透明なこころでありたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てのつながりはかりそめのものであり

 恥ずかしながら昨日また大爆発を起こしてしまった。
 うたたねしてしまった息子を夕食に起こしたのだが、2歳頃から変わらない昼寝後の超不機嫌モードで、ずっと金切り声でぐずられまくった。
 なんとか夕食と風呂を済ませてから寝かしつけたかったので(息子は夕方うたた寝させておくと、夜遅くに起きてきて、日付が変わっても眠れないとうろうろする)、あれやこれや機嫌をとっていたが、ついに我慢できなくなって「食べなくていい!」とキレた。
 途中八つ当たりで娘にもキレ、息子の襟首をつかんでひきずり倒した私を、息子を庇う相棒が思わず突き飛ばし、と阿鼻叫喚。

 「もう何もかもがイヤ!」と怒鳴りちらして泣いた。

 泣いた後、いつものような後悔の感情ではなく、どこか醒めた気持ちになった。
 この世のつながりは皆、時と共に変わってうつろうものなのだと。
 今は家族という形で同じ道を歩いているけれど、やがて息子や娘と私の道は離れて行くのだ。
 子供を自分の思い通りに動かそうとしても、そうはいかないのは当たり前だ。
 私は息子を支配することなんかできない、息子も娘も私の所有物ではないのに。

 思い出をいっぱい抱えていたくて、何一つ忘れないように思っていても、私が死んだらその思い出は無くなってしまうのだし、あれやこれや心配して考えをめぐらせていたって、その考え通りに物事が運ぶとは限らないのだし。

 子どもだけじゃない、私の所有物なんて、全て一時的に所有しているだけのもので、やがては壊れるか、無くなるか、誰かのところに行くか・・・。
 
 なんだか硝子のカーテンが降りてきたみたいに、そんなことを考えていたらすっと頭が冷えていった。

 もう少し、家族に丁寧に接しようと思った。それは他人行儀ということかもしれないのだが。
 結局、人間の単位は、ひとり。
スポンサーサイト

うどん粉の日?

 昨晩、まとわりつく娘の「あそんで」攻撃に辟易していたら、突然相棒からクイズを出題された。
 「さて、明日は何の日でしょう?」
 「・・・?(29日でニクの日、とかそんなんかな??と思い)うどん粉の日?」
 と返事した。正直何も思いつかなかったし、娘がしつこいので。
 「ちがうって。明日は何の日ですか?」
 「じゃあメリケン粉の日」
 うどん粉、メリケン粉と来たから違うと言われたら「じゃあ片栗粉の日!」と言ってやろ、私うまいことつなげられたやーん♪と自己満足にひたってたらば、あっさり言われた。
 「結婚記念日だよ」

 !!!
 あーそうだったそうだった!13日の仏滅で、しかも教会式の牧師さんがジェイソンちゅう名前でもうこれはホラー映画やね、いいネタになるし一生忘れへんよねー、と笑った思い出があるよ。
 きれいさっぱり忘れてたけどね!!

 なんでも、相棒の職場の方々の奥様たちは大変に結婚記念日を大切にされるそうで、夫婦で外食とかご馳走作るとか、プレゼント交換とかするんですって。
 先日は先輩が奥さんから「今夜は残業したら許さないからね!」と脅しをかけられて、必死で仕事片付けて帰っていったらしい。

 「・・・もういい、あんたには何も期待しない・・・」
 となぜかガッカリしたように言われました。
 んでも、結婚記念日のたびに高級ディナーや高価なプレゼント請求とかされるより、優しい嫁ではないでしょうか?
 世間一般のご家庭ではいかがお過ごしでしょうか。 
 ちなみに我が家の今夜のメニューは、何の変哲もない毎日の晩御飯です。

殉職

 俺はその報せを聞いて驚愕した。信じられなかった。
 仲間と共に、必死で彼のもとへ駆けつけた。
 「・・・バキさん!」
 我々が現場に赴く時、いつも先頭切っていたバキさん。
 どんなに難しい事件でも、パワフルで頼もしいバキさんがいれば、俺たちは切り抜けていけた。
 尊敬し、憧れていた先輩の無残な姿が俺の目の前に横たわっていた・・・。
 「バキさん、しっかりしてくれ!バキさん!!」
 バキさんはうっすらと目を開いた。
 「おお、お前か・・・」
 「バキさん、一体誰にやられたんだ?こんなひどいことを」
 バキさんは苦笑いした。
 「それがよう、子供のいたずらのおかげなんだ。バカみてぇだろ?俺はいつも現場で倒れたい、寿命を終えたいって思ってたのになぁ・・・」
 「バキさん!まだ心臓はしっかりしてるんだろ?治るんだろ?」
 「いや・・・俺はもうだめだ・・・こんな姿じゃ役に立たねぇよ・・・あの不出来なダメ嫁がさっきからずっと介抱してくれたんだがな・・・再起不能なんだ・・・。頼む、お前ら、俺がいなくなってもあきらめるんじゃねぇ、迷宮入りする前に、すっぱりこの事件を解決してくれ。それが俺の遺言だ」
 「バキさん!バキさんがいなくて、どうやってそんな事ができるんだよお!バキさん、頼むよ、目を開けてくれ、バキさん!バキさん!!」

 ・・・現役を16年続け、晩年は修羅場を何度もくぐったバキュームクリーナー、汚部屋事件解決前についに殉職す。



 「掃除機壊れちゃったー。ホースのじゃばらの中のワイヤーが切れたみたいで。吸い込む時にホースがねじれてどうしようも無いの。モーターが熱くなるばっかりで」
 「しょうがないな、まあもう寿命だろ・・・ヤ○ダ電機に新しいの買いに行くか」
 「まあね・・・実家から持って帰ったやつだし、もう丸々15年以上は使ってるからね。それにしても子供らが振り回したか乗っかって踏みつぶしたかしたんだわ、昨日はなんでも無かったんだから!」

 阪神大震災の後、避難先から県営住宅へ引っ越しできた時、真っ先に購入した家電製品でした。
 母と一緒に買いに行ったんだよね・・・掃除機さん、お疲れさまでした・・・。 
 

処刑場の凄惨

 今日は一体誰が刑場に引きずりだされるのか。
 皆は日々怯えていた。
 処刑場は全く道理の通らない場所だ。
 一旦連れ出されても、全く無傷で生還できる事もたびたびある。
 ・・・だが、処刑者の気分によっては、一度に4名もの命を無残に奪われる日もあったのだ。
 ああ、あの時は本当に酷かった。
 被害者たちの連続した悲鳴が、今も耳を離れないほどだ。

 おい、さっき一人連れて行かれたぞ。
 ささやき声が伝わってきた。
 だいじょうぶか?今日は無事に戻ってくるんだろうな・・・。
 ここ最近は戻ってくる事の方が多いが・・・4人やられた時のこともあるし、油断するな。
 祈ろう、とにかく戻ってくることを祈るんだ。それしか我々にはできないのだからな・・・。

 ああ!祈りもむなしく、断末魔の絶叫が響いた!!我々は戦慄した・・・。
 

 「どうしたの?」
 「あー、ダメよこっち来ちゃ。怪我するからね」
 「またお皿割っちゃったの?」
 「そーなのよ、ごめんなさい」
 「もー、お母さんたらちゃんと気をつけないからでしょ!いけないよ」
 「はいはい、今度から気をつけます。掃除機かけるからそこ閉めて」

 手が滑る
 置き場が悪い わかってる
 毎日我が家は皿割った記念日
 

一日一ボケ

 日々老化の勢いに加速度がついてきて実に全く持ってヤバ過ぎのわたくしでございます。
 白髪がもぉすんごいことに(涙)。
 体型の崩れっぷり&脂の乗り具合がそれはもんのすごいことに(涙)。
 でもってやけになって相棒に「一度どんだけ肥れるか試してみようかな」と言ってみたら、「そんなことしたら近所の川に流しに行く」と犯罪宣言までされてしもうたがの。

 もちろんおつむはどんどん軽くなり、心はどんどん薄汚れてもー使い物にならんがな。

 今日、娘の幼稚園の定例役員会。所属部の部長が欠席なので代理で活動報告(いちお副部長)。
 起立して部長の代理で報告する旨を述べ、おもむろに「えー、演劇部の活動としましては・・・」
 『園芸部』でんがな!!
 ・・・わたしの言い間違いは静かにスルーされました(号泣)。
 
 でも、その後同じ部のOちゃんが「Nさんなにーさっきの!?演劇部ってもー、あたし笑いそうになったのに、誰も反応しないでシーンとしてたからさー、余計におかしくて苦しかったよぉ!」
 とツッコミ下さいました(感涙)。
 ほったらかしにしないでくれて、ありがとーありがとーOちゃん!!(多謝)
 
 
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。