透明なこころでありたい

わたしの中の冷血

 昨夜から突然娘が足(膝あたり)の痛みを訴えて大泣き。
 「どこかで転んだ?」とたずねても「絵本やさんで転んだ」「階段で転んだ」「お部屋でお兄ちゃんに突き飛ばされた」などと要領を得ない。
 昨日は保育園を休ませて3歳半健診に連れて行き、(たまたま幼稚園が休園日だった息子も一緒)ずっと側にいたので、そんなにひどい転び方をしたのを目撃しておらず、不思議に思っていた。
 ただ、最後に保健師さんと話しをしていた時、お兄ちゃんにくっついて顔なじみの保育士さんと一緒に出て行ったので(なんせ結局2時間もかかり、息子も娘も飽き飽きしきっていたので)、その時に転んだか何かしたのだろうか?でもそれだったら保育士さんが必ず教えてくれるはずだし・・・。
 足をみても、どこもどうも無い様子。青あざも腫れも無い。「痛いの痛いの、とんでけー」とおまじないをしてやるばかりだった。

 そして今朝、娘はやはり「足が痛いよう」と大泣き。
 今日は息子の幼稚園にどうしても付き添いで行かなければならないので、とにかく保育園に預けることにしたのだが、アパート2階の我が家から1階までたどりついた時点で「痛い、痛いよう、歩けない」と座り込んでしまった。
 普通に歩くのもびっこをひき、階段を下りたり、下り坂を歩いたりする際には激痛が走るようだ。

 気になってしかたなかったけれど、保育園の先生と看護師さんに事情を話し、様子を見て貰うべくお願いしてきた。
 しかし、息子の幼稚園についてから娘のことが心配でならなくなってきてしまった。
 元々私が鬱病とパニック障害(ごく軽度だったが)を発症したのは、娘が1歳の時初めて起こした熱性けいれんがきっかけである。
 ひきつけてチアノーゼを起こし意識を失った娘を抱きしめて、完全に気が動転した時のことは今でもトラウマだ。 

 息子に「きのう、はなちゃん転んじゃった?」とたずねると「うん、転んだ」と言う。
 「どこで?Y先生と一緒にいた時?」ときくと「うん、そうだよ」と言う。
 「その時はなちゃん泣いてた?」「うん、泣いてた」
 「エレベーターで?階段で?」「うーんと、転んだ」
 ・・・息子に過去の出来事を思い出して正確に再現させることはほぼ不可能だ。
 自分から思い出したことは限りなく正確に近いけれど、こっちから働きかけて再現させることは今の彼には無理。
 あれこれ、やり方を変えて昨日私から離れていた時の娘の様子についてたずねてみたが、結局何もわからないままで、こっちがイライラしてしまった。

 普段無理やりに押しつけている蓋が開いた、というべきか。
 「普通5歳を過ぎてれば、妹がどうしていたか位見ていたらちゃんと親に報告できるだろうに」
 「そもそも普通なら妹が怪我しないように面倒見てられる筈なのに」
 考えてもどうしようもない感情が渦巻いてしまった。
 頭痛が始まる。
 娘の膝の痛みが、なにか菌に感染してひどいことになってしまっていたのではないか、かつて私が娘の産後に原因不明の感染症で足首を腫らせて1週間点滴を続けたが、あんな大事だったらどうしよう。
 ああもう、息子がまともなら幼稚園の付き添いなんて必要ないのに。
 いらだちが治まらなくなる。息子への黒い憎悪が湧きあがる。

 幼稚園の中でよかった。
 先生方が、他の保護者の方がいる場所でよかった。
 雛祭り会で踊りを発表する筈なのに、先生方が心をこめて用意して下さった衣装を着ようともせず、ステージに上がろうともせず、他のクラスの発表にもよそ見をしている息子が、憎くて仕方なかった。
 頭痛はどんどん酷くなる。
 息子を殴り飛ばし、襟首をつかんで雛祭り会の会場からひきずりだして、蹴り飛ばしそうな自分を、必死で我慢していた。
 どうしても、まとわりついてくる息子をいつものように抱っこしてやれなかった。
 なぜ、どうして、おまえはそうなんだ?という、怒りだけが沸騰し続けていた。

 息子の幼稚園は、給食は食堂で先生方と食べて保護者とは離れる。
 うちの息子だけは、母子分離ができなくて「いただきます」まで私が付き添ってやらねばならなかったが、火曜日に食堂の入口で別れることができたので、今日もそうした。
 いつもは息子と手をつないで食堂まで歩いていくが、手をつなぐのも嫌だったのである。

 それから保護者控室で、年長組のお母さん方と一緒に昼休みの時間を過ごした。
 年長さんの妹で、2歳のかわいい女の子がいつもママと一緒に来ている。
 この子が超のつく美少女で(美幼児とでもいうのかな?)あれこれ遊んでいると気分も和んできた。
 数か月ぶりにソラナックスを服用して、頭痛とイライラを抑えることができ、再び息子と合流した時には、いつもの自分に戻れていた。

 結局娘の足は見た目何も変わらず、一時的なものか、成長痛の可能性が高い。
 安心したと同時に、自分の中には、やはりこれだけの冷血がひそんでいたのだと、あらためて確認させられた。
 理解し、愛情を増やしてきたつもりだった。
 でも、それで裏腹の黒い感情は消せたわけではない。ずっとある。
 これからも、噴出しかけることはあるだろう。
 それは、息子が息子であるのと同じように、私が私であるということと等しいのかも知れない。
 自分の中の冷血の存在を認める、けれどそれをぶつけるわけにはいかない。
 私は鬼子母神なのだろう。けれども、それをあふれさせるわけにはいかない。
 どうすれば、黒さを自覚しつつ、自分の内側に納めておくことができるのだろう。
 心底、自分のコントロールは難しいと再認識させられた。
 
 今回は、息子に暴言、暴力を現さずにすんだ。それがわずかながらの救いだ。幼稚園の終わりの会で、椅子と椅子の間に手を挟んだと泣き叫ぶ息子を抱きしめながらそう考えた。
 だって、やっぱり、こんなに愛しているのだから。 
  
育児ブログ・ランキング 
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村    
    
スポンサーサイト

息子への入れ知恵:悪知恵の一子相伝

 さあて、前回の日記で書いた玩具サカナマル。
 これが結構良くできていて、鞘からぬきはなったり、鞘に納めたりする時の音やら、振り回した時の音、最後に爆発音やらたまに「まいど!」「へいらっしゃい!」など寿司屋さんモードのセリフも入っていて楽しいです。
 娘は大喜びで振り回していると、こういった玩具に見向きもしない息子が寄ってきて、「貸してー」「だめ!これはなちゃんの!」と二人で取り合いに。
 結局大喧嘩。
 そうなると、気が強い娘も力が強くて遠慮しない息子にはかなわない。
 なんたって、力加減しない(できない)から、自分より小さい子相手でも本気でつねったりひっかいたり、である。
 その都度「ママー!」といちいち爆泣きして私に泣きついて来る娘をなだめるのも面倒だ。

 そこで、母は息子にささやいた。
 「あの玩具さー、今度はなちゃんが保育園に行ってる間に借りて遊ぼうよ。どうせぴよ蔵の幼稚園の方が早く終わるんだから、長い事一人占めして遊べるじゃない。内緒にしておけばわからないしさ」
 息子の目がキラーン☆と輝いた。
 「そっか、はなちゃんには内緒だね?」
 「そうそう、内緒。それだったら思う存分遊べるからね、だから今ははなちゃんに遊ばせてあげようよ」
 「うん、わかった」
 よしよし、これで取り合いは落ち着いた。
 この程度の悪だくみも、息子は自分で思いつくことができません。
 この母がこの世の裏側、世渡りの要領をしっかり教えていってやらねば(えええ?)!

 ちなみに娘はこれ以上の事を自分一人で思いついて行動することができます。天性の悪知恵です。
 だから、これは息子への一子相伝なのじゃ!
 
 と、悦に入っていたのですが、さて肝心のサカナマルが見当たりません。どうやら汚部屋のカオスに取り込まれてしまった模様です(爆)。やれやれやれー。

育児ブログ・ランキング 
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村    

ノルマ達成ならず(涙)

 で、先週。
 鬱だなんだとダラダラしてたおかげで、お片付けノルマの一週間8時間は未達成。えー。
 なんと、残り時間3時間5分。えー。

 ここでもう一人のわたくしが辛抱耐えかねて暴れ出す(以下赤文字別人格)。

 「こらぁぁー、何をたらたらしとんじゃ!あれだけ偉そうにお片付け言うといてこのざまかいや!」
 そ、それはそうだけどね、ほら、お雛様も出したし、流しの横も綺麗になったし・・・。
 「それやったん、おのれちゃうやろがい!相棒様やろが」
 そ、そうです・・・。
 「洗濯物の山片付いたんも、相棒様がせかしてくれたおかげやろ?せやな?」
 はい・・・えとえと、でも私もちぃっとは・・・。
 「ちぃともなんともしとらんわーーーー!!あほかー!ドタマかちわって脳みそぶちまけたろかー!」
 そんな乱暴な・・・。
 「まあおのれどついたらわしの体が痛いだけやからのうー、しゃーない。今週ノルマ達成できるまでチョコレート禁止じゃ」
 ええええー?! 
 「ったりまえじゃ!残り3時間5分を今週の8時間にプラスしてやな。合計11時間5分、これだけ片付けんかぎり、チョコレートもチョコレート入りのビスケットも、チョコレートケーキもエクレアも、とにかくカカオマスを使用したもん一切食うの禁止。わかったな!」
 うわーん!!
 「泣いてる間があったら、このけったくそ悪い部屋をどないかせんかーーボケダボカスーー!」

 ・・・ということになりましたので、一心不乱にお片付けして参ります。
 えーん、こないだ買ったイチゴ味のカントリーマアムがぁぁー(涙)。

育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

息子の目線:家電製品の選択は任せたナリ

 昨日、用事で近所のヤ●ダ電機に行きました。
 相棒が必要な部品の取り寄せなどをしている間に、私はチビ二匹とキッズコーナーへ。
 息子はそこで似た年齢の女の子と追いかけっこして遊んでいましたが、娘はすぐに飽きておもちゃ売り場へ。
 付き合っていた私は、ふと見つけました。
 おてんば娘が前から「買って、買って~」とねだりつづけていた、侍戦隊シンケンジャーのシンケンゴールドの武器、サカナマル。
  ↓
 
侍戦隊シンケンジャー 斬撃勘定刀 サカナマル侍戦隊シンケンジャー 斬撃勘定刀 サカナマル

バンダイ 2009-06-13
売り上げランキング : 265
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これねぇ、デザイン的に私もオモシロかっこいいな~と思っていたし、シンケンジャーの番組時代も面白く見ていたので、まあ買ってやってもいいかな?と考えてたけど、お値段が~。三千円もするものをおいそれと気安くは買えませんがな。
 という訳で、あきらめさせていたんでしたが、なんと、TV放映が終わり新番組が始まったことによって、480円という、捨値で並んでいるではありませぬか!!
 うーん、新品のおもちゃというのに、こんなにダンピングされて気の毒に・・・。
 昭和一桁生まれの母親に「もったいない」を仕込まれて育ったわたしには、このサカナマルが不憫でなりませぬ。
 「パパが買ってもいいと言ったらね」と娘に言って、相棒を探して仔細を報告。
 すると相棒は珍しく、「んじゃあパパと見に行くか~」と娘の手を引いておもちゃ売り場へ。
 
 一方、商品の冷蔵庫のドアを開けてはいちいち中を確認していた息子は、今度は洗濯機売り場でフタを開けたり、洗剤入れを引き出して穴を確認するのに夢中。
 ドラム式の洗濯機の中を覗き込んでは「ねぇねぇ、どこから水が出てくるの?」と聞く。
 いやー、我が家は今年で8年目の洗濯機ですから、そんなんわかりませんがな。
 商品説明のDVDの画面を見て、「これが回って洗濯するんだね!」と興味深げ。
 さっさとパパにくっついていった娘と違い、いつまでも洗濯機に執着していて離れない。

 そこへ、店員さんが「商品をお探しですか?」と登場。
 ううっ、うざいガキが触り倒しやがって、迷惑なんじゃ~!と思われたんかしら、早々に立ち去らねば!と母はあせりつつ、「すいません、息子がさわりまくって~。でも、最近の洗濯機はドラム式が主流なんですねぇ~おほほほほ」と後ずさり。
 そして「ねー、新しいのに買い替えるんだったら、ぴよ蔵はどれがいいの~」と息子に話しを振りました。
 息子がきっと「ええとええとー」と迷うだろうから「そうねー、色々有りすぎてわからないわねー、じゃあパパのところに行きましょうー」と、とっととその場を去る作戦。

 ところが案に相違して、息子は「これがいい!」と即答。
 「え?どうして?」と聞くと、「底の回るところがかっこいい!」と言う。
 横で見ていた店員さんがすかさず「ああ、これは底のパルセーター(洗濯槽の底で水流を巻き起こす回転羽根)が波打った形なので、強い水流が起こせて少ない水でしっかり汚れが落ちる、節水タイプなんですよ」と説明。

 えええー?と底をのぞきこむと、確かに見たことない凹凸がついた形。
 なんでも、同じ量の洗濯物を洗う際に他メーカーのだと130Lの水を使うところ、その洗濯機だと95Lで済むらしい。
 私はぼんやりデザインとか、取り出し口とかばかり見ていたのに、全然違うところを注視していたとは!
 さすが、どこへ行ってもトイレや洗面台の排水溝を確認しまくっていただけのことはある。
 すごい、すごいよ我が息子!←(親バカ)
 これから我が家で家電製品新規購入の際には君の意見を必ず伺うことにするぞよ~。

育児ブログ・ランキング 
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

階段の踊り場が好きだにゃー

 阪神大震災を経験して、3日間ほど避難所や市役所で生活した経験者であるせいか、建物の中でちょっとしたスペースを見つけると「ああ、これぐらいあれば寝起きできて生活できるな」と考えてしまう癖があります。
 まあ私の場合、体育館に2晩、市役所の受付の前に1晩しかいなかったので大した経験じゃありませんけどね。
 友達は生協の寮のエレベーター横でしばらく家族で生活してました。
 寮生たちがエレベーターを使うたびに目が覚めてしんどかったそうです。
 市役所の受付前も、市の職員の方が必要書類を取りに来たり、市の電話を個人の連絡につかうあつかましい人たちがいたりして(いやーかなりの電話料金がかかったと思うねぇ・・・まだ携帯の普及していない時代だったから)、寝ている真横をづかづか土足で通られたりするので、非常に厳しい環境でした。
 ホームレスって本当にしんどいんですよ、しみじみ体感しました。

 なので、一番落ち着きそうなのはやっぱり非常階段(外階段はダメだよ)の踊り場だよなぁ~と思ってしまいます。
 上下に高さの空間があるので圧迫感が無いし。
 ビルの階段だと踊り場には結構なスペースがあるから、2階分だと4か所とれるし十分寝室、食事スペース、収納と生活できるな、なんて本気で計算してみたりしてね。

 そう、わたしの理想の居住空間ってものすごいミニマムかもしれません。
 カプセルホテル的なのが憧れだったりします。
 あまり動かずにストレスなく、必要なモノを取り出して使ったらすぐに収納できる。
 飛行機とか船とか乗り物の水回りって本当に機能的ですごいなー、と思います。
 
 お片付けを続けてモノを減らし、スペースができるようになったら今度はストレスのない動線の工夫を考えてから収納を考えるようにしないとなー。
 わ、なんて身の程知らずなたかのぞみなのでありましょうか(爆)!!
 
 そしていつか階段の踊り場を自分のお気に入りコーナーにして、まったりのんびりお茶飲みながら本読む空間にすることができたら最高なんだけど。
 ついでに猫を抱っこしながらね♪

 と、アパートの汚部屋の一室で妄想をめぐらせる人生後半戦の女いっぴきのひとりごとでございました。
 お伴はこちら↓

人間椅子 (江戸川乱歩文庫)人間椅子 (江戸川乱歩文庫)

春陽堂書店 1987-06
売り上げランキング : 159002
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 乱歩の小説はこの時代に読むとかなーり設定に無理ありすぎ、それでもってそんなにグロテスクってわけでもないのだけど、独特の古めかしい擬態語とか擬音語とかがカタカナでなんともエロい感じを醸し出しますね。
 表題作も「そんなんあるかー!」ってツッコミたくなるオチだけど(苦笑)。

 それにしてもこのカバー絵、素敵すぎ♪

育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

何日ぶりの読書感想?

 今日も鬱鬱。吐き気腰痛腹痛でだるだる。
 午後から脳みそが働いてきましたが、チビたちがまとわりついて(大体娘ですね)落ち着きません。まったく。
 いやいやいや、私が悪いのだよ娘。当たり前ですわな、全然遊んでもらえないで家に閉じこもりなんだから。
 すまん。明日から必ず復活するからな。今日はパキシル25に戻すから。

 という母子共々やけくそな夕方でございますが。
 ランキング登録カテゴリーに沿った記事を一つアップしましょうね。はい、ほっかたかしにしていた読書記事。

 いったい何日ぶりでありましょうか?(自分でもわからんわ)

ゆらぐ脳ゆらぐ脳

文藝春秋 2008-08-07
売り上げランキング : 121155
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 息子がらみで脳の仕組みに興味を持っておるこの頃でありまするが。
 TVでご活躍のM木先生の著書を一冊読んでみましたところ、わたくしには「ただの自慢」にしか思えませんでしたので(はいはいはい、僻みです、勉強嫌いやった阿呆の僻みでおます)、他の方の著作を読んでみたかったのです。

 それと、鬱満開だった昨年、やる気をだそうと別の本(実用書)を買ってみたのですが、そっちは途中で挫折してしまいました。(なんでやー?)で、同じ著者(共著だったっけ)の方のこちらの対談インタビュー本を読んでみたのでございました。
 いやー、脳みそが科学的にできていないので、読了するまでに時間がかかりましたが、楽しめました。
 
 世界で最前線の脳研究者の方なのにもう謙虚だったら。
 「脳はわからない」「科学では因果関係は証明できません」「科学の実験は再現性が必要なのに、脳には恐ろしいほど再現性がないのです」などなど弱音ともとれる発言の連続。
 「脳力を鍛えて仕事に生かそう」「ボケ防止のために脳を活性化させよう」なんて前向きな目的でこの本を手に取った方々を、がっかりさせること請け合いです(爆)。
 なんたって「科学実験には『前提』を信じきる強い信念が必要です」など、科学とは真実を見極めて行く作業だと思っていた私にとって、科学もある意味中世の錬金術と変わらないという、目からウロコな視点を与えて下さったりと本当に刺激的かつ脳みそがゆらぐ(笑)面白本でありました。

 そうそう、この本が発行されたのはもう2年前ですが、30年近く前に提出された「女性の脳梁が男性のものより太い」という論文を基に「だから女性は右脳左脳の連携がスムーズで言語能力にたけている」という説明がまかりとおっているけれど、その後再測定がなされて今では男女の脳梁の太さに差がほとんどないことがわかっているのだそうです。脳に性差は確かに存在するが想像されるよりずいぶん小さいものだそうで。
 未だに「男性脳、女性脳」の違いに基づいた意見があちこちで氾濫していますけれどね(私も信じてた)。
 これは科学の発見が伝えられる際には大衆受けするネタが広がりやすいのに対し、その後それを修正するような結果がでてもメディアはそれを扱わないということが多いからだそうです。
 いやいや、この本でメディアの世論操作の恐ろしさに気付かされるとは(笑)。
 ともかく、色々と勉強になる良書ですので、脳の世界に興味をお持ちの方はご一読を。おすすめであります。

育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

お片付け記録

 えと。
 頭痛とやる気なしなしモードで今日は全滅かもしれないので、これまでの遅々たるお片付け記録を一応アップ。
 これ以上モチベーションさがると今後の命運に関わるし(汗)。

 今週から毎日1時間×7日+1時間で、8時間をお片付けと掃除ノルマに。
 長時間タイマーにセットしました。
 「えー、なに?たったそんだけの時間なの?それじゃ家はキレイにできないわよ!」とお片付け好きな方々はおっしゃるでしょうが、これでも結構きびしいのですよ、ワタクシの場合(汗)。
 
 昨日はチビ共が自宅にいたので1時間半のお片付け。
 ちまちま片付けに終始しましたが、それでも手を動かさないよりはマシですから。
 この地道な繰り返しが、いつか大きな成果を結ぶはずと信じて。
 効率よりも、技術よりも、方法論よりも、今のわたしに必要なのは「継続力」。
 とにかく、あきらめないこと、それだけです。はい。
 鬱に負けるな。とにかく捨てろ。

 で、捨てたもの。
 子供が生まれる前にやってた、新聞のスクラップブック4冊、古いカタログ、子供の靴、段ボール箱、子供たちの靴下2足、子供のTシャツ、移動のため荷物を仮入れしてた紙袋、古いミニタオル2枚。

 目下1月と2月の合計で捨てたもの50。
 あうー、今年中で2010個処分への道は果てしなく険しいね・・・。

育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
 

教訓:天気の悪い日は要注意

 しまった。
 ここんところ順調だったので、うっかりしてた。
 
 先月末から、服用していたパキシルを30mgから20mgに減らしていきつつあったのだけど、いきなり10減らすのはつらいので(40→30に減らした時に経験済み)、10mgの錠剤をハサミで切って、25mgの服用をしばらく続けて慣れてから20に・・・という方向でやってました。
 家族のインフルエンザや風邪などでバタバタし、その後はお月さまがやってきたのでなかなか20に切り替えられなかったのです。
 そして、身内の不幸。

 やっと落ち着いたけど、疲れだかなんだかで昨日は寝坊してお休み。
 しかし、しんどかったのは朝だけでそれなりにお片付けもできましたし、「よっしゃ、明日からがんばろー」と気合を入れ、昨夜からようやく20mgにしてみました。

 アホやからねー、喉元過ぎたら熱さ忘れるの典型やからねー、こんな天気が悪くて寒い時は、体調悪化するってことをやね、コロッと忘れとりまして。
 朝、起きたはいいが。
 下腹部痛、異様な腰痛、胃のむかつき。ああ、だめだだめだだめだのリフレイン(汗)
 おわー、また鬱戻ったぁぁぁぁ(泣)
 チビたちに謝りつつ、幼稚園と保育園にお休みの連絡・・・なんちゅうかね、メンタルな病って、普通の病気と違って回復してくるとどんどん元気になるっていう訳には行かない。
 ずこーん、と落とし穴にハマるね。くそー。
 おまけに、午前中だけ眠ろうとして布団にもぐりこんでも、チビたちが邪魔して寝かせてくれない・・・やーめーてー(泣)。
 
 しかし、こういう時に無理して動くとぶり返してしまうのは経験済みなので、さぼりまくることにしまして。
 明日以降にのぞみをつなぐべく、だら奥復活。

 ♪三歩進んで五歩さがる~♪

育児ブログ・ランキング 
 

息子、天然系。

 息子は最近何かしゃべるたびに大人を笑わせてくれる。
 本人は「笑わないでよ」と言うのだが。

 先日の会話。
 夕食時、納豆を食べようとかきまわしてる私に向かって、あれこれうるさい息子。
 「それは納豆のたれ?これは納豆に入れるの?これはカラシ?」
 はいはい、そうですよと受け流しつつ、納豆にたれを入れる私。
 「ねぇねぇ。どうしてカラシは黄色いの?」
 「そうやねぇ、なんで黄色いんかなぁー、なんでかなぁ?」
 それでは納得してくれません。
 「カラシはなんで黄色いのかな?」
 「うーん、ママは知らないからカラシに聞いてみて」
 息子、カラシの小袋を見つめつつ、大真面目に。
 「・・・だって、喋らないよ???」
 母、ウケました。

 せやね、カラシが返事したらびっくりするね、確かに。

育児ブログ・ランキング 
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

それは言うてもわからんのよ・・・

 さあて、本日はわたくししっかり寝坊致しまして(滝汗)。
 幼稚園保育園ともどもお休みしました(くぉらーーー!)。
 なんですかねぇ・・・今回相棒身内の不幸に関しては何一つ関わらず、出かける訳でもなく、ただお留守番をしてただけやったんですけど、なぜか疲れてた。
 鬱病全面回復、パンパカパーンー☆とまではまだいかぬようであります。難しいのぅー。
 
 で、息子、今回相棒実家で過ごして思ったんですけど、環境変わるとすっかり子供返りしちゃうねぇ。
 3歳児時代に戻って、わがまま放題でした。やれやれ(苦笑)。
 今回遊びに行ったのとはわけが違って、大好きなおじいちゃんもおばあちゃんもお姉ちゃんも早くから出かけて遅くまで帰って来ないし、どこにも出かけられなくてつまんないし、でストレスたまったんでしょう。わかるけどね。

  幼稚園の先生は、離席してふらふら勝手な行動をとったり、何かでパニックになった子供たちに対し、いったん彼らの行動の意味を確かめてから、「それならここで見ていてね」「じゃあ先生のお手伝いをして」などと、子供たちが興味を持って参加できる行動に誘導してくれます。
 それで子供たちは落ち着いて、時間が経って気が済むと、席に戻って皆と同じ行動に参加できたり、離れたままの場合でも皆の行動を邪魔しないでいたりできるようになる。

 でも、普通の大人はそんなことしてくれませんわな(笑)。
 行動に対して「ダメだよ!」の静止が先立つ。
 勿論日常接している私も「こらー!」と叫んでばかりなんで、息子も慣れております(爆)。

 そこで、「ちょっと大きな声で厳しく叱りすぎて、息子をびびらせてしまったか?」と反省した父親が登場。
 はい、相棒ですね。
 帰宅途中の車中で、丁寧に「ぴよ蔵がわがままばっかり言うと、みんなが困るんだよ、ぴよ蔵だって静かにしていたい時に、他の誰かがうるさく騒いで叫んだり、叩いて来たりしたら嫌だろ?嫌なことする相手は嫌いになるだろ?ぴよ蔵はみんなに嫌われてもいいの?だからちゃんとママやパパの言うことを聞かなきゃいけないんだぞ」
 と説明していました・・・。

 その説明、3歳の娘にならすんなり受け入れられたであろう・・・そして今後叱った時に「パパにああ言われたっけ」と反省するよすがになるであろう・・・んが。残念ながら、発達障害の息子には理解不能・・・。

 息子は言語能力がそこそこある。ちょっとぎこちないが会話で意思の疎通はちゃんとできる。善悪の判断もできる。
 でもねー、彼は「自分」と「自分以外」の境界線がわかってないんよー。
 それから記憶を時系列に沿って整理することもできないのよー。
 その場で叱るなら、すっと覚える。記憶力はいいから。

 でも、後から叱るのは難しい。まず、叱られてるのがいつのことなのかを思い出して、その中のどの行為を対象にされてるのかを選び出して、さらにその行為の何がいけないのかを納得する。
 これだけのプロセスをたどるのは、無理!なのである。
 さらに加えて「自分と他人を置き換えて想像する」なんてもう絶望的に無理(爆)。
 なんたって、動物やモノを擬人化することに激しく拒絶反応を示すやつなのだからねぇー。
 娘と「ママの親指にアカギレが出来て、親指さんが痛いって言ってる」とかしゃべっていようものなら、必死で「親指に『さん』はつかない!!」と絶叫する奴ですから・・・。

 思うに息子は、自分が何なのか、うまく把握できていないと思う。
 怖い夢を見ていつまでも泣き叫ぶのは、夢が自分の心の中だけに存在するものだとわかってないからだ。
 彼にとって夢は自分の外部から襲いかかってくる、謎の恐怖なのだ。
 
 自分が何かを把握できない子供に、他人の気持ちを思いやれ、というのは果てしなく難しいものだ。
 自分が今何をやったのかも忘れちゃうのに、他人の気持ちと言われても???だろう。
 叱る時はわかるように、その場で、意味をちゃんとわからせて。
 でないと、本人は何がなんだかわかんなくて、右から左~。で、同じ事の繰り返しなんだなー。
 
 そして、そんなにタイミングよく冷静に叱れないダメな母親は、「やかましわー!あかんもんはあかんのじゃー!」と叫び続けて消耗しておりますのです。
 やれやれー。でもまあそれなりに毎日楽しいよ。おもろいしね。ま、しんどいけど。 

育児ブログ・ランキング 
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村    
 
 
 
   

ついに糖尿か・・・(汗)

 本日相棒実家より帰宅しました。
 ああ、片付いてなくて汚くて狭い家だぁー。
 よそから帰ってくるといつも思うのだけど、しばらくすると目が慣れてなんとも思わなくなる罠。
 いかんいかん、今年こそはこの罠から抜け出さなければ。ば。

 そして、10日前に受けたメタボ健診の結果が郵送で届いていました。
 ひっかかってるのは、LDLコレステロール134、空腹時血糖101、HbA1c5.2、が高い。
 貧血検査で血色素量12が低い。
 一応メタボリックシンドローム判定は非該当で済みましたが、血中脂質、糖代謝、貧血の三項目で日常生活要注意の黄色信号が点灯しちゃいました。うう。

 貧血の方は毎度のことで。大概いつもこのヘモグロビンがひっかかる。が、やばいというほどの低さでもないので、まあ気にせず。

 んがしかし、悪玉コレステロールが基準値119以下なのに結構はみだしてます!
 さらに空腹時血糖も99以下HbA1cは5.1以下が基準。
 まあこっちはちょいはみ、ぐらいで済んではいるけど。
 母の家系が糖尿なんですよねぇー。母を含め、祖母も母の妹たちも全員発症してるし、あげく母と末の叔母がインスリン注射してます。
 いやー、要注意であります。
 掃除し、整理し、片づけなければならないのは家だけでなく、おのれの体も同時進行でやっちゃわなければ。
 
 来週から、長時間タイマーで毎日お片付け時間を1時間ノルマ、と考えていましたが、体を動かす時間もノルマにしなきゃいかんなぁ・・・。
 うむ、どうすれば家も自分もスッキリ!できるのか。考えなければ。

 てゆーか、体重が大台突破してました!!妊娠中以来だわよ!やばすぎですよ!どうするどうする!!

育児ブログ・ランキング  

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 

2010個処分への道

 そだそだ、今年は2010年だから2010個のモノを処分するぞー!って宣言もしてたんだった。
 ただ今一月中に30個、二月に入ってから9個の品物を捨てました。
 少なっ!
 ええ、勿論メモしてた分だけなので、実際はもっと処分しておりますよ。
 それから日常の消耗品とかは数えてませんから(当たり前だ)、ゴミはよそのご家庭よりもかなーり多い部類かと。
 結局モノの買いすぎなのよね・・・(反省)。

 ユニクロの着古したジーンズ。
 同じタイプのを新しく2本も買ってるのに、はかないまんま放置してたのをポイ!
 実家を整理した時に持ち帰っていた母親の服・・・もう着ることないタイプのを3着ポイ!
 チビたちのもう小さくて着られなくなった服・・・他人様にあげられる状態じゃないくたびれたのを8着ポイ!
 独身時代の靴も2足、玄関でかさばってた空き箱2つ、ポイ!

 まあこんな感じで、今まで「視えていたけど視ていなかったモノ」たちをあえて「視る」ようにして、処分していくようにしています。
 なんかねー、汚部屋が当たり前になると「どうしてこんなとこにこんなモノが?」という疑問が消えて「前からある風景」に同化してしまうのが恐ろしいですね。ほんと。人間って自分が都合よく生きていける脳みそを持ってるんだなぁー、としみじみ思うです。

 さてさて、どうしようもない本たちもいっぱい発掘しました。
 捨てようかなー、図書館の交換本コーナーに持っていこうかなーと考え中。
 考えてるうちにまた、「前からある風景」になりそうでコワイ・・・。

育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
 

お片付け戦線、緒戦にて停滞中((やっぱり!)

 前回アップ時、豪語しましたお片付け大作戦。
 みなさまにお尻ぺんぺん叩かれたおかげさまで、床の可視率は60%超えを維持できております。
 それから、テレビ台の下に埋め込まれていたおもちゃやら写真やらを発掘し、埃ごと除去いたしました。 
 洗濯物の山については一進一退を繰り返しつつ、不要な服やらおもちゃやら、ちまちまと処分できております。
 ただし、一気に「どかーん」と進展!これぞビフォーアフター!には程遠いです。

 さらに、私の伯父、相棒の叔父と続けて不幸が重なり、数日間留守をすることに。
 出かける前にもう少し片付けられるといいんだけど。

 ところで、お片付けのための心強いアイテムをご紹介。
 長時間デジタルタイマーでございます。
 一般的なキッチンタイマーは大抵99分99秒までしか計れませんが、私が持ってるのは99時間59分59秒までつまり4日と4時間弱まで計れちゃいます。
 わたしのようにズボラで片づけを後回しにしてしまう人間の場合。
 せめて一日一時間とかノルマを決める。
 一週間分七時間とセットする。
 一週間トータルで目標が達成できたか、いちいちその場でキッチンタイマー片手に計測し、メモをとらなくてもいいのです。
 「今からやるよー、ボタンをぽち」「もうやめたーボタンをぽち」でおっけー。

 月曜は忙しくて片付けられなかったけど、水曜日はがんばって二時間半やったよ、という風に融通がきいて、今週は一週間トータルでのノルマ達成できたとかが簡単にわかる。
 人間、達成感を感じるとやる気が出るので、次のお片付け作戦へのモチベーションも上がる、というわけです。
 
 実際、この方法で以前はお片付け、それなりにがんばってましたが、汚部屋脱出途中でタイマーの電池が切れてしまい、そのまま汚部屋生活に逆戻り(らしいよねぇー)・・・だったので、今度は必ず汚部屋脱出できるまで電池を切らさぬよう、電池を買いためておく所存です。

 それでは、週明けには帰宅しますので、来週からのお片付け報告をお楽しみに~♪(って誰に言ってるんだわたし?)
育児ブログ・ランキング  

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 

やっぱりちがう。だからこそ。

 突然やたらとブログランキングに参加してしまいました。勢いで(笑)。
 どうしてかと言いますと、まあやっぱり息子を育てて早5年半。
 今まで知らなかった世界の扉を彼によってこじあけさせられたと申しますか。
 息子を通じて得た色々な貴重な経験をもう少しちゃんと綴るべきかと思ったものですから。

 発達障害。
 言葉を話さず、手をひらひらさせたり、ぴょんぴょんその場で跳びはねたり、ミニカーを並べて遊んでばかりだった3歳すぎの息子につけられた診断名は、自閉症スペクトラム。
 乳児のころは、「歩くようになればラクになるだろう」
 歩くようになれば「おしゃべりするようになればラクになるだろう」
 おしゃべりしだしたら癇癪がひどくなり「もしかすると一生ラクできないのでは」
 ・・・そう思い続けた子育ての毎日でした。
 最近は・・・まあやっぱり面倒くさいことが多いけれど、こちらも慣れてきたし、息子もずいぶんと成長してくれたし、毎日のやりとりがほんとうに「こいつ、面白いなぁー!」と笑わされることが多くなって、楽しくなりました。

 息子が3歳の頃に参加した、病院の発達障害の親の会。
 当時幼稚園児の発達障害の子を二人かかえる明るいお母さんが「ほんとうに奴らを見てると面白いっていうか、楽しいのよー」と笑って話しておられました。
 その時は、「この人は子供の障害を受け入れられて本当に前向きな人だなぁ」と思っていただけでしたが。
 実際、息子の成長をみていると実に面白いのです。
 「な、なんでそうなるの!?」って。

 思い返せば、自我が出てきて主張が激しくなってきた3歳半ばが一番キツかったかなぁ。
 まあ今はまだ就学前。来年以降が親子共に本番でしょう。
 そうやってまた「キィィーッ」となってしまった時には、このブログを読み返して「ああそうだ、この子はやっぱりちがうんだ、無理やり合わせようとするのは間違いなんだ」って冷静になれるようにしたい。

 さて、2歳下の娘は定型発達。
 こちらも3歳半をすぎて、すっかり人間らしくなりました。
 というか、育児雑誌やら育児ブログでよく言われている「子供と散歩すると本当にたのしい」とか「子供と遊ぶのが一番のたのしい時間です」っていうのが、実感としてよくわかる!
 いわゆる普通の子育てって、こんなに「ラク」なのね!
 
 普通の子供は相手に共感しようとする。
 親のすることを真似てみせ、「どう?」と自慢げに親を振り返り、称賛を求める。
 見ていて、文句なくかわいい。
 そのしぐさが親の愛情を喚起させ、自分の所属する集団に受け入れてもらえる行動だと、本能的にわかっている。
 発達障害を持つ子は、共感がわからない。
 ひたすらに自分の興味あることを繰り返し主張するだけで。
 そして、親の感情や期待には殆ど見向きもしてくれない。
 はっきり言って、育てる側も感情移入しにくいし、よくわからないし、交流するのも難しいし、大変なのである!

 子供はみんな同じ。それぞれに成長する。
 もちろん発達障害の子供も成長していく。
 けれど、それはあくまで彼らなりの成長の仕方であって、親や周囲の期待があてはまる成長の仕方じゃない。
 そこをわきまえていないで「子供はみんな同じよ、誰だって適切な環境と愛情に満たされれば、どの子も同じように素晴らしく成長していくものよ」という言葉を使うのは間違いだ。
 「子供は誰だって適切な環境と愛情に満たされれば、素晴らしく成長していくものよ」なら、それはその通りだと思う。

 だからこそ、発達障害の子を持つ定型発達の親は、自分を誇らしく思うべきだ。
 こんなに大変な子育てを毎日繰り返してるのだから。
 自分の発想にはまるであてはまらない、理解不能な我が子の行動を日々観察し、それが何ゆえのこだわりなのかを考え、どうすればよいのかを考え、高まる怒りの感情を抑えつけながら子供に接する。
 さらに、軽度であれば見た目は普通の子供と同じだから、理解のない周囲からの「育て方がよくない」「愛情がたりない」などと勝手な事を言われる人もいるだろう。
 実際、観音菩薩様、地蔵菩薩様に等しい無私と慈愛の母親像ではないですか!

 かといって、理想の母親にそうそうなれるものでなし(爆)。
 ただ、わきまえていたいのは「この子はやっぱりちがう。だからこそ」という気持ち。
 「だからこそ~」の後に続くのは母親それぞれで異なるでしょうけれどね。
 こうあるべき、って押しつけるものでもないだろうから。
 ただ、自分自身を責めず、子供も責めず、「やっぱり他の子たちとはちがうよねー、だからこそ」を口癖に、したたかにしぶとく子育て生活を乗り切っていけたらなぁ、と考えている。

育児ブログ・ランキング 
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村    
 

本日のお片付け開戦

 天気もよくなって参りました。あったかいし。
 さー、このどうしようもない部屋を少しはどうにかするかー!

 うちのブログ、画像が無いのでわかりにくいと思いますが、今の状況は、よくテレビに出てくる汚部屋そのまんまです。嘘偽りは申しません(自慢か)。ただ、ゴミだけは相棒により処理されています。

 流し台に汚れたお皿てんこもり。
 電子レンジのドア開けっぱなし。
 
 居間にある食卓がわりのコタツテーブルの上には、チビたちの昼食後の皿、ヤクルトの空容器、ティッシュ、使用後の丸めたティッシュ、子供のおもちゃ。
 居間の畳の上には、シーツをはぎとられた相棒の布団、チビたちの食べこぼし防止のためのレジャーシートがどどーんと広がって、あちこちに罠のようにミニカーがばらまかれてるし。

 ダイニングテーブルは巨大なゴミ乗せ場と化しており、テーブル下は広大なゴミ置き場にしかみえません。
 必要な物が納めてあるのだけど、ごちゃごちゃと積んであるから見苦しいことこのうえない。
 玄関あがってすぐには空の段ボールが意味も無く2個並び、息子の新しい上履きがそのうえでばらけてる。
 食器棚の前には段ボール、脱いだジャケットなどの上着が丸めててんこもり。
 もうじき、食器棚のメイン部分の扉が開かなくなりそうな積み上げっぷり。
 私とチビたちの寝部屋は布団がしきっぱなし、取り込んだ洗濯物がごちゃごちゃ山盛り。
 自然豊かな田舎暮らしゆえの、蜘蛛の巣にひっかかる埃があちこちの部屋の天井にぶらさがってる。

 そして、最悪のこの、パソコンが置いてある魔窟にいたっては・・・もうじき天井まで物が届きそうよぎゃあああー。

 ああ・・・我ながら書いてて気分悪い。そりゃ相棒も鼻炎になるはずだよ。
 
 ただ今から床の可視率60%をめざして(謙虚でしょ)、重たい腰をあげてきます。どっこいしょ。
 
 首にはタオル、片手にペットボトル。次回ブログアップ時、2010個のモノ処分に向けて、いくつ片が付いてるか、ご期待下さいませ。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

汚部屋を解消していくぞ~っと(今度こそ!←何回目?w)

 今年も早1ヶ月強過ぎましたのぅ。
 今年こそ、汚部屋を片付けて、さっぱりした生活を送るのだぁ!!・・・と、毎度おなじみな固い決意を立てたものの。
 私を含めた家族の体調不良その他で、ますます汚部屋度がアップする有様。無残。
 なので!
 家族も体調回復したことですし、未処理の書類は山積み(ってか、どこにあるやら:涙)ですし、今日ただ今から、今度こそ、今度こーそのおかたづけ作戦開始です。

 応援はいらない。罵声を下され(そのほうがやる気がでそうなので)。

 1月中に、でかい段ボール箱を2箱片付けたんですがね。
 もっともっともっと捨てなければ!整理しなければ!2010年、2010個のモノを処分するぞ!今日から地道に数えますですぞ~。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

ふと替え歌を思いついたので

 昨日は節分でしたね。
 我が家は相棒が先週末からインフルエンザに罹り、今週ずっと仕事お休み。
 合わせて念のため様子見で、チビたちも自宅待機。
 相棒は40度の高熱と体中の激痛に悩まされていたものの、チビたちにはうつらなかったようだね、と安心して今日から幼稚園と保育園に復帰させようかと思っていたら、昨夜から娘が発熱。
 そんなこんなで、昨日の豆まきはおかんが一人でさびしく「鬼は~そと~、福は~うち~」と唱えながらやってました。
 なんか盛り上がらないのう、と思ったので替え歌作りました。

 「鬼のパンツ」(『フニクリ・フニクラ』ですね)のメロディで。

♪おかん~のパンツは安いパンツ~♪
♪二枚で~500円~♪
♪綿100パーで出来ている~♪
♪二枚で~500円~♪
♪ひとつき履いたら穴が開く~♪
♪二枚で~500円~♪
♪いちねん履いたら破れちゃう~♪
♪二枚で~500円~♪

♪安い安いおかんパンツ♪
♪でかいでかいおかんパンツ♪
♪ぶよぶよお腹もでぶでぶお尻も~~すっぽり入るおかんパンツ♪

・・・こんな替え歌歌いつつ一人豆まく44歳。笑えるぜ。

育児ブログ・ランキング 

母ちゃんはパンツを買うた

 昨日、スーパーへ出かけ、息子の新しい上履きと娘の靴下、そして自分のパンツを買った。
 息子のやつ、5歳にしてもう足のサイズが19・5センチだよ・・・とほほー。
 来年の小学校入学では、何センチの靴を履くことになるのやらー。

 パンツは2枚買いました。
 いちおう履けるパンツが6枚あるので、これで8枚。
 お片付けの鉄則は「新しく買った分だけ古いものを処分する」ですよね。ええ。存じております。

 しかし。買ってきたのは2枚で480円のパンツ。
 家にある、出産後腹がたるんで履けなくなったパンツたちは、全部1枚千円以上しましたの。
 まだまだ綺麗なままのレース。光沢のある生地。それなりのデザインでそれなりの美しさを保っております。
 モノによっては二千円以上したのも・・・。
 絶対に捨てられません!!

 それは、いつか新しいキケンな恋が訪れるかも~♪とかいう、甘い(そしてありえない)期待からではなく、私だってまだ女の子のキモチを持っているの~♪という、乙女チックな感傷でもなく。
 勿体ないし!!
という、貧乏性のなせるワザなり・・・。

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。



ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード