかどうなのか。体型はどうやったって提灯だし。
 最後はダイカイシンケンオーでドクロボウをやっつけちゃうのですが、最近の特撮は巨大化するのかー。ウルトラマンシリーズやってないしね、とか思ってしまいました。とさ。

よっこらしょーの正直屋ー

 私はオバフォーであるからして、じっとしている時から動き始める時、重い荷物を持ち上げる時、階段を上る時など、「どっこいしょー」と言ってしまう。
当然である。
 しかし、ただ「どっこいしょー」「よっこらしょー」と言うのもつまらないので、「よっこらしょーのしょうじきやー」などと言ってしまう。
 これもいらんこと言いの、関西人のサガであろう。
当然である。
 他にも、「ありがとうさん」にかけて「ありがと算数理科社会」などと言う時もある。

 しかしながら、最近3歳のうら若きっちゅーか、若いというのか、まあ若いのかそれとも年寄りかと言われれば、めちゃくちゃ若い方である娘が、何かにつけて私の口癖を真似して、「よっこらしょーのしょうじきやー」と言うのである。 
実におばんくさい。
私が言うより、数倍おばんくさい。
不覚であった。

 最近流行りのアンチエイジングでいつまでも美しく若々しく、ってのが正直めんどうくさくうさんくさく、あれこれ無理せんでも自然体でええやんかと考えていたわたくしであったが、まさか孫でもない我が娘におばんくささがうつるとは思わなんだ(汗)。

 若いお母さん方とは世代が違いすぎるのだが、せめて「年取ってるだけあって、賢いお母さんね、品があるわね」ぐらいの世間の評価を受けておかないと、娘が女性として成長していくうえで、かなり問題があるんとちゃうやろか??
 も、もう少し外見とかしぐさとか言葉づかいに気をつかわなあかんかな、やっぱり(あたりまえですやん)。 
猛省。
育児ブログ・ランキング

母の誕生日だった

 9月10日は母親の誕生日だった。
 実は、去年の6月から一度も会いに行っていない。
 自分から電話もかけていない。

 それまでは、母の日、誕生日、クリスマスなどには母の大好きな花を贈っていた。
 しかし、6月末に娘が熱性けいれんを起こした際にパニックを起こして以来、情緒不安定になり、一時期は公共交通が使えず、11月から鬱病と診断されて投薬治療を受けている。

 薬を服用し始め、やっと体が慣れてきたのと、ふっきれたのとで日常生活は「しんどい時はさぼる」をモットーに、低空飛行したりたまには元気だして頑張ってみたりして、ごく普通に暮らしていくことができるようになった。
 それでも、去年の11月から9カ月かかったなぁ。

 そして、私の中で一番の苦しい問題には未だ立ち向かえていない。
 それは、母のことである。
 母は遠くの、認知症専門のグループホームで暮らしている。
 毎月、1か月分の母の様子が、請求書や領収書などと一緒に届く。
 
 母を無理やり長年住み慣れた街から引き剥がして、遠く関東のグループホームに入れたのがもう4年半も前のことだ。
 有難いことに、認知症の進行はずいぶんゆっくりのようだ。

 私の体調を気遣って代理で面会に行ってくれた義父母が、子供たちの写真を持って行ってくれたそうだ。すると随分喜んで、「まあかわいい、まあかわいい」と繰り返して、「この写真一枚だけわけていただけませんか?」とたずねたという。
 義父が「もちろん、お母さんのために持って来たんですから、全部差し上げます」
 というと、
 「まあありがとうございます、嬉しいわ、本当に嬉しいわ」と、ベッド回りに飾り付けていたそうだ。
 義父母は「受け答えもしっかりしているし、私たちが誰かもちゃんとわかってて、思ったよりしっかりと元気そうだったよ」と報告してくれたが、職員が「お孫さんの写真かわいいね」と話しかけると、「ちがうの、一番下の妹の子供たちなのよ」と否定するらしい。
 
 というか、私が何度か面会にいっても、いつも私を末の叔母と思っているのだけど(笑)。
 親子でも相性はある。
 認知症になってから、はっきりと「あの子なんて大嫌い、昔から大嫌いよ」と、叔母たちに叫んでいる言葉を、ふすまを隔てた隣の部屋で、まだ乳児だった息子を寝かしつけながら泣きながら聞いた。
 まだ認知症になる以前、母が日記がわりにしていた、書き込み式のカレンダーには私がだらだらしていて、本当に腹が立つ、と毎日書かれていた。
 他に書くことなかったんか?(苦笑)

 私は母ののぞむような娘ではなかった。
 母は自分の基準に沿ってわたしをしつけてくれたが、結局私の身についていない。
 他人の前で取り繕うことはできるようになったが(爆)。
 母も、私ののぞむ母ではなかった。
 私は、母の笑顔がみたかった。子供の頃からずっと。

 でも、母の笑顔は兄にのみ向けられていて、「いい子、大事な子」という語りかけも全て兄のもので。母の腕は常に兄を抱いていて、長年の介助で腰の軟骨が棘状に変化して慢性の激痛に襲われても、兄の世話と家事の手を抜くことはなかった。

 自分が子育てするようになって、非協力的な姑と夫と娘の面倒をみながら、兄の介護をずっと続けてきたことがどれほど大変か、身にしみてわかる。
 そして本当に、身ごもった私を迷いつつも生んで育ててくれてありがたかったと思う。
 実は小学生の頃から、自分が大人になったらお母さんに家を建ててあげよう、好きな物をいっぱい買ってあげようとか、ああしてあげようこうしてあげよう、なんて想像していた。

 それが逆に、母の意に沿わない場所へ送り込み、実家も整理して帰る場所も無くしてしまったという負い目が、なかなか母のところへ足を運べない理由の一つでもある。
 もちろん、遠方すぎること、息子が少し普通でなくて移動が大変なことなどが一番ではあるけれど。

 今年で満80歳だった。
 普通なら、娘や孫と写真館で記念写真を撮り、レストランでお祝いし、プレゼントを贈るものだろう。
 それどころか、電話すらかけられない自分。
 
 もう、30を過ぎた大人の私の行動を管理したがっていたかつての母ではないのはわかっている。
 認知症が急に進行した頃の、錯乱していた母でないのはわかっている。
 何を怖がっているのだろうね、ただ、会いに行けばいいだけなのに・・・。 

育児ブログ・ランキング

お互いに通訳してくれる

 3歳1カ月を迎えたばかりで、すでに5歳児かと思うほどしゃべりまくる娘。
 5歳3カ月を過ぎながら、未だに独特な言語を駆使する、知的遅れを伴う自閉スペクトラムの息子。
 
 この二人の問題点は、常にずーっとしゃべっているということである。
 息子は謎の独り言を。
 娘は私に向けて集中攻撃を。
 そして、どちらも声がでかい。でかすぎる。
 もちろん返答する私の声が一番でかい(汗)。

 そして、問題はまだある。
 二人のしゃべっていることが母には理解できんのだ。
 娘はまだ幼いので発音が間違っていたり、早口すぎて聞き取れなかったり。
 息子の言うことは本人の意思伝達能力が劣っているせいであり。

 そんな二人がそれなりに互いに意思を表示しあい、言葉を交わしあってきた結果。
 それぞれが相手方の言っていることを通訳してくれるようになった!!

 娘が早口で「おにぎり!」と何度も一生懸命まくしたてるので、「さっき食べたばかりでしょ」とたしなめていると、横から息子が「ハナちゃんはお絵かきしたいんだよ」と教えてくれる。
 おお、そうだったのか。

 息子が突然「きぃーーー!!」と金切り声をあげ、「ママー、ママー!!おかしくなった、ママを食べたいー!」と絶叫しながら転げまわっているので叱ると、横から娘が「にぃには、テレビがおかしくなったって」と言う。
 見ればテレビのリモコンのアナログボタンを押してしまったらしく、画面が砂嵐状態。なるほど。

 そんな感じで、結構助け合ってくれることが増えてきた。
 もちろん二人きりにしておくとしょっちゅう大喧嘩で、娘が泣き、息子がパニクるのだけどね。
 そうやって喧嘩ばっかりしてるけど、娘いわく、「ハナちゃんね、にぃに大好きなの。将来けこんするの」だそうだ。
 ほうほう、と聞き流していると、
 「トシくんでしょ、、にぃにでしょ、それからカイくんと、ハナちゃん、いーっぱい結婚するの♪」
 ・・・おまぃはエリザベス・テーラーになりたいんかい!!

育児ブログ・ランキング

つらい気持ちを清算したい

 8月20日。30年近い付き合いの友人が、わざわざこんな田舎まで出向いてくれた。
 チビ2匹を連れてのことだったので、ゆっくりおしゃべりということもままならず、たくさんたくさん話たいこと、聞きたいことがあったにも関わらず、あっという間に時間は過ぎてしまった。

 彼女はいつも私に力を与えてくれる存在で、彼女がいれば私は自分の座標軸を取り戻すことができ、感情も安定するのだ。
 二人で一緒に遊びに行ったり、ということはあまりなかったのだけれど、気がつけば私が苦しい時、つらい時にいつも助けてくれていた。
 女同士では珍しい形のつきあいではないかと思う。

 初夏に、つらい報せが届いた。
 あまりつらかったので、私は感情にふたをして日常に埋没してしまった。
 天へ逝ってしまった人のことを思い出すと、過去、今の現実、全てのつらかった、そして逆に楽しかった記憶があふれ出てしまい、整理できなくなってしまうからだ。
 今回、彼女はそのことについての、新しい情報を届けてくれた。
 自分ではなく、彼女から伝えられたということが私には有難かった。
 そして、亡くなられた方が苦しまない、もっともその方らしい最期だったと聞いて安心できた。

 それでも尚、感情は揺れてつらい。
 この場所に居たくない、お参りに行きたいという思いは消えない。
 今はそれは無理だとわかりきっているのに。

 このところの不可解なまでの腰痛や眠気などの体の不具合はいまだ自分の中で整理がつきかねていることを示しているのだろうか。
 でも、もう半年以上たった。
 そろそろ気持ちを清算していかねばなるまい。
 せっかく鬱病の方は落ち着きだしているようなのだから。

 部屋の乱れは心の乱れともいう。
 最近、色々な人に部屋の中を見られてしまう機会がつづけざまにあった。
 
 思いの深いものから捨ててゆこう。
 整理できそうもないものから捨ててゆこう。
 そうすれば、気持ちもすっきりしていくかもしれない。
 私の人生はもう、今まで生きてきた年数分は残っていないのかもしれないのだから。 

育児ブログ・ランキング

新ライダー。ぶったまげたぞい。

 日曜の朝は寝坊と決まっているので、未だに『侍戦隊シンケンジャー』をオープニングから見たことが無い我が家。
 そんな訳で今までずうっとシンケンゴールドの顔の字は「米」だと思ってたよ!!(正解は光です・・・)

 まあいつものように途中から見たので赤提灯のダイゴヨウ登場にげらげら笑いつつも、「侍」じゃないよーと思ってたら、ちゃんとメンバーがツッこんでくれてたのでよかったです。
 でも御用提灯って白いよね・・・どこまでもあくまでも赤提灯にしか見えないところが間抜けでかわいいねぇー。
 キャストが美形揃いでしかもあの元格さんこと伊吹吾郎氏まで登場して、侍魂をメインにしてて戦闘シーンの殺陣なんぞも結構かっこいいんだけど。ストーリーはなかなか楽しくて私好み。
 
 で、このシンケンジャーと、8:30から始まる『フレッシュプリキュア』はチビたちが熱狂。
 しかしながら、その間にやっていた『仮面ライダーディケイド』は話が全然わからないらしく(私にもわからなかったが)、その上ドラマ部分が重苦しくて登場人物の表情が暗いので、あっさりスルーしてました。
 第一、ディケイドのデザイン自体が私にとって受け入れがたいもの(格好いいと言い難い)だったんで、はい、30分間休憩ねー、って枠だったのですが。

 さて、なんでか中途半端な時期に新ライダーと交代。
 あちこちのブログで最終回がめちゃくちゃ叩かれてましたが、視聴率の関係なんですかね?(とにかく興味なかったのでどうでもいい:爆)。
 この新ライダーが、なんと、二人で一人のライダーに変身!
 オバフォー世代(オーバーフォーティーのことです)にはめちゃ懐かしい、あの『バロムワン』と似た設定なの??二人の友情メーターのゲージがさがると変身できないとかあるの!?
 という純真な興味でいそいそ『仮面ライダーW』第一話を見てみました。

 なんですかこりはー!?
 普通にカッコいいというか、いやすでにアナクロすぎてお笑いなのか?な探偵事務所。
 なんで今頃手動の英文タイプライター??どこで売ってるの?
 あきらかに工藤俊作チックでしょう。探偵さん帽子被ってるし。ヴェスパじゃないけど(笑)。
 そこに登場する女子中学生みたいな童顔の大家。
 なんでか要所要所で登場しては便所スリッパで探偵さんの頭をはたく。
 ライダーとなるもう一人の少年はいわゆる天才で、おつむの中身に膨大なデータがつまってます。
 自分のおつむの中身だからデータの検索もあっという間。すごいね。
 で、肝心の変身シーンは「バロームクロス!」ではなくて、探偵さんの体に少年君の意識(メモリ)が入り込む形をとります。
 友情ゲージはないのかつまらん。
 と思っていたら、びっくらこいた。
 ラスト間際で、キックのシーン、体が半分ずれましたよ!??えええ!?
 確かに確かに、わたしはみた!びびった!!
 なんですかこれは。今までのライダーで一番グロいですよ。
 来週が楽しみでなりません。どきどき。 

育児ブログ・ランキング

絵本もやしもん

 うちのちび共、相棒が作った『もやしもん限定販売コミック7巻』に付いていた、ナノ・ブロックオリゼーちゃんに夢中。
 近所のショッピングセンターのガチャガチャに『もやしもん』のストラップ&ブレスレットがあったので、二人してガチャるも、オリゼー不発。

 さて、農大出身ではあらねど、理系でちょっくら似たような学生生活を送った相棒は、『もやしもん』のファンなので、新作が出るたび(なかなかでないよね:笑)購入してきますが、いよいよ絵本が出版されると聞き、発売日にチビたちつれて書店に出かけました。


てをあらおう (えほんもやしもん きんのオリゼー)てをあらおう (えほんもやしもん きんのオリゼー)

講談社 2009-08
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 かわいいよかわいいよかわいいよー!!
 そして息子が独占して離しません。
 娘が少しでも近寄ろうものなら、暴れて追い払い、泣かせる始末。
 おいー、パパが買ったんだから、まずパパに読ませろよー、と相棒が言い、無理やり息子から取り上げて娘に読み聞かせてる間、ずっと暴れて「パパだいきらいー、パパ噛みつきたいー、パパの馬鹿ー」とののしりまくりでした(汗)。

 内容はきっちりちゃんと絵本で、新型インフルエンザの脅威にさらされている昨今、手洗いをいやがるお子様たちにはお勧めです。
 ばい菌を落とす手の洗い方が丁寧にきちんと示されていて、大人も参考になります。
 字も大きいし、息子は一人で夢中で音読してました。
 
 んーと、ひさびさの読書感想がこれでいいのか?(自問自答)
 これでいいのだ。うん。

自分の知識の浅さを恥じる

 最近ですね。
 息子がですね。
 教えもせんのに勝手に字を覚えてですね。
 「これ何て読むの?」と問われて答えたら一発で覚えてしまうようでして。
 カタカナも覚え、漢字もかなりわかってきているようであります。
 で、わたくしが新聞読んでますと、横から覗き込んで製薬会社の広告やらを読みあげたりしよるのですね。
 手伝いをしないなどで叱ると、隣の部屋へ行って、勝手に好きな絵本を音読したりしよるのです。
 で、観る番組も結構ドラマとか、バラエティーとかも興味を示しだしてですね。
 それはそれでええんですけどね。

 毎日毎日、一から十まで人に訊ねて来るわけですよ。
 それも今までは何度も何度も同じことばかりだったのが、最近はえらいマニアックなことを聞いてきたりしよるのですよ。
 
 トミカ大好き野郎な上に、最近はバスと作業車両ひとすじ。
 オフロードダンプトラックやら、ロードローラーやら、ホイールローダーにブルドーザー、高所作業車やら、自動標識車やら集めて悦に入ってます。
 かにクレーンまで買わされました。なんなん、かにクレーンて!?
 いやもう、字のまんまかにの形ですけど。クレーンだらけで(爆)。
 
 で、彼が最近血眼で探し求めていたものが、トミカの「コマツ対人地雷除去車」。
 やっと見つけて、買い求め大満足(ただし、今だけ)。
 ブルドーザーによく似た形なので、並べて遊んでおりました。

 それから始まったよ。質問責めが。
 息子「ねえねえ、対人地雷除去車ってどうして白いの?」
 私  「・・・それはコマツに電話して、会社のおじさんに聞いてよ」
 息子「ねえねえ、ナンバープレートついてないの?」
 私  「・・・どうなんだろうねぇ」
 息子「どうしてクローラーなの?」
 私  「きっと、舗装されてないでこぼこな場所で走れるようにだよ。戦車もクローラーでしょ?ん??違ったっけ??」
 息子「お母さんはどうしてヘビなの?(突然質問が飛ぶのは当たり前)」
 私  「ヘビじゃなくてヘビ年生まれなの」
 息子「猫年生まれは誰がいるの?」
 私  「猫年は無いの(確か中国の昔話か何かでねずみにだまされたとかいうのがあったっけ?)」
 息子「対人地雷除去車の後ろにはどうしてツメがついてないの?(ブルドーザーにはついているので)」
 私  「なんでやろうねぇ?ママも知らんわコマツの会社の人に聞いて」
 息子「宇宙は暗いの?」
 私  「どっちかいうと夜っぽいねぇ(太陽以外の恒星の惑星はどうなんかなぁ)」
 息子「地球は宇宙にあるの?」
 私  「太陽系第三惑星だよ」
 息子「土星は何番目?」
 私  「(つまりながら)六番目・・・?」
 息子「ねぇ、エレメントハンター今日来る?」
 私  「土曜日の夕方だから今日は来ない」

 すいません。
 今日は排卵痛で腰が割れそうに痛み、下腹部の右が触られただけで飛び上がるほど痛かったんですが、頭痛までしてきそうなので、もう勘弁してください(泣)。
 母ちゃんなぁ、最近あんたとしゃべってると、本当に自分の知識が浅はかなもんやなぁって、情けなくなってきますのや。
 普通の子とちごて、適当に嘘教えたら、うのみにしたまま成人しそうやし(怖いよ~)。
 がんばって自分で勉強してくれ。
  

欲しいけど買えない(涙)

 チビたちのために、毎週『ドラえもん』を録画しています。
 そこで最近CMで流れるのが、そう、故:藤子・F・不二夫大全集。
 欲しい!!
 オバQも、エスパー魔美も、しずかちゃんを「しずちゃん」と呼んでいるのび太も、みんな懐かしいけど、とにかくとにかく、ジャングル黒べえが読みたい、欲しい!!
 リアルタイムでアニメを見てた私にとっては、めっちゃ面白い作品で、いつも楽しみにしていたことだけを覚えている。
 なんか色々な諸事情で自主回収されたやらで、もう日の目を見ることのない作品になったと思っていたから嬉しいのだ。
 でもできればアニメで見たいかなぁ・・・。
 とはいえ、一冊だけ買ったら他のも欲しくなるのが当然。特にオバQとドラえもんは止まらなくなるだろうし。そんな予算も、置くスペースもない。
 うう。私が欲しいのは、今までは断トツ「どこでもドア」だったけど、「四次元ポケット」に変更しよ。
 (どこまでも現実逃避な事を考えとるのう・・・)。
 

始業式を休みまして・・・

 先週の水曜日から娘が夏風邪ひいて高熱続き。
 やっと良くなって落ち着いたと思ったら、昨日今度は息子が38・5度の発熱。
 丁度台風が荒れ狂っていたので、病院には連れていけませんでした。
 で、今朝朝一番に熱をはかると36・9度。
 本人元気で、幼稚園に行く気まんまん。
 されど、娘がいったん熱が下がったかと思ったらまたまた上がった経緯があったので、念のため休ませることにしました。
 ううーむ、2学期の始まり早々にこんなことでは・・・。

 さて、娘の方はすっかり元気になったので、保育園に送っていき、ぐずりまくる息子を連れて近所の大型ショッピングセンターへ。
 帰宅してから、母子二人でなにをやっていたかというと。

 夏休みの自由制作(張り絵にしました)の仕上げでした(あほー)。

 え?始業式休んだのは宿題できてないせい?
 そ、そんなこと大きな字では書けませんがな・・・だって、だって、娘の発熱と台風到来で予定が狂っちゃったんだもん・・・

 さて、母はこれから夏休みの親の宿題(爆)をやらねばなりません。
 うーん、お天気だのなにがあっただの、さっぱりおぼえてないなぁ・・・明日も午前中までだし、プール学習だから入れないだろうし、ついでに休むかーって・・・、おい!
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード