透明なこころでありたい

楽し気な中学生活

 色々とご心配をおかけした娘の問題も引きずらずにすみましたので、なんでも忘れちゃう自分の備忘録的にまた今後記録をつけることにするとしまして。

 小学校を卒業し、この4月晴れて中学生になった息子の生活を書き込みします。
 さて、小学校入学時から、特別支援級の先生や先輩のお母さんたちに聞かされていた話。
 それは、「小学校の間は丁寧なフォローがあるが、中学になるとあまり手をかけてもらえないらしい」
 ということ。
 なので、小学校6年間の間に子どもの方向性を見極め、中学以降の進路を考えて、できることを増やしていって下さい、みたいな話を、支援学級のPTAのつど、主任の先生がされていました。

 確かに中学になると勉強は難しくなるし、教科担任制なので小学校の時ほど子ども一人一人に目が行き届かないだろう・・・。
 
 息子の先輩にあたる情緒クラスの子どもたちの多くは、6年生で通常学級へ転籍、もしくは通級という形をとるようになり、知的クラスの子どもたちの何人かは特別支援学校へ進学していきました。

 さて、問題の息子。
 勉強は確かにできないものの、平均知能。
 周囲に合わせた行動も取れるので、支援学校というのは選択肢に入らない。
 しかし、もろに自閉症の特徴が前面に押し出されていて、親しい友達とか作れないタイプです・・・世界が自分軸なんだもの。
 というわけで、通常学級に常時いるのは難しいと思い、中学でも小学校とあまり環境が変わらないように、特別支援学級で生活することをベースに、ついていけそうな教科は交流級で学習する、という形をお願いしました。
 
 小学校入学時から6年もたつと、色々と状況が変わったらしくて、希望すれば支援級ですべての授業を受けることもできるようになったとは聞いていたのですが、息子本人がコミュ力無いわりに通常クラスの仲間と一緒に過ごしたがるので、できるならば支援級に閉じこもる形は避けたいな、と思ったのです。

 入学前から支援クラスの先生に相談する機会があり、授業の受け方や学級活動の参加などずいぶん柔軟に対応してもらえるんだなぁ、とほっとしました。
 
 さて、心配していた息子ですが、入学以来1週間、ほぼ中学校生活のオリエンテーション。
 クラス内自己紹介や掲示物作成、新入生歓迎会、実行委員会の委員決め、部活見学、などなど、ほとんどの時間を通常クラスで過ごしているようです。
 給食も今まではずっと支援クラスで少人数で食べていたのが、通常クラスで食べているとのこと。
 初日は「おかわりできなかった・・・、みんなすごい勢いでおかわりするから・・・」と、食べること大好きな息子がしょんぼり。
 「やっぱり給食は支援クラスで食べようかな・・・」とつぶやいてましたが、翌日には慣れて「鮭の塩焼きはじゃんけんで負けたけど、野菜炒めはお代わりできた」とお代わり争奪戦に参加できるように。
 
 小学校時代と違い、給食時間は支度も含めて30分足らず、昼休みも25分という状況ですが、「はあー、疲れた」とかいいつつ、通常クラスでの毎日をエンジョイしているようです。
 
 さあーて、いつまでこの楽しい毎日が続けられるのかな・・・?
 これまで、新学期が始まるたび起こして来た数々のトラブルを忘れられない母は、この順調さが嵐の前の静けさに思えてなりません・・・なかなか息子を信じきれないのであります(苦笑)。

 今日は初めてのテストです。
 ああー、6年の実力テストの算数30点だったんだけど、どんな結果になるんかいな。本人なんの根拠も無く自信満々です。
 正直、あのメンタルが羨ましいw

 

 
スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。



ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード