透明なこころでありたい

すこうしずつ

 7月からパキシルを10mgに減らし、順調だったので8月からまた半分の5mgに減らしてみましょう、ということになりました。
 で、いきなり半分に減らすのは大変なのでまずは5mg錠を半分に割って、およそ7.5mgにして服用してみたんですけど。
 うーん、15から10は全然問題なくスムーズに減らしていけたのに、やっぱり10以下に減らすとしんどいです。
 頭痛やら妙な焦燥感やら頻脈やらめまいやらやら。
 一度は久しぶりにパニック起こしそうになってソラナックスをのみました。やっぱりお守りとして持っておいて良かった。
 なので、10を二日、そして7.5を一日、また10を二日、というペースにして、まずは7.5の状態に慣らすようにしています。
 幸い減薬の過程で薬の余分は手元にたくさんあるので、自分の様子をみながら減薬に挑戦していくつもりです。

 しかしながら、薬を減らしたせいか、ようやくそれなりの文章を読みとおして感想をまとめることができるようになりました!!
 それが嬉しいです。
 ずっとまともに読書を楽しめない状態が続いていたので・・・。

 気のせいかもしれませんが、少しづつ頭も回転するようになった気がします。

 もう年齢も年齢だし、病気のおかげで無理がまったくきかなくなっているけれど、焦らずに自分のペースで生活の立て直しを図ってみようと思っています。
スポンサーサイト

だらだらだら

 毎日気づけばだらだらして、あっという間に一日が終わってる。
 
 それもこれも夏のせいだ。更年期のせいだ。老眼のせいだ。かすみ目が悪い。子供らがずっと家にいて散らかしまくるのが悪い。うん、そういうことにしておこう。
 ・・・でもでも、もうそろそろこのきったない部屋の中が我慢できません!!
 夏休みになったら子供らを使って部屋を片付けて効率よく生活できるようにしたいとか思ってたのに。
 真逆だろ。
 ゴミ位捨てろ自分。

 てなわけで。
 今からゴミ捨ててきます。
 夜までにいくつゴミ袋ができるかなー。

にほんブログ村

あちぃ

 毎日あちぃ。
 更年期のおばさんには辛い日々。
 自分の体がすっっっごくくさいし(号泣)。

 八月の前半一週間ほど子連れで相棒実家に帰省させてもらいました。(相棒抜き)
 都会、いいねーたのしーねー。
 帰宅後、貧血の日々と気が抜けたのもあってぼーっとしてたら家の中がもう人の住みかじゃない(涙)。
 そろそろしっかりせんといかん。
 息子の宿題もまだ終わってない。
 尻たたかねば。

 来年の夏はきちんと過ごしたいなぁ(毎年言ってる)。
 対人関係取り戻したいし。
 ひたすら関西に行きたい。
 それからそれから・・・(また妄想・・・現実逃避ぎみ)。
 
 

7月に読んだ本まとめ

久しぶりに読書熱復活。
しかしながら子供の絵本と漫画と再読本が殆ど(笑)。

2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:33冊
読んだページ数:5308ページ
ナイス数:95ナイス

ちびくろ・さんぼちびくろ・さんぼ感想
あれは私が小学校2年生の頃。担任が国語でちびくろさんぼを教えてくれたのだが、「トラから逃げていったさんぼは卑怯だ。男なら戦うべきだった」と無茶な持論を展開して、子供心に「それじゃあこの話しは全然面白くないじゃないか」と思ったことがあった。 だって、虎がぐるぐる回って溶けてバターにならなきゃホットケーキ焼けないじゃない!!
読了日:7月30日 著者:ヘレン・バンナーマン
うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)感想
細かいところを良く読むと、結構「オトナ」な仕掛けがあって下世話な感じですが、そこがええと思います(笑)。 でもおかあさんのやきもちやいてひねりもちあたり、子供がひっかからないようにさらっと流したのでした。
読了日:7月29日 著者:長谷川 義史
ビロードのうさぎビロードのうさぎ感想
娘に義母がプレゼントしてくれた絵本。やっと話しを理解してくれるようになり、読んでやると「よかったねぇ、いいはなしだねー」と言いますが・・・読んでる母は毎回涙ぐんでしまいます。
読了日:7月28日 著者:マージェリィ・W. ビアンコ
銀魂―ぎんたま― 20 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 20 (ジャンプコミックス)感想
切腹じゃなくて決闘でケリつけるってのがケンカ集団らしくて小気味いい。 感動の動乱編の後に一気にギャグ。 だけど、神楽ちゃんのお気に入りの傘の話しがなんかしゃれた短編映画みたいですっごい好きです。 どうしてこんな話を同じ一巻にまとめられるのか・・・。
読了日:7月27日 著者:空知 英秋
銀魂―ぎんたま― 19 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 19 (ジャンプコミックス)感想
数年前、初めて銀魂を動画サイトで知って以来、この話しを読みたいなーと思っておりました。 伊東甲子太郎を題材におもしろ格好良くまとめてあるねー、ギャグもシリアスもすごい。 新撰組(特に土方歳三)は嫌いなんだけど、真選組は好きです。トッシー無駄に美男子で笑える。
読了日:7月27日 著者:空知 英秋
よるくまよるくま感想
昔この絵本を買った時には、子供たちはなぜか怖がって読みきかせできませんでした。 娘が6歳になって久々に読んでやったら「かわいいー、よるくまちゃんかわいいねー」と大喜び。 そして、この絵本独特の、少しシュールな夜の世界を愉しめるようになったみたい。
読了日:7月27日 著者:酒井 駒子
ペンギンきょうだい そらのたびペンギンきょうだい そらのたび感想
迷子になったギンちゃんをさがす仕掛けのところで、でんしゃのたび以来ずっと一緒の社長さんらしきおじさんが、またまた親切に一緒に探してくれているのに和みます。 というわけで、この絵本を読み聞かせする時は「しゃっちょさん」ごっこがデフォの我が家(笑)
読了日:7月26日 著者:工藤 ノリコ
ペンギンきょうだい ふねのたびペンギンきょうだい ふねのたび感想
きょうだいは遊びに行ける親戚のおうちがたくさんあっていいな♪ 船長さん特性ハンバーガー、おそとランチが楽しげでいいですね。
読了日:7月26日 著者:工藤 ノリコ
ペンギンきょうだい れっしゃのたびペンギンきょうだい れっしゃのたび感想
娘のお気に入り。読み聞かせる時にどのおべんとうにしようかな?ってのが一番楽しかったようです。 絵もかわいいし、食べ物がおいしそうな絵本っていいね。
読了日:7月26日 著者:工藤 ノリコ
華胥の幽夢 十二国記 (講談社文庫)華胥の幽夢 十二国記 (講談社文庫)感想
楽俊かぁ、初期のキャラが懐かし嬉し。 頑丘もまたその後どう暮らしているのか気になりまする。
読了日:7月25日 著者:
9歳までで決まる! 算数が得意な子になる本9歳までで決まる! 算数が得意な子になる本感想
なるほど、こういうやり方があるのか~と感心しました。 とりあえずまだ間に合うかも?な小3と小1の子供たちに足して10になる神経衰弱をやってみたところ、結構盛り上がりました。
読了日:7月24日 著者:親野 智可等
くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)感想
スクラッチングなつかしい!昔やった時は手が真黒になったけれど、削った下に覗くカラフルな色が楽しかった。 この夏休みに子供らとやってみようかな。
読了日:7月23日 著者:なかや みわ
どんぐりむらのぱんやさん (どんぐりむらシリーズ)どんぐりむらのぱんやさん (どんぐりむらシリーズ)感想
絵はわかりやすくかわいらしく、話の内容もメリハリがあって良いかんじ。 保育園の送迎にあたふたするママどんぐりが「あるある!」って笑えました。娘のお気に入り。
読了日:7月22日 著者:なかやみわ
どんぐりむらのぼうしやさん (どんぐりむらシリーズ)どんぐりむらのぼうしやさん (どんぐりむらシリーズ)感想
くれよんのくろくんシリーズが好きな娘が選んだ絵本。 カバーや表紙の内側のキャラクター紹介などが充実していて、長く楽しめる感じ。
読了日:7月22日 著者:なかや みわ
夜中にジャムを煮る (新潮文庫)夜中にジャムを煮る (新潮文庫)感想
文章も内容も大変好みなのだが、なぜか全編読了するのに時間がかかった。 年齢のせいなのか、たまたまの巡り合わせなのか?ただ、料理エッセイは熟読して何度も読み返すのが常の私にしては、勢いがつかなかった。なぜだ。不可解。
読了日:7月21日 著者:平松 洋子
銀魂―ぎんたま― 50 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 50 (ジャンプコミックス)感想
三国志は岩波文庫途中挫折した組ですが、夏候惇の下りあたりまでは記憶にある。今度吉川英治版とかで読み返してみようかな。 月雄さんがイケメンというかスケコマシ過ぎてちょっと胸がきゅんきゅん(爆)
読了日:7月19日 著者:空知 英秋
銀魂―ぎんたま― 49 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 49 (ジャンプコミックス)感想
桂ってシリアスでもギャグでもどこまでも一本気なんだねー。しかしながら銀魂に出て来る女性ってみんなタイプが似てる、と今さら気づく。
読了日:7月19日 著者:空知 英秋
どこいったんどこいったん感想
本屋で見かけた時に、子供が「ぼうしってなんや?」「もうええわ」の漫才みたいな掛け合いをすっかり気に入り購入。 結構ブラックな結末だが、訳文の関西弁がいい味出してて、子供たちはちょっと怖がりつつも楽しんでいます。
読了日:7月18日 著者:ジョン・クラッセン
しろくまカフェ くるみ味! (フラワーコミックススペシャル)しろくまカフェ くるみ味! (フラワーコミックススペシャル)感想
アニメのオリジナルストーリーやキャラ設定もいい味出していたのですが、やっぱり原作はまったりしてていいですね~登場するペンギンたちもマニアックでいい。 そして、原作のリンリン☆イケメン過ぎな上に残念過ぎます(笑)。
読了日:7月18日 著者:ヒガ アロハ
進撃の巨人(10) (講談社コミックス)進撃の巨人(10) (講談社コミックス)感想
いやもう初手からどんどんひっくり返される展開なのはわかってました。わかってはいたけれど・・・そろそろ頭がパンクしそうです。エレン大変だね同情致しますわ・・・私は単なる読者だけどアナタ主人公だもんね、こんなトンデモ状況から逃げられないもんね・・・。
読了日:7月17日 著者:諫山 創
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)感想
読み終えて感じたのは、映画でも漫画でもアニメでもなく、小説として屹立するこの物語を読めるもので在れる幸せ。 虐殺器官でも思ったけれど、いかにも中二病的な冒頭からこの壮大で残酷な結末に持って来れる著者の凄まじさ。もったいない、という言葉しかありません。
読了日:7月16日 著者:伊藤 計劃
丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)感想
これはまるで藤沢 周平の読後感。 十二国記は純然たるファンタジーに始まったのに、設定をここまで丁寧になぞって市井の人々の哀歓に寄り添った短編を描けるなんて。 本当に凄い作家さんだと感服つかまつりました。
読了日:7月14日 著者:小野 不由美
龍の子太郎 (講談社青い鳥文庫 6-5)龍の子太郎 (講談社青い鳥文庫 6-5)感想
子供の頃わくわくして読み、感動した物語。 娘の読み聞かせ本にしてみたら、2ページ読む間に寝てしまう(泣)。 ねえねえ、どきどきしない?すっごいなーって思わない??・・・時代が違うのかなぁー。
読了日:7月13日 著者:松谷 みよ子
モンスター (幻冬舎文庫)モンスター (幻冬舎文庫)感想
もっとドロドロした話かと思ったら、全然モンスターじゃないただの一途な女の子でした。整形を繰り返す過程でドラゴンボールとかの修行を連想しました。素直におもしろかった。ただ、作品には関係ないんだけど、中村うさぎどうにかならんか(怒)
読了日:7月12日 著者:百田 尚樹
進撃の巨人(9) (講談社コミックス)進撃の巨人(9) (講談社コミックス)感想
またキャラ無駄遣いしてる・・・もっと煮込んでくれなきゃもったいないのにー!コニーとライナーの出し汁がおいしかったです。
読了日:7月10日 著者:諫山 創
進撃の巨人(8) (講談社コミックス)進撃の巨人(8) (講談社コミックス)感想
アルミンの出し汁が男味を増してきました。壁の中ってそうだったのね・・・巨人に負けっぱなしの人類がよく作れたなって思ってたけど。 あとミカサの出し汁、おかしなことになってます・・・。
読了日:7月7日 著者:諫山 創
進撃の巨人(7) (講談社コミックス)進撃の巨人(7) (講談社コミックス)感想
キャ、キャラクターの使い方が贅沢すぎる!なんでこんな素敵なキャラたちが退場せねばならんのですか!兵長がかわいそうすぎる!!!
読了日:7月7日 著者:諫山 創
進撃の巨人(6) (講談社コミックス)進撃の巨人(6) (講談社コミックス)感想
魅力的なキャラや人間関係がたくさん出てきて素敵です。ジャンの出し汁に加え新しい仲間たちも感動的にいい味です!!
読了日:7月6日 著者:諫山 創
進撃の巨人(5) (講談社コミックス)進撃の巨人(5) (講談社コミックス)感想
人間ドラマ濃厚!おいしくて一滴残らず飲みほしたいです!!ジャンの出し汁がかなり美味です!!!
読了日:7月6日 著者:諫山 創
進撃の巨人(4) (講談社コミックス)進撃の巨人(4) (講談社コミックス)感想
4巻目にして初めて安全な日常生活がつづられる。ここで笑いを巧みに取り入れたかと思うとあっさり残酷な現実に引き戻す。作者は稀代のストーリーテーラーですな。
読了日:7月4日 著者:諫山 創
進撃の巨人(3) (講談社コミックス)進撃の巨人(3) (講談社コミックス)感想
登場人物全てに感動させられる見せ場がある。 極限での人間ドラマっちゅうより、決め所が歌舞伎的様式美になってきました。ここまで中だるみ一切なし。すごい。
読了日:7月4日 著者:諫山 創
進撃の巨人(2) (講談社コミックス)進撃の巨人(2) (講談社コミックス)感想
2巻でこの密度。こんだけびっくりさせられる展開が続くと、今後のストーリーがたるむんじゃないかとひそかに心配。
読了日:7月3日 著者:諫山 創
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)感想
これはすごい。漫画なのにリアルな生き死にを感じさせる。
読了日:7月3日 著者:諫山 創

読書メーター
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。



ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード