透明なこころでありたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにもかくにも自分に抽象的思考がまったく向いてないことがわかった

 前記事で紹介した『世の中ががらりと変わってみえる物理の本』 カルロ・ロヴェツリ 読み終わりました。

世の中ががらりと変わって見える物理の本世の中ががらりと変わって見える物理の本
カルロ ロヴェッリ Carlo Rovelli

河出書房新社 2015-11-06
売り上げランキング : 123732

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 もうね。ひたすらわからなかった。
 最後まで一応読んだんだけど、文章からイメージが全然湧き上がってこないのだわ。
 なんとかどうにか49Pまではついていこうとしたのだけど、そっから先はもう・・・現代物理学ってわけがわからない、ということがわかったのと、自分のおつむがちっとも抽象的な思考に向いてない、目に見えて感じられるようなリアルなことしか想像できないってことを再度思い知らされただけであった。
 ゆえに、タイトルの「世の中ががらりと変わって見える」ことなど何もなかったので残念。
 
 文中に「世界の圧倒的な傑作といえるものは、いずれもその真の素晴らしさを理解しようと思ったら、一定期間の修業を積むことが求められます」とあるけど、本当にその通りですね。
 お手軽ハウツーな雑学本ばかり読んでる自分には耳がいたーい。
 勉強したのはもう30年以上も昔の話だし、その頃でもわけわからんかったものに、どうして今更ひかれるのかなぁ。
 昨年のノーベル賞二人受賞あたりから、サイエンス系のニュースの内容が理解できなくてその辺から気になりだしたのかも。
あ、そういや物理じゃないけど小保方さんもいたわね(笑)。
 
 本当に、理数系の勉強ってわからないからこそ魅惑的なのだね。うーんでも、あきらめつかんわ。
 子供向けの本からぼちぼちがんばってみよう。
 ただ!うちの子供らも親に似たのか算数苦手なんだ・・・。
 
スポンサーサイト

くるくる竜田揚げ大好評!

 先日娘が校外学習でお弁当持ちでした。
 「おかず何入れてほしい?」と聞くと「からあげ!」と即答だったので、ふとコメント欄でるるるさんに教えていただいた「豚ロースくるくる竜田揚げ」を思い出し、「豚肉でやってみようか?さめてもやわらかいんだって」と言ってみると、「なにそれ!?おいしそう!」とお目目キラキラ(笑)。

 早速前日の夕食に作ってみることに。
 醤油とはちみつ、おろしショウガ、酒に薄切り豚ロースを漬けこみ、くるくる巻いて片栗粉と小麦粉ブレンド(例によって片栗粉が足りなさそうだった)まぶしつけ、揚げてみたよ。
 ちょっと焦がし気味になっちゃったけど、味は良かったみたいで子供たちが興奮して喜びました。
 食にこだわる息子いわく、「食べたら肉汁がじゅわーって出て、口の中やけどするから気を付けて」だそうです。

 校外学習は寒い日でしたが、娘いわく「全然かたくなかった!鶏のからあげは固くなるのに!今度からこれがいい!!」とのこと。
 鶏のから揚げよりも早く火が通るし、本当にこれはいいわ♪
 いやーおかげさまで我が家も豚ロース薄切りくるくるキャッホー!族に仲間入りです。
 素敵なレシピありがとうございました♪

 そりでは、わたくしも少々のアイディアをば。
 息子の特別支援クラスでもちつき大会をしたのですが、砂糖が去年封を切ったものを冷蔵庫で保存しておいたもので。
 もうガッチガチに固まって、きなことか醤油に混ざらない(困惑)。
 角砂糖どころじゃない、すでに小石みたい。手で割っても小石が少し小さく割れるだけで崩れないダメだどうしよう。
 水分補給させて一日置くといいとか、レンジにかけるとか、時間ないし学校の教室でやってるから無理。
 はさみの持ち手で叩いたら袋が破れただけだった・・・。
 困ったよーん。
 ふと思いついた!おろし金!
 家庭科室におろし金を借りに行って、砂糖のかたまりをすり下ろしたら簡単にサラサラになりました!
 おおこれも先日パン粉切らしてお麩をすりおろしたおかげか!ピンチは経験値あげるね!
 他のママさんたちにも「これはいい!」と評価してもらいました。
 めでたくできあがったきなこもちと砂糖醤油の磯部もち、子供たちに大好評だったよ。 

 

カンタンジップロックで梅干し作り

 えらいこと季節外れですが、私流の梅干しの作り方

 梅1キロ
 塩180グラム(梅の重量の18%)
 砂糖36グラム(塩の重量の20%)

 梅は黄色くなるまで、紙袋など通気性のあるものに入れておく(買ってきて一晩~二晩置く)
 黄色くなったら一晩水に漬けてアク抜き。
 きれいに洗って、ザルにあげて水けをきる。
 キッチンペーパーで優しく水分を拭き取って、竹串でヘタを取り除く。
 塩と砂糖は混ぜておく。
 大きいサイズのジップロックに1キロの梅が丁度おさまります。
 ジップロックにホワイトリカーを少しそそいで、まんべんなく行きわたらせて消毒。ホワイトリカーは捨てます。
 混ぜておいた塩、砂糖をジップロックに半分入れ、梅を半分入れ、また塩砂糖を入れ、残りの梅を入れる。
 梅が塩砂糖となじむように優しく優しく転がしてまぶしつける。
 空気を抜いて封をする。
 
 ジップロックを念のためもう一枚重ねて(穴が開いてることがあるので)封をし、そのまま梅から梅酢があがってくるまで平たい状態でおく(お盆かバットに入れて)。
 一日に二回ほど袋を返してまんべんなく梅酢につかるようにする。
 砂糖が早く浸透するので、大体二日もすれば梅が梅酢につかる位になります。
 で、あとはそのまま土用干しの時期まで放置。
 
 梅雨明けで天気のいい日にざるに三日間ほど干して、市販のもみ赤しそと交互に重ねて保存容器に入れておしまい。
 消毒はすべてホワイトリカーで濡らすだけですわ。
 ただし、市販の塩分控えめのものとちがって、昔ながらのしっかり酸っぱくてしょっぱい梅干しですのでご注意。
 最初のうちは砂糖の甘味を感じますが、時間と共になじんでまろやかさに変化します。

そりゃあね、親だって人間だものやってられないことだらけ

 今日、ペアレントトレーニングに行ってきました。
 時間が足りなかったので、先の記事で書いた個人的な相談事は講師の先生にできなかったけれど。
 なんせ、他のお母さんたちの相談事の方が切実でしたから・・・。
 
 ちなみにペアレントトレーニングとは。
 「子育て中の親が、親としての役割を積極的に引き受けていくことができるよう、親子共々支援するために開発されたものです。
 親は子どもを育てていく経験を通して、親として成長していきます」
 というものらしい。
 
 私たち発達障害児の親の場合には、一般的な子育てよりも多くの困難が伴います。
 親が子育てに悩みを抱えていることが多い為、まずはその悩みがどういう原因から起きているのか、どうすれば改善されていくのかを、発達障害児の特性を勉強し知識を増やすことによって探っていこう、そして親がヘルプを求めたい場合は相談し、情報交換をすることによってお互いに支えあって行こう、という主旨の集まりです。

 うちの子の小学校にて、三年前に支援学級の教師と保護者の間に対立が起き、そこから学校側と様々なやりとりがありまして、まあなんだかんだで、うちの県で療育実践者としてトップクラスの先生を保護者が招きペアトレの講義に来てもらえる事となりました。
 その場所としてうちの子の小学校の一室を借り、全5回の講義を行っていただいています。

 毎回毎回、新たな気付きを与えてもらえる、大変に貴重な時間です。
 講師の先生の見立てが本当にわかりやすく自分の子を見てもらっていないのに、まるで長い事療育してもらっているかのようにドンピシャ!
 そして「こういう風にしてみたら」というアドバイスが実に的確なのです。
 
 今回も、先生のお話や、他の方の相談を聞いたりする中、たくさんの収穫がありました。

 で、一番これはなるほど!と思ったこと。

 親は教師や療育者とちがって、生活全般で子供と関わっているのだから、本の通り、理想通りの療育態度を取り続けられるわけがない。
 家事もしなきゃいけないし、仕事をしているお母さんはそう長い時間子供にかかわる時間もとれない。
 それぞれの家庭の事情があるのだから、「このやり方をしないとダメ」というわけにはいかない。
 体調が悪い時や兄弟の子の問題で悩んでいたりしたら、ついつい怒ってしまうこともあるでしょう。

 怒ってしまった時には、必ず子供に謝ること。
 大人は色々と気が回るからついカッとなることもあるでしょうが、逆に冷静になれるのも早い。
 怒りが落ち着いたら、「さっきはごめんね、お母さんイライラしてしまったね」と謝る。
 そして、大事なことは「もうこれで怒った事はおしまい」と、子供に終わりをしらせる事だそうです。

 「もうこれでおしまいね」と終了を告げないと、人の表情や状況を読み取るのが苦手な発達障害の子たちは、いつまでも親が怒っているのだと思ってしまう、そこで心の不安が収まらないので次の行動にスムーズに移れないのだという事だそうです。

 子供の気持ちを切り替えて次に向かわせるために「もうこの話はこれで終わりです」とはっきり告げることが重要なのです。

 本には発達障害の子たちに大声を出したり、しかりつけたりすることはいけない、丁寧に冷静に落ち着いて教えて行きましょう、親が感情的になってはいけません、と書いてあるけれど。
 いくらそう心がけていたって、カッと頭に血が上ることがあって当たり前なんだもの。
 無理に我慢して、怒りの感情を押し殺したら、余計に怖い表情になってしまって子供がおびえる事もありますでしょうよ。
 だって親もにんげんだもの(パクリ?) 

 この話はでも、発達障害に限らず一般的な子育てでも重要なポイントなんじゃないかな。
 
 

もうじきに年度末になっちゃうからいまさら

 三学期なんてすぐに終わってしまうから、今更ああだこうだ担任に要望するのもなぁ・・・。
 でも、結局この1年でやっぱり自閉症児の特性への理解は得られなかったような気がする。
 しつこいと思われても言い続けたほうばよかったんだろうか。
 しかし、確かに交流クラスの定型発達の児童と一緒の行動をさせられたことで得られるものも大きかったのかもしれない。
 
 息子が自分の気持ち、感情の総括ができるようになるのは中学に入ってからだろう。
 親が彼の代わりを名乗り過ぎるのもおこがましいのだろうし。

 ちょっと今、悩ましく思ってしまう。
 
 今日は幸いペアレントトレーニングの日だから、この気持ちを相談できるなぁ。
 方向性が定まったら、またひとりごとをつらねるとしますか。

 さ、支度していってこよう!

おそ松さん:ハマりきった足がもう抜けない

 久しぶりにアニメージュとか本屋で探してしまった今日この頃。
 いや、さすがに店員に尋ねはしませんでした。ただ、もしも店頭にあったらちょい手に取るくらいのつもり・・・そうそのつもり・・・(白目)。
 おそ松さん人気で売り切れなのは田舎の書店でも同じでした。
 ええ、マンガ化の新連載が始まったYOUも、もちろん店頭になかった。
 もちろんそうよねー、大人気らしいものねー、ほほほ、ただちょっと手に取るだけ、どんなのか見てみたかっただけよほほほ・・・(白目)。

 さあ、主婦の立場としてスーパーでお買い物よっ。
 今日買うべきものは洗剤と濡れティッシュとお肉売り場で何か安売りしてるかしら??
 横目で雑誌売り場をながめる私。
 YOUがあるじゃないかっっっ!!
 光の速さでカゴに入れる私。
 いやだって!なんか付録があるみたいでヒモでしばってあったし!チェックできなかったし!自分用のマンガ雑誌なんてもう
何年も買ってなかったし!たし!たし!

 ・・・去年の12月には「えー、漫画『おそ松くん』が原作のアニメを原作にして漫画化って意味不明やん」とハナホジしてたのに。

 いいトシしてここまでハマった自分の思考回路が意味不明だわ!(ツッコミ)

 ・・・新連載評判通りめちゃおもしろかった。
 ついでにヒモでくくってあった付録が萩尾望都さまの別冊マンガで!母ちゃんしあわせだ!
 YOUを手にするのって「ぼっかぼか」連載されてた時以来だけど、森本梢子と山下和美の連載もあったし!
 いやぁー勢いで買っちゃったけど、終わりよければすべてよし♪

 とりあえず。
 シュークリームを口の奥にとっておいて少しずつ出してなめるとずっとおいしい
 十四松、体の構造どうなってんだ。


時間経過が味を深める

 三年前から梅干しを漬け始めた。
 きっかけは生協のチラシにジップロックで簡単に梅干し作り、というレシピを見つけて。
 瓶を消毒したり、カビを防ぐためにあれこれがおおごとで面倒くさそうで手を出さなかったけれど、かつて母が毎年梅漬けを作っていたので1キロから作れるんならやってみよう、と。

 この初めての梅干しが結構上手に作れて、簡単で楽しかったので、翌年からは2キロずつ漬けることに。
 去年は3キロ作ろうかと思ったけど、ちょっと量が増えると保存用のビンも増やさなきゃ、って面倒で2キロのまんま(苦笑)。

 作るのが少量だからすぐに食べてしまって、3年前のはいつの間にか一粒だけ小皿に入れてラップしたまま冷蔵庫にしまわれ、忘れ去られておりました。
 で、先日発掘されて梅和えに使われたのですが。

 この3年前の梅干しが、まろやかで「うう!スパー!!」って口が歪む感覚が全然こない。
 漬けて半年から一年ほどで食べきったんだけども、その時は普通のスッパイ梅干しだったのに。
 ああ、味わいが熟成されるってこういうことを言うんだな、といいトシして初めて感じ入りました。

 実は去年は梅シロップにも手を出したんだけど、アルコール発酵を防ぐために酢や塩を使ったせいかなんだかイマイチおいしくなくて。
 夏の梅ドリンクにする予定だったのに子供たちも喜ばず、たまに調味料として使うくらいで、これまた野菜室で深い眠りについていたのですが、ふと思いついてお湯割りにして飲んでみたら、これまたまろやかに風味がまして、作り立ての時に感じた妙なえぐみがきれいに消えてなくなっていました。
 さすがに季節的にソーダで割って飲むのは体を冷やしそうなので、時々お湯割りで飲んでみよう。

 じっくりとあせらずに待つ。
 なにごともそれが大事なんだねぇ。
 子育てにそれが全然できない私です。少々反省。

SMAP問題一応決着したね(ふーん)

 昨晩生放送にて緊急会見。
 結局SMAPがジャニーズ事務所に残ることになったようですが。
 解散がまぬがれたという事らしくて、ワイドショーでは「よかった」「ほっとした」というセリフがコメンテイターから続々吐かれました。
 そうしてまた「雨降って地固まる」これまで通り、いや、これまで以上の活躍を期待したいですね~、って司会者がまとめてるよ。
 
 人間の気持ちってそんなに便利なもんかなぁ。
 ずっとずっと信頼して、気心もわかっていて、すべてを任せきった人を失って。
 芸能人として、ファンのために自分たちのスタッフのために、これまでのカタチを続けていくという選択をしたのは四十を過ぎた立派な大人である彼らだけど。
 ただでさえ、神経を使う仕事に従事している彼らの気持ちの張りは。
 ほんの少しの気持ちのすれちがい、これまでとの習慣の違いであっさりと折れてしまうような気もする。

 がむしゃらに仕事をやって過ごしてきた若い時代と違って、年齢的にも全くこれまでと軸足の違うスタンスへのチャレンジは難しいはずだ。
 SMAPという強固なペルソナを脱ぐことは許されないなら、
 これから前人未到の五十台アイドルへの道のりは、本来確実にこれまでのキャリアを踏み続けていくしかないと思うのに。
 多分、今回の騒動がなければその道のりは確かに10年先まで見えていたと思う。
 私みたいに大してSMAPに興味がない人間でも、四十代にして現役アイドルを続ける姿には感心させられていたし。
 楽曲もダンスもうまいこと大人にシフトしていってるなぁ~と思ってた。

 でも、SMAPが今までのように活動するのに必要な人はいなくなってしまったそうだ。
 たしかに。
 企業でどんなにできる人が急にいなくなっても、穴を埋めることはできる。
 というかそうしなきゃならない。
 担当者がやめたからこの件は中止します、てわけにはいかない。
 そりゃ事務所側もプライドにかけてなんとかするだろう、飼い殺しなんかにしたら世間に何言われるかわかんないからね。

 ただなぁー、
 芸能人ってたしかに商品だけど。
 にんげんだからなぁー。

 本人たちの人気や気持ちとは関係なく湧いてでてきた解散騒動。
 人の恨みって怖いよね。あとあとまで残るからね、恨む気持ちはね。

おはなし、おはなし

 この冬から久しぶりに気に入ったマンガとか読み始めたり読み直したりしてました。
 何年も読んでもなんだか今一つふぅん、ていう感じだったりしたのだが。
 少しずつ心が動き始めたというのかな。
 鬱がつらかった時は、ひたすら考えが「自分なんかいなくなればいいのに、しねばいいのに」に直結してしまって、とにかく子育てだけはやらなきゃ、とそれ以外にエネルギー使うことができなかった。
 人と会って話す機会があっても、その時は楽しくても後で疲れ切ってしばらく寝込むというか、体が動かなくなる感じ。
 ブログを休んでいた時なんて、スケジュール帳に予定書き込むのも面倒だったり。

 最近は鬱が回復してきたためか、 少しづつだけど、いろんな事が考えられるようになって、ちょっと小難しいことを考えたりしたくなってきたり、というところまでやってきました。
 で、マンガ読んだりドラマ見たりアニメにハマったりしてるうちに、ますます癒されつつある感じかな。
 おはなし、物語の人を感動させる力、笑わせる力ってやっぱりすごい。
 つくづくそう感じました。

 今年は去年までよりも、もう少しアクティブに過ごしたいと思います。
 体調不良は相変らずだけどね、ちょびっとだけ頭がクリアになった感じがするので。

 で、先日買ってきたのがこの本。
 

もちろん最初からよくわかんない。ので、世界はぜんぜんかわってみえてないよ(爆)。
でもきっとこれからだ、きっとこれから変わるはずなんだ!

 ・・・というか、選択を間違ってるよね、この記事の主旨からいっても(自爆)。

SMAP騒動で逆にマッチについて考えてみた

 ババァがきょうびの話題について考えてみた。
 まさかNHKのニュース番組のトップで扱うとは思わなかったわ<SMAP解散騒動。
 思い返してみると、現在40代を迎えて現役トップを張っている(まさに20年以上君臨し続けてる)アイドルグループって、確かにSMAPが初めてですわねぇ。
 バラエティ番組で「う●こ」とか下ネタ発言した初めてのアイドルだった。当時は衝撃が走ったっけなぁ。
 貪欲にいろんなことに挑戦し続け、アイドルというよりアーティストの域を目指して、届いていた新しさ。
 NTT東日本のCMだっけ?ガッチャマンシリーズは、西日本にいた私には見られなくて悔しい思いをしたもんだ。
 そう思えば、芸能史に燦然と輝くスターな存在だったことは間違いないですね、歌が教科書に採用されるくらいだし。

 なんか、解散騒動は所属事務所の内輪もめのせいだとかなんとかですが。
 それでネットのニュースとか見たらねぇ、近藤真彦ことマッチが事務所のトップだとかなんとか。
 私、十代半ばのころ、たしかにマッチのファンだった。
 スニーカーぶるーすとか、未だにフルコーラス歌えますわ。
 優等生なトシちゃんに無い、やんちゃで子供っぽいけどもどこか生真面目さを隠した照れ屋な感じが素敵だったのよ、当時は。
 だけど。だけどね。
 思ったように伸びない感じだった。
 いつまでもやんちゃでカッコつけてる田舎の兄ちゃんだった。 
 当時はヤンキー大流行だったし、元気で愛嬌があるのは確かだったけど。

 歌がど下手で、生放送で出演するたびアゴが外れるかと思うような歌唱力だったトシちゃんが、それでも少しづつ上達を見せ、ダンスはキレッキレで、ドラマにも大活躍、全世代に大人気だったにも関わらず。
 いつまでも歌は下手なまま、ロクにダンスも踊らない、演技力だって大したことのないマッチは同世代の若い女の子たちには熱狂的に受けていたけれど・・・。
 でも、事務所はトシちゃんよりマッチ推しだった。
 なぜ!?って思ってた。
 トシちゃんのファンではなかったが。
 そこまでマッチにカリスマ性があるとは思えなかった。

 現に。
 今のマッチは若い子たちにしたら「自分の好きなアイドルグループの会社のえらいさん」でしかないでしょ?
 マッチの歌を今聞いたって、「おっさん、歌下手じゃん」なわけでしょ?
 実際大人になったマッチが紅白で歌ったのって、全盛期のヒットソングで今の40歳以下は誰も知らない曲だよ。

 そんな大人の男に成り損ない人間と、まだまだこの先10年は活躍しそうなSMAPとでは、経済規模も違ってくると思う。
 どうして事務所がそこまでマッチ推しなのか、さっぱりわからん。
 私は、マッチがいつまでもピーターパンもどきでやっていくのがわかったから、あっさりファンをやめた。
 昔の歌をなつかしく口ずさむことはあるけど、今マッチがテレビに出てても観たいとも思わない。

 まったく、部外者というか、一般の人間からみたら不可解なだけの騒動だと思うわ。  

教えてよー先生よー

 最近算数の問題が難しくなってきて、宿題するのに四苦八苦のうちの息子とその親(あ、自分か)。
 実はね、冬休み前に二学期最後の特別支援学級PTA懇談会で、子どもの現在困っている問題としてその話題を出したんですよ。
 こだわりなのかどうなのか、未だに加減算をするのに指を折りながらやる。
 割り算の商を立てる際にはいちいち九九を一から唱える。
 (36÷4だと、4の段をしいちがし、しにがはち、しさんじゅうに・・・とやり始めるので商の9にたどり着くまで時間がかかりすぎる)
 二桁の数で割る際に、あたりをつけるのがものすごく苦手。

 このあたりのことを言ったんですが。
 すると息子の担任が。
 「そうですね、そういうお子さん私も今まで何人も見てきました。割り算をぱっと九九で出せないで、いちいち頭から九九を唱えだすっていうのは、息子さんだけじゃないんですよ」
 しれっというわけですよ。

 ぅおいこらー!!

 なに他人事みたいに言ってんですか!あなたの直接の教え子ですがな!ならばそういう困難を抱えた子への対応をお願いしますよ! 
 今まで何人も見てきたんなら、そういう子に効果的な指導のしかたっていうか、わかりやすくする工夫とかあるんでしょうが!
 仮にも特別支援級で何年も指導してんなら!
 おのれのスキル見せてみろよスキルをよ!!

 三学期になってしばらく経つけど、もちろん宿題は今まで通り、通常クラスと同じ学習ドリルの範囲を指定されるだけだよ。
 ちょっとは工夫したようなプリントの一つとか期待したんだがよ。
 息子が自力で解けないのがわかってるんだろうが、4年生向けの基礎プリントでもいいんだよ!

 昨年度の担任は色んなプリントで宿題出してくれたり、息子の情緒の状態をみて、色々と宿題の加減をしてくれていた。
宿題の量としては今と変わらないけど、大して問題なくこなしてたよ。
 しかも、昨年度は色々あって担任は途中から急きょ押し付けられた担任だったから特別支援の経験がない先生だったのに。
 子供をみて、先生なりに工夫して下さった。
 息子も勉強を嫌いではなかったのに。

 ・・・のに。なのに今年度になってからはーーー!! 

 わからないでパニくる息子とその横で一緒にパニくる今の担任の授業の様子が目に見えるようだわ!
 しっかも漢字の宿題は何度もふりがな忘れて出すから、何の漢字書けばいいのかわからんわ!
 普通にドリルかプリントのコピーでいいだろ!なんでアンタの手書きの手本にこだわってんだ!?

 まったく、特別支援級の主任のくせにやる気ねーのか、スキルねーのか、頭わるいのか。
 どれなんだよ!!(怒) 
 

家庭料理とは

 家庭料理とは。
 家族が食べる料理だから、なんでもありではないでしょうか。

 先日いつから野菜室にいるのかわからない長芋を発見。
 梅和えにして食べようと思い立ち、梅干しをたたいて鰹節と醤油とすし酢とみりんにとろろ昆布で和え衣を作り、スライサーで千切りにして和えてみた。
 味見。
 長芋が古くて固くてえぐくて生食できたもんじゃない(焦り)。
 捨てようか。
 でも和え衣おいしくできたのにもったいない。

 母ちゃんはジャガイモもスライサーで千切りにして加え、海苔をちぎって混ぜ込み、ごま油でお好み焼きみたく丸く焼きました。
 食べられるものができたよ。

 三日前。
 魚のフライを作っていたら、パン粉が切れた(焦り)。
 買い置きがあるはずと思ったらなかったのだった。
 どうしよう。
 さよりだからから揚げにしたらせんべいみたくぱりぱりになりそうだし・・・。
 そこでお麩をすりおろしてパン粉の代わりにつけて揚げてみた。
 食べられるものができたよ。

 家庭料理とは。
 食べられればいいんだ、食べられれば(開き直り)。

おそ松さん:リカちゃん人形説

 新年早々、それはもう放送事故(爆)話の3連発だったおそ松さん。
 今日から子供たちが学校(昨日は始業式だったから早く帰宅した)なので、録画を観返してたけど、やっぱりゲラゲラ笑ってしまった。
 ヒドイ、あまりにもヒドイ(特に3話目)。
 13話を見てから、感覚がおかしくなったようだ。
 今まで子供たちに禁止してた2話目の後半が、「これくらいなら大丈夫かぁ」と見せてしまったら、規制音がやっぱり薄くて元の言葉が聞き取れてしまうので、普段観てない相棒にドン引きされてしまった。
 反省。今度からそこだけ早送りにしよう。

 クリスマス回がひどすぎる、と思ってたけど13話はそれどころではなかったので、見せちゃいけない回をまとめて一つのフォルダに入れた。
 新しくなったオープニング曲だけ聞かせて、とねだられるのだが(結構ハマる曲だし)、なんせ曲が始まる直前のシーンがえげつないので(滝汗)、早送りや巻き戻しのテクニックが大変でござる。
 早く来週が来てほしい。
 きっと今回よりはマシなはずだもん。

 それにしても、今度は野球の侍ジャパンとコラボとか、エンディング曲のCDがバカ売れとか、おそろしい勢いのアニメだわ。
 グッズも山盛り売り出されてるし。
 マスコットとかストラップとかポーチとかはわかるけどさ、アウトドアのリュックとコラボて!いやアウトドアのバッグシンプルで丈夫だから好きなのよ。
 かつてマザーズバッグとして愛用してたわよ。
 ちょっとほしいじゃないか(い・・・いや、買わないけどさ、さすがにこの年齢だし:笑)。

 思ったこと。
 結局おそ松ファンの腐女子(っていうのね、やおい好きな子たちのことを今は・・・)たちって、好きなゲームやアニメのキャラでお人形さんごっこしてるんだろうな。
 リカちゃん人形で、自分たちの好きなお話を作って楽しくおままごとしていた頃と、やってることは同じだと思うんです。
 だからー、関節可動できて好きなポーズをとらせることができる、リカちゃんサイズの着せ替え人形を作ったら売れると思うの。
 タカ●トミーさん、指くわえてみてる場合じゃなくてよ!
 ドクロのライダースジャケットに痛タンクトップのカラ松着せ替え人形、ぜーったい需要あるって!!
 値段設定多少高くても売れるって!!

新学期始まる

 はあー、やれやれ、今日から三学期授業開始です。
 もう、冬休みの宿題をやらせるのつらかった・・・最終日の午後7時過ぎまで書初めの課題やらせてたよ・・・。
 太筆を使わせられるスペースは一人分しか取れないので、交代で書かせたから時間かかって・・・。
 どうして書初めをそんな遅くにやらせたかっていうと、

息子の他の宿題がその日まで終わらなかったから。

 娘はさすがに年末になる前に終わらせてたんだけど、書初めとなるとスペース作るのが結構面倒くさいので(なんせ汚部屋)、一度にやらせようと思っていたら、こんなに遅くなってしまったという・・・。

 子供たちの勉強スペースを、今年こそちゃんと確保してやらんと。
 親もしんどいわーーー。
 
 というわけで、今年こそ部屋を片付けよう。
 10年以上同じこと言ってるけど。

 それにしても。
 さかなクンのご母堂様は、学校の成績が悪くても好きなことをやりなさい、とあたたかく見守って子育てされたそうですが。
 わたしには無理無理無理無理~~~。

 魚研究ならば面倒なことも厭わず、学習、飼育、観察、模写、採集とすべてをこなした異才のさかなクン。
 ・・・最近ひたすらゲームで遊んで、ゲーム動画ばっかり見てて、ではこのゲームを作るには何をどうするか?とか考えもしないうちの息子をさかなクンさんと比べること自体がおこがましいか(苦笑)。

 昨日出た宿題は、理解できてるはずの小数同士の掛け算だったけど、小数点の位置移動を含めて全部答えが間違ってた(泣)。
 でも時間が遅かったからやりなおさせずにそのまま持っていかせました・・・。
 ちゃんと解きなおして帰って来るのかな・・・正直今の担任、教え方上手じゃないからなぁ・・・(愚痴)。
 

  
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。