透明なこころでありたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかってしまう時がある

 高機能自閉症の息子と定型発達の娘を育ててきて、幼稚園などで他の障害を持ったお子さんたちとの交流を持った結果。
 確定はできないのではあるが(私は医療関係でも教育関係者でもないから)、「あれ、この子?」と思うことが時々あるようになった。

 具体的に申しますと、まだ障害の診断がつかない年頃(月齢?)の乳幼児ちゃんを見て「個性という範疇からずれてる・・・なにか違うな」と感じる時があるのです。

 たとえば、全く人見知りしない。
 たとえば、発声が一本調子で、バリエーションがない。
 たとえば、体を一定の姿勢に保っていられない。

 あ、息子の時と似てると感じたりする。
 その勘は多分当たっているだろう。
 しつけの問題、という部分もあるかも知れないけれど、全く周囲の様子を関知せずにふるまっているタイプはそれとは違う。
 赤ん坊や幼児は親や身近な人間の振る舞いや表情に敏感で、真似をしようとする。
 その気配がまるでない子は普通のしつけでは様々なことが見に着かない。

 でも、何も言わないというか、言えない。
 当然ですよね、親にしてみればそんなこと赤の他人に口を出される筋合いじゃない。

 ただ。
 最近知り合ったある赤ちゃんの様子が、とある障害の特徴に近いのだが。
 普通その障害は生後すぐに診断されるものなんだけれど、お母さんはまるで普通に育ててるし気にしていない。
 ちょっと不思議に思ったのが、未診断でここまで成長するものかなぁ・・・ってこと。
 まあ私がどうこう考えたりする問題でもないけれど、なんだかモヤモヤしてしまう。
 お母さんの赤ちゃんに対する態度とかをみてると余計に。

 人さまのことあれこれ言えるような立派な親じゃないけれど、もう少し子供の様子に敏感になってもいいんじゃないかなって思ってしまうのです・・・。

にほんブログ村 
スポンサーサイト

伝えるチカラ

 息子と同じく、特別支援級在籍(クラスは違う)の6年生の女子Cちゃん。
 いつの頃からか自分で自分の障害の事を調べるようになり、来学期に発達障害をテーマに研究発表する予定なのだとか。

 お母さんに伺ったら、告知はしなかったそうだ。
 言語リハに病院に通っているのだが、リハビリルームの出入口のところに発達障害についての啓蒙ポスターがはってあり、それを読んで自分がアスペルガーだと気づいたという。
 いつのまにやら自分でネットや本で自分の障害について調べ、自分自身がどうして他人と違うのか、という差異について納得がいったらしい。

 息子も自分が自閉症だというのはわかっているようだ。
 (同じポスターに気付いて、発達障害とは何のことだ?と聞いてきたので、あんたのことですよと返事した)
 そして、私が買っていた本(漫画が主体の、家族からみた自閉症の青年の成長記録)を読んだりしている。
 だけんども、息子の場合はアスペというには知能指数が低く、どこまでわかってるんだかどうなんだか・・・という感じである。

 今日も言語と作業療法のリハに行ってきたのだが、STの先生に「他人に対して意識を向け、自分でちゃんと色々なことを伝えられるような練習をしていきましょう」と言われた。
 確かに、自分の言いたいことを一方的にしゃべるばかりで、相手の立場を考えて席を譲るなど、気を遣うという部分がすっぽり欠落している息子。

 あと、ゲームなどでうまくいかないとすぐにあきらめてしまう(投げ出してしまう)ので、もう少し粘り強く最後まで挑戦するという経験も積ませようとされていた。

 息子の理解力には奥行きがないので、こちらで流れを作り教えてやらなければ体得できないことが多すぎる。
 わかっちゃいるけれど先は長く遠い。
 正直Cちゃんが羨ましいと思ってしまう母なのでした。
 あ、それからぜひ発表を頑張ってほしい!心より応援しております。

にほんブログ村 
 

夏休み三日が過ぎて

 夏休み三日が経過。
 今日までは毎日外出予定があって、どうにか無事に過ぎましたが、明日からどうやって毎日を過ごそうか(汗)。
 うちの子供たちは自分たちだけで遊びに出掛けることができません。
 必然的に私がどっかへ連れ歩かないとならないんだけど、車に乗れないからどこへでも歩きとバス。
 これが不便でしんどいからひきこもりがちになるんよねー。
 その証拠に、相棒実家に帰省したら途端に毎日出歩いてますもん(笑)。

 相棒実家はすぐ近くに公園もバス停もあるし、図書館や商店街も程良い距離、東京へも電車で1時間以内で便利。
 でもそうそう長居も迷惑ですしねぇ。っていうか生活ペースが違うし。
 子供らだけで帰省させられればいいんだけど、息子の扱いは難しいし、娘は私から離れてくれない(泣)。

 思ってもせんないことではあるが、自分の実家がまだあればなぁ、と思ってしまう。
 目と鼻の先に大きな公園があり、他にも近所に大きめの公園が3つほどあり、駅まで徒歩7分、バス停までは1分、コンビニもスーパーも充実していたし、そのくせ高級住宅街が近くて散歩も楽しい。
 まあ、これ以上はない、って住環境だったなぁ。
 最近また、毎日昔暮らした街の夢をやたら見る。
 いつか子供たちを連れて、しばらく滞在したい・・・。
 
 
 

夏休みがキター!!

 ついについにあと1時間半で子供たちが帰ってくる。
 そしてながいながいながいながーい夏休みが始まる。
 昼ごはんづくりに追われ、いちいち呼びつけられ、叱り続け、遊びにつきあわされる日々が・・・。

 
 ・・・・・母はどこへ逃げて行けばいいのかっ!地の果てまでか??

 

どっぷりハマっています

 久方ぶりにどハマリ中。

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
諫山 創

講談社 2010-03-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 きっかけは動画サイトでアニメのOPを見かけたことから。
 妙に印象に残る曲だし、アニメがかっこいいなー、ぴょんぴょん飛び回るシーンがすごいなぁーと思って、なんとなくネットの評判などを見るうちに、どうしても読んでみたくなりました(アニメは見られないので)。

 で、最初に1巻と2巻を買ってきました。万一自分好みじゃなくてもまあいいか、1巻だけじゃ話の内容がよくわからないかも知れないしー。

 呑気に読み始める。

 1巻を読み終えた時点で、どっひゃー!!

 速攻で翌日、3、4巻購入。
 まだ10巻までしか出ていないから、ゆっくり読もうと思っていたけど読み終えたら我慢できず、翌日に5,6巻を手にとっていました。
 あとはもう怒涛の如く辛抱たまらず、ついに本日10巻目を買ってしまったわー、もう11巻の発売を待つまで後が無いよおー。
 
 もうねー、これほど主人公が酷い目に合う漫画ってそうは無いと思うの。
 普通なら一生もののトラウマになる悲惨な体験を二桁もしょいこんでますよ。なのに初志貫徹を貫こうとするこの少年、はっきりいってパラノイアじゃないだろうかとすら思う・・・。

やっと読めるようになったのに・・・

 ここのとこの鬱によるセーブモード状態から、ようやくソラナックス不要、パキシルも15から10に減薬できて、少しずつやる気が出てきまして。
 読書再開してみたら久々にハマりこんだ漫画があり、9巻を怒涛の勢いで読み漁り、そのついでに文庫本一冊読了しました。
 いやー、読書楽しい、って感じられるまでに復活できた自分が嬉しいです。

 だがしかし。
 せっかく「うおおー、久しぶりに目いっぱい色んな本を読みまくるぞおぉ!!」という私の熱い胸の炎は。
 「小さい字が読めません(号泣)」という、老眼による問題で水をかけられてしまいました(再度号泣)。
 
 うわー、マジで字が見えづらくてたまらん。つらいーーーー!!!
 

気がついたら

 気がついたら、前回記事を書いてから3カ月以上が経過していました。
 こわいー自分の脳みそがどんどん縮んでいってるようでこわいー。
 
 息子は毎年おなじみ、梅雨時のイライラ大荒れ状態まっさかりでめんどうくさいです。
 怒鳴り怒鳴られわめきわめかれ日々が過ぎています。

 そしたら今日は相棒が運転してる車に同乗していて、もみじマークのおじいさんの軽トラにぶつけられました。
 110番と119番通報したけど、なんか自分で舞い上がってるのがよくわかったわ。
 昔は緊急時でもちゃんと状況をまとめて説明できたもんだけどな・・・。

 おくすりを飲み続けてIQ下がった、て話しをネットで見かけて身につまされる。
 せめて読書しよ・・・。
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。