透明なこころでありたい

地獄めぐり(疲)

 しかしながら、リアルな夢に翻弄される日々は続いております。
 一昨日は久しぶりに寝汗をぐっしょりかいて、ずぶぬれに近い状態でした。
 しかたないから朝風呂に入ったら、なんか調子がおかしかった。
 夕方どうにもふらふらして、動悸がするのでソラナックスを久しぶりに服用。
 で、どんな夢だったかというと。

 地獄めぐり(爆)。

 十数人の連中で施設を破壊しまくり、籠城したあげく地獄に突き落とされるという。
 そして、その地獄に落ちた連中の為に、現世から地獄へ降りて行く。
 もちろん夢の中での話しですから、私自身は地獄側の人物になったり、救出側の人物になったり、ですが。

 地獄というのが病院でして。
 なんか、健康診断を受けにきたような感じで、カルテこそないけれど名前を呼ばれて色んなことをさせられました。
 エレベーターに乗って階層を行き来します。
 真っ暗でフットライトのみがぼんやり灯る、シャッターが下ろされた玄関ロビーで、ベンチに所在なくうつむいて座っている人たちばかりの階とか、看護師が舌に穴を開ける検査をする階とか、高い崖の上から地面の上に飛び降りさせられる階とか、なんか色々と細部までリアルで面白かったです。
 いずれまとめてアップするかも。
 しかし、地獄めぐりなだけに疲れた。

 でもって、今朝がたの夢は洪水。21階建てのビルの中庭にまで水があふれてきてました。下の階はどうなっていたんでしょう??

 地獄に洪水。なんか宗教じみてますね。今夜見る夢はなーんだ?(笑)。

育児ブログ・ランキング 
スポンサーサイト

人間関係に恵まれてるわ~

 どーでもいいことですが。
 結婚以来世間が狭くなりまして、ずいぶんこぢんまりした人間関係の中で生きております。
 おかげさまで、自分がどうしても合わないタイプ、苦手なタイプ、嫌いなタイプの人と無理やりお付き合いせねばならない状況から解き放たれまして、あまり悩むことがなくなりました。
 なので最近ずーずーしくも、「私ってそれなりに人生経験を積んできて、人間ができてきたのかしら?」なんちゅう増長したことを思うようになり・・・。

 んがしかし。
 それは大きな大きなカンチガイ、単に自分が嫌な人にあってないという幸運な状況にいるだけなんだな、とわかってしまいました。ミクシィさんのおかげで(リアルちゃうんかい:笑)。

 いちお、息子がらみでミクシィの発達障害、自閉症関連のコミュに在籍して色々な意見を読み逃げしております。
 その中で、最近荒れてるとこがありまして。
 要約すると、トピ主がある種の代替医療みたいなものを「自閉症に大変効果があると、ノーベル賞受賞者が講演で述べていました(ただしその講演は40年近くも昔)」と宣伝して立てたトピ。
 そこで色んな人たちが「根拠はなんなのだ?」と問い詰めると逆ギレして批判的な人を脅しつける、という実にお笑いぐさなトピ主で、そのやりとりが傍で読んでる分にはなかなかに楽しいトピでしたが。
 そのうち、あまりにおバカなトピ主に構っていられなくなった人たち同士で、内輪もめ的な喧嘩が始まりました。
 まあそれもそのうちフェードアウトしてきて、トピが終了するのかな~と思っていたら、トピ主ではない変な人が入ってきました。

 中で一番発言し、乱暴な書き込みをしていた人に対し、トピの内容と何にも関係なく「あんたの発言は聞き捨てならない、謝罪しなさい」と迫ってくる人が現れまして。
 この二人のやりとりだけ(暴言の応酬)が延々と続き、さらに忘れた頃にトピ主が登場し、再びトピ主にかみつく人、二人をたしなめる人、トピを終わらせたい人、中身が無いのになぜかにぎわってます。
 正直、普通ならとっくに終了してるトピのはず。

 謝罪強要の人は、トピの内容にはなんら意見を述べず、ただひたすらコメントの揚げ足取りをしたあげく、「あなたはこのトピで何をしたいんですか?」とたしなめた人に対して「こんなにひどい暴言を吐く人の方が支持されるトピなんですか?」ととんでもない被害妄想なコメントを返し。
 何度も「これで最後にします、もうこのトピには来ません」と自分のコメントを削除してトピの流れをわからなくしてはしつこく登場して、茶化しのコメントを入れる。いやもう本当にしつこい。

 暴言を吐く人は言葉はひどいし、相当攻撃的だけど、筋は通っているんですよね。
 でも、謝罪強要の人はどうやらあくまで「自分は正義」「被害者は私」っぽい主張の人のようです。
 ああー、すごいお互いの争点がずれてるっていうか、謝罪強要の人がズレまくり!
 読みながら、自分には何ら関係ないのに「ほんまにうっとうしい!」とつぶやいてしまいました(苦笑)。

 いやー、こんなのに絡まれること無く過ごせる有難さ。
 私は現在、本当に人間関係に恵まれてますわ。ありがたいことです。
 
育児ブログ・ランキング 
 

夢のなか

 パキシルを減らして快調ではありますが、睡眠の質がどうなのだか?毎日夢ばかり見ています。
 っていうか、夢を覚えてる。続きものになったりしてる。
 それと同時に、毎日寝汗をかく。
 一時期は全身にぐっしょり、シャワーでも浴びたのか?と疑うほどにかいていた。
 今はそこまでではないけれど、やはり朝起きた時に気持ち悪いくらい、自分が湿っています~やだやだ(笑)。

 夢のなかではあまり自由に動けない。
 状況の転換が早すぎて自分の思考と行動が追いつかないから。
 やたらエレベーターとかレトロビルとかばかでかいショッピングモールや古めかしい昭和な団地とか学校なんかが舞台設定だったりね。

 先日の夢は、息子を連れて旅行に出かけるというものだった。
 駅は高架下の古めかしい商店街を通った先に改札があり、そこから地下へ続くエスカレータがのびている。
 まず切符を買うのがいまどきありえない!押しボタンが丸くて、運賃の数字が張り付けてあるタイプの旧式な自動販売機。さらに、JRじゃなくて阪急電鉄と阪神電鉄と高速鉄道と神鉄の切符が同時に購入できるようになってます。
 いったいどこの駅なんじゃ?
 親子旅行のはずが、気づくと男女二人の監視者が我々の車両の前方の座席で、こちら側を向いて二人並んで腰かけている。女性の方の言い分は「わたしたちは監視人というより保護者ですから」。男性の方は眼鏡をかけていて、いかにも頭の堅そうなおじさんで感じが悪い。
 特急列車だと思っていると、なぜか東海道新幹線だったようで、我々の乗った電車は夜の新神戸駅に到着。
 息子はなにも食べずに電車に乗り込んだので、おなかが空いたと騒ぎ出したが、もう夜の11時を過ぎているので弁当屋がしまっている。
 息子がすきやき弁当がどうしても食べたいといい、叫び始めてしまう。
 すると、監視者の女性の方が、どこかへ連絡してあつあつのできたてすきやき弁当を持ってきてくれた。
 淡路屋のものではなくて、味の素のお弁当でごめんなさい、と謝られた。
 息子はそのお弁当で落ち着き、私はようやく監視者たちに感謝の気持ちを持つことができた。
 新幹線はそのまま新神戸を出て姫路駅に到着。
 姫路城はライトアップされていなくて見ることができなかったが、乗客たちに「夜が明けたらきれいな姿が見えるはずですよ」と教えてあげる。
 乗客は監視者も含め、このまま駅に止まった電車で朝を迎えることになっているらしい。
 なぜか神戸の須磨浦公園の波の音が聞こえ、松並木ごしに月明かりに光る海が見える。
 (だから一体どこなのよ?!)

 今朝がたのは、娘と海水浴に出かけるという設定だった。
 娘はもう10歳くらいの少女に成長していて、黄色の水着と水色の水着の両方をもって更衣室に入っていった。
 夢がさめてから、「そうだなぁー、もうあと数年したらいっちょまえの女の子になるんやなぁ」としみじみしてしまいました。

 どうもねぇ、夢がリアルで、日常の裂け目が垣間見えるようで、面白いような不安なようなこのごろです。 

育児ブログ・ランキング 

娘は実に腹黒い

 息子は現在小学1年生の平均身長を超えてしまい、パッと見小学校2、3年生程度に見えてしまう。
 なので、バスに乗る時も一人掛けの席に座る。
 他の誰よりも先に降車ボタンを押すことに命をかけている息子は、ボタンが押しやすい席に好んで座るので、私とは離れて座ることが多い。

 さて、先日娘も連れて出かけ、駅前からバスに乗車した。
 娘は背が低いので(デブだけど)、私と一緒に二人掛けの席である。
 その時は息子とずいぶん離れて座ることになってしまった。
 と、息子が何やらほっぺをふくらませて動かしている。

 即座に娘は
 「おかあさん、にぃに、何か食べてるよ」と目ざとく指摘。
 「んー、ほんとだねー、なに口に入れてるのかなー」
 娘「もしかして!さっきのパン屋さんで勝手に取って食べちゃったのかも!」 その発想に仰天した私が、
 「えええー!」つい叫んでしまうと。
 娘「シーッ!おかあさん、だめじゃない!他の人に知られちゃうわよ!」
 と、無防備な母を叱るのでありました。

 というか。息子はただ単に口を動かして変な音を出して喜んでただけなんですが。
 3歳で、そんだけのストーリーを作り上げられるアンタ、えぐいよ!
 兄ちゃんにはそんな発想、脳みそが溶ける位考えたって思いつかないよ!
 将来ライバルを汚い手で陥れることができるような悪女になるかもしんない・・・こわいよー!!

育児ブログ・ランキング 
 

尻を椅子にくっつけてくれ!

 今日は息子の幼稚園(といっても小中学校も合同です)の終業式でした。
 普段あまり会わない、小中学部の生徒さんや教職員の方々を見かけた息子ははじけてしまいました・・・。
 とにかくお姉さんが大好きで(まるでクレヨンしんちゃんみたいな奴です)美人に目が無い息子、中学部の女子生徒の席に飛んでいって、ひらひらひらひら、虫のように跳ね跳んでおりました・・・。
 ただでさえ、クラスでの朝の会や終わりの会の間も椅子に座っていられないので、式の間おとなしくしてるわけがないとは、わかっていました。
 ・・・わかっちゃいたけど。

 「次、校長先生の挨拶です」
 との進行役の先生の言葉のあとで。
 「校長先生って誰?どの人ー?」
 とでかい声で叫んで、失笑を買いました・・・母は顔から火が出る思いでおました・・・。
 毎回毎回行事ごとに挨拶してはるやろ!ええかげん覚えてくれ!っていうか、頼む、その良くうろつきまわる尻を、しばらくの間、ぺったんと椅子に張り付けておいてくれ。
 普通の学校みたいにだらだら長いスピーチってわけでもないねんから!

 ああー、明日から冬休み。子供は嬉しく親は苦しい冬休み。毎日ドリルでもさせてみようかと、買ってはありますです。ちょっとは椅子にちゃんと腰掛けることができるようになってくれー!

育児ブログ・ランキング 

放置の理由は

 まあたまた放置です。
 理由は「元気になったから」。
 なんじゃあそりゃー?
 パキ30にしてから、体調が良くてスイスイ体が動くのです。
 どうやら、今まで量が多かったのでしょうかねえ。
 てなわけで、チビたちの相手をし、幼稚園へ行き、少しずつ(ほんとーに少しずつだけど)不用品を捨てたり片付けたりしていたら、あっという間にチビたちの寝る時間で、寝かしつけてたら一緒に朝まで寝てしまって・・・の繰り返しな毎日。
 
 あ、それから「寒くなったから」という理由もあり。
 PC部屋は暖房が無いので激しくサムイのだ~。
 ああ指がかじかんでタイプしづらいわ。
 今日はほんとに寒いですね。と、意味のない記事を書いてみました。
 書きたいことは多々あるので、またいずれつらつらと。

育児ブログ・ランキング 

結論:もう治っとるぞ!

 先日愚痴ったばかりで何なんですが。
 個人的に、私の不調は単に気のせいらしい、と結論づけてみた。
 
 その結果に至る考察。
 30日夕、パキシル35と久しぶりにメイラックス5を追加。
 翌日は息子の幼稚園の焼き芋会で、焚き火。
 息子は興奮し、焚き火に夢中でまたしてもマイルールで動く。
 焚き火の最中、漬物石を口に押し込まれたような圧迫感を感じ、座り込みたくなるが我慢。

 午後、息子の個別指導を終えた後も、奴はまだ続いている焚き火に近寄って喜んでいる。
 確かに、燃え上がる炎を見ていると、何かしら気分が落ち着くわねー、と私も共に楽しんでいた。
 息子は移り変わる煙をよけたり、わざと近寄ったり、炎をのぞいてみたり、先生と一緒にうちわで仰いでみたりと、一か所に落ち着かないでうろちょろしてばかり。
 そして、バケツのそばに立っていた私が、油断して焚き火に見入っていたところ、どん、とぶつかってきた。
 わわ、バケツの水に足突っ込んじゃう!
 ぐらっとよろけた私を、副担任の先生が「おっと」とつぶやいて肘を支えてくれたおかげで、バケツの水を被らずにすんだのであるが・・・。

 どっきん☆

 と、私の胸が脈打った。
 
 えーと、おなじみのパニックで起こすような動悸ではなく。不整脈でもなく。圧迫感から来る、心臓飛び出しそうでもなく。
 たとえるならば、ベタな少女漫画で主人公が階段から落ちそうなところを、クラスで目立っている悪っぽい少年に抱きとめてもらったというようなシチュエーションで、「トキメキ」という言葉で表現される感覚。

 減薬症状でしんどい?
 鬱がぶり返すのが怖い??
 んなもん全部、自分の思い込みじゃ。
 去年の今頃は食べ物の味はわかるがおいしいと感じない、綺麗な景色にも感動できない不感症状態だったではないか。
 たかが、肘を支えてもらって、耳元でつぶやかれたごときで、

 どっきん☆

 と胸が鳴るってことは、すなわち、

 「ワレ、とっくに鬱病治っとるやんけ、ただのさぼりじゃ、怠慢じゃボケェーー!!」

 てことで。
 はい。昨日からパキ30です。今日はすっかり元気です(爆)。
 
育児ブログ・ランキング 
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。



ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード