透明なこころでありたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喉の痛みに大根あめはホンマに効く??

 娘の風邪をうつされまして、非常にだるい、お腹が少々下り気味、喉が痛い、咳が出すぎて苦しい、でも熱が出なくてだらだら治らない、っていうなかなか微妙に辛い状態です。
 ああ、年取っていろんな体調不良に苦しんでいるのに追い打ちですわ。
 ぐるじぃ。
 
 風邪薬は、一時的に症状を抑えてはくれるけれど、咳止め薬と併用できないし、でも総合感冒薬だけでは喉の痛みと咳が止まらないし、つらいよーん。
 
 そう思って、大根あめを作ってみた。
 昔からの咳止めっていうし。
 大根を薄切りにしてはちみつに漬けて一晩おいて。
 ってレシピも簡単ですし。
 でも一晩待てない。
 固形はちみつをなめると風邪ひかないっていう話をネットで見たことあるし、はちみつに殺菌作用はあるらしいので、ついでにはちみつをスプーン一杯ゆっくりなめてみた。
 
 あら?ひりひりする喉がじんわりうるおう感じがして、気持ちいい。
 しばらくの間、咳も止まってラクになった。
 ただそんなにたくさんはなめられないし、長くは続かないけど。
 でも一時しのぎにはいいような気がしました。

 さてさて、一晩おいて出来上がった大根あめ。
 飲んでみました。
 喉への効果は・・・んん~??あんまり???
 それは一晩たって風邪が進行したからか??

 も一回はちみつで。
 いやいやいやいや、こっちの方がラクになる!!どういうことだ??
 私の喉が、しっとりして静かに落ち着いたよ!ええ??
 
 せっかく作ったのに・・・はちみつにつかって水分出し切ってしなしなになってる大根をかじりながら、今後喉の痛みにははちみつなめなめだな、と思いましたとさ。
 まああくまで個人的な経験ですが。
 根本的な治療法ではなくてあくまで一時しのぎ、風邪はしっかり寝て治すしかないんだよ、ということは理解しております。
スポンサーサイト

お出かけはたのし

 息子の関係でバスハイクに行ってきました。
 年に一度のお楽しみです。
 今年は品川のエプソンアクアパークとお台場のアクアシティーでした。
 エプソンアクアパークはリニューアルしたてのお盆休みに家族で出かけたのですが、えらいこっちゃという人ごみで疲れ果ててしまい、目玉の水とイルカのパフォーマンスを見られかったので、今回楽しみでした。

 幸い連休でもない土曜日だったので、スムーズに入場して展示をめぐることができました。
 娘は前回大変乗りたがっていたメリーゴーランドに乗れたし、お土産物屋で買い物もできたし、ポップコーンも買えたし、と大満足。
 息子は娘と興味が別々なので自由行動(笑)。
 今回ボランティアの人についてもらわなかったので、一人で行きたいところを見ていたようです。
 携帯を持たせて連絡を取り合っていたのですが、療育の先生方が心配して様子を見て下さっていたので、却って恐縮してしまいました。
 
 娘と私と別行動の間に、先にイルカショーのスタジアムに行って三人分の席を取ってくれていました。
 以前の息子だったら、自分ひとりだけぼんやり座っているか、私たちを探してうろうろしているかだと思います。
 なんか人前結婚式をするらしく、座席の四分の一ほどが貸切にされていたので結構混雑していたので助かりました。
 兄ちゃんありがとう(少し嬉涙)。

 でもって、イルカショーも圧巻のパフォーマンスでお見事でした。
 子供らも大盛り上がり。
 普段ダンスや手拍子とか嫌がる息子なのに、ノリノリでステップ踏んで手拍子していました。
 音がそうとう凄かった(汗)ので、時々耳をふさいでいたので心配しましたが、「大丈夫」と言って、本当に最後までショーを見ていることができました。
 前はこんな爆音だったら絶対席を外してトイレに駆け込んでいたのにな。

 アクアシティーでは、バーガーキングを初体験(田舎者ですから)。
 確かにマクドナルドよりもパティが牛肉らしい味がしておいしかった。
 ただマスタードが結構きついし、ピクルスもすっぱいから苦手な人もいるかも。
 我が家は全員ヘーキですが。

 で、それだけじゃ食べたりなくて、そのあとにサンドイッチのサブウェイも子供たち初体験(田舎者ですから)。
 私も久しぶりに娘のアボカドエビサンドを少しかじらせてもらいました。
 うう懐かしい。勤め人時代は結構好きで通ってたのですよぉー。
 子供たちは、その場で見えるように野菜などを挟んでくれるのが楽しかったようで気に入ったみたいです。
 パン嫌いな娘も喜んでいました。

 さらにテレビの情報番組でよく取り上げられている「フライングタイガー」も初体験(田舎者・・・くどい)。
 安さに舞い上がり、あきらかに要らないモノを買いあさってしまった(反省)。
 でも娘は嬉しそうに絵の具の形のペンポーチを、今日学校に持っていきました。
 友達はなんて言ってくれるんかなぁ?

 楽しく過ごせたおでかけでした。
 今度はゆっくりじっくりクラゲとカピバラを見たい母ちゃんでした。

びっくりした!!

 今さっき、久しぶりにまとまった文章を打ち込んでアップしたけども。
 読み返してみて色々ひどいから、もぉびっくりしまくり。
 こんな回りくどい読みにくい日記あげてしまってごめんなさい。
 誰にあやまってんだか自分でもわからんが・・・・・。

 恥ずかしいけど、あえてそのままにしとく(笑)。

いじめなのか単なる行き違いなのか

 もともと集団行動が一切できない息子。
 彼を、支援学校で自分のペースで過ごさせたいと思っていた5年前の秋。
 しかし、本人が今の学校を気に入った。
 そして周囲の薦めともあり、地域の学校の支援学級、情緒クラスに入学して、今年ついに5年生になりました。
 親としては、学校についていけなくなったり、いじめられるようになれば支援学校に転校させようと思っていましたが、なんとかこの年齢までやってこれました。

 5年になってから友達と過ごす楽しさを覚え、交流級で過ごす時間が多くなった息子。
 楽しげにクラスメイトのことを話したり、(そういうことは今までなかった)好きになった女の子のことを思ってポエムのような事をつぶやいたり、なかなかの心理的な成長ぶりで喜んでいたのですが。

 成長するということは、周囲と自分の違いに気がつき始めるということ。
 みんなと同じことができない自分に悩み始めること。
 そして、接する機会が増えるということは、楽しい交流ばかりでなく、クラスメイトとの摩擦も増えるということ。

 そんなこんなで、半月前頃から息子が色々と落ち込むように。
 帰宅時は、いつも大きな声で「ただいまー!」と、こっちの「おかえりー!」が聞こえるまで言い続ける子が、黙って洗面所に向かう。
 「どうしたの?」と聞くと黙って泣きながら、袖口で涙を拭いている。
 気になっていると、2歳下の娘から「今日お兄ちゃんが5年生の子たちに囲まれてパニックになっていた」と報告が入る。

 問題は、息子がパニックになってしまうと「どういうことをされたのか」がわからない。
 そして、パニックになっていない時は「友達と仲良くやっている」と本人が思っている。
 近所のショッピングセンター などで、息子のクラスメイトの子たちと出くわすと、あきらかに息子を小馬鹿にしているような感じの女子たち。
 でも、息子は「よくしゃべるし、友達だよ」という。
 息子にとって、悪口や暴力行為以外の悪意は認識できない。
 つまり、微妙に距離を置かれているのに気付かないので、そのまんま気にせずにやっている。
 微妙な反感に気付いてないので、警戒しないでいる。
 そこで「からかいに見せかけた意地悪」を予期していない時にしつこくしかけられてパニックを起こす。
 そんな感じなんじゃないかと思っている。
 ちょうど5年生って、そういう微妙な心理的やりとりが発達していく年頃だし。
 
 問題は、今の「からかい」が単なる興味の延長戦上のものなのか、それとも「いじめ」のターゲットとしてエスカレートしていくものなのか。
 あと、周囲の子供たちと息子の精神的な成長面のずれが、息子の心の負担になりすぎないだろうかということ。
 
 今日の昼休み、初めて息子が私の携帯にヘルプの電話をかけてきた。
 友達とトラブルになったということを訴えてきたのだが、結局何があったのかは自分で説明できず、支援学級の担任と話して今日は20分ほど早めに帰宅することになった。
 
 難しいのは・・・いじめだと認識すべきなのか、単に息子が事態を把握できずにパニックを起こしただけで、荒立てる問題ではないのか。
 今まで息子には、「いやな目にあったら、とにかくそこから逃げて、誰でもいいから先生に言いなさい」と伝えてきて、今までのいじめやからかいにはそれで対処してきたのだけど、今回のクラスメートとのやりとりではどう教えればいいのか難しい。
 息子の対応を変えて解決する問題なら、今後のことを思ってそのように教えたい。
 しかし、息子がどうしようもないことで起きるトラブルは避けるようにさせたいのだが・・・。

 通常の子供だったら、たんなるいざこざに過ぎない出来事でそうやってお互いちょっかいをかけあいながら、他人や社会とのやり取りを覚えて、成長していく段階なんだと思う。
 「そっかそっか、まあそういうつらい時もあるよね」と慰めてやるだけでいいんだろう。
 
 でもなあ・・・自閉の子たちは、自分で上手な答えを探せない。
 答えを見つけられなくてパニックを繰り返すことは、彼の心に大きな負担になってしまう。
 「そういう時はこうするんだよ」とひとつひとつ教えてやり、覚えさせていくしかないのである。
 家庭以外に、息子が落ち着ける居場所を見つけてやりたいのだが・・・今の自分、地理的な環境ではなかなか難しい。

 私もちょうど5年生の時、同じ班だった女子たちから理由のわからないいじめをされた。
 今どきのいじめほど深刻なものではなくて、軽い無視や仲間外れ、ひそひそと陰口程度だったけど。
 それ以前に男子から結構ないじめにあっていたので、気付かないふり、知らんぷりで過ごしたが、結構つらかった。
 リーダーの子が、思い込みで私を「嫌な子」と決めつけ攻撃してたのだが、何かのきっかけで彼女が私に対する評価を変え「気が合う子」認定され、それから態度が急変。
 私のつらい毎日は終わって、仲良しの友達ができた。

 問題解決したのだが、結局私は最初から最後までその子に何もしていない(苦笑)。
 そんな風に、ただの天災っぽく終わる問題ならばいいのだけど・・・。
 相棒には心配しすぎだと言われるし、本当にそうだといいなぁ・・・そうであってくれぇ。
 
 

いろいろ変わっててこまったぞ

二年ぶりに書き込むのだけど、ブログの編集画面がいろいろ変っててよくわかんない。
困ったぞ。
何を書き込むべきか考えていたら夜が明けました。なにやってんだか。
二年の間にすっかりバカに磨きがかかったことは言うまでもない。
自分のブログを読み返して、文章の意味がよくわかんなかい。
こんな小難しい言葉知ってたっけ?
家に引きこもってる間に脳みそ腐りました。とにかくすぐに何でも忘れる。
少しずつリハビリしていこっと。
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。