透明なこころでありたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの部活、東京へ展覧会見学

 先日、息子が中学の部活の校外学習に参加してきました。
 棒人間と謎絵しか描けないくせに美術部なんですけど、選択した理由がこの夏休みの校外学習でした。

 「毎年夏休みに東京へ展覧会見学に出かける、去年は六本木の新国立美術館と品川のエプソンアクアパークだった」 
 入学後の部活動案内でそう聞いて、入部を即決した息子。
 東京などの都会が好き。博物館や美術館や水族館が好き。お出かけのチャンスは逃さない。
 そんな息子にとってはこれ以上ない誘惑。
 自分が絵が下手なのは自覚していて、人前で絵を描くことを徹底的に嫌がる子でしたが、それ以上に見学会の魅力が大きかったようです。
 
 さて、今年の行先は岩崎ちひろ美術館に決まり、ちひろファンの息子は大喜びでした。
 しかーし、当日ちょうど休館日に当たったとかでがっかり。

 変更になった行先が渋谷。
 もう一か所がディズニー展。
 行ったことがない場所に、苦手なディズニー。
 ブツブツ文句を言う息子でしたが、展覧会に私の大好物のヒエロニムス・ボスの絵があるとーー!
 「いいからとにかく言ってこい、そして母ちゃんにボスの絵葉書買って来い!」
 と送り出しました。

 「ただいまー!」と帰宅した息子は満面の笑顔。
 聞かなくても楽しかったのがわかりました。
 息子は機嫌がいいとべらべら自分から出来事をしゃべってくる子なのですが、「渋谷人が多くてスゲーってなった!」
「日本未来科学館がリニューアルしてて、前と展示が変わってた」「バスで六本木の前を通った時『ここ来たことがあるよ』って言ったら友達がびっくりした」「ディズニー嫌だと思ってたけど案外良かった、もう一度見に行きたい」などなど、たくさん報告してくれました。
 もちろん、私へのお土産の絵葉書も。 
 後からブリューゲルやルーベンスも展示されてたと知り、「もう一度行きたい」と言う息子と二人で行ってみようかと企んでおります。ううう、久しぶりに本格的な美術展行きたいよーーー!!!

 ところで、美術部だからずっと絵だけ描いてるのだろうと思っていたのですが、意外とそうではないようで。
 運動部の県大会への激励文を描いた掲示物作りや、吹奏楽部のコンサートのポスター作り、夏休み明けの運動会の掲示物や入場門退場門などの飾り付けなどなど、色んなものを制作するそうです。
 不器用な息子もレタリングの中の色を塗ったり、荷物を運んだり、高いところに掲示物を張り出したりなどなど、作業に参加しているのだとか。
 そして同じ1年の子たちは息子以外全員女子で真面目な子たちが多く、からかわれたりする事も無く、普通に雑談したりできるそうです。

 元々、グループ活動が苦手で、統合の授業などでのグループ制作の時には何をしていいかわからず、うろうろするだけだった息子にとって、共同作業を体験できるチャンスは本当に有り難い。
 そして、「絵が上手くなりたい」と言う目標もできました。
 将来の息子の生活で有意義な趣味になったらいいな。
 いい部活選択ができたなぁー、と母も喜んでいます。 

これの絵葉書を買ってきてくれた♪それと、本場のベルギーワッフルがお土産でした。 
 
about_1_img_1.jpg

モアナは原画もキレイだったんだなぁー♪

highlight_photo_01.jpg

  
スポンサーサイト

甘梅干しがいける!!

 いつまでも梅干し話がやめられない(苦笑)。
 さて、今年は1キロ分カビさせてしまったので、いつもなら干し終えたらひとまとめに瓶に漬け込むのですが、1キロずつ分けて保存することに。
 瓶がたくさん必要で面倒くさい。
 ぶつぶつ文句を言いながら、1キロずつ干しては漬けこみ、やっと先日最後に甘梅干しを干し終えて漬け込みました。
 去年は3キロまとめて干したので、大きなざるに並べて「ふふーん、梅仕事してるわぁ♪」といっぱしのできる主婦気取りでした。
 今年は1キロずつ作業したので、でっかいざるを出すのも面倒。
 ファミマで買った平たい紙皿に並べて干しました。
 ジップロックで漬けて紙皿で干し上げる。
 ズボラすぎて風情も何もあったもんじゃないけど、ラクちん。
 
 で、その最後の砂糖けちって失敗したかも・・・と思ってた甘梅干し、干し終わって一つ味見したらいける!
 まろやかでおいしいー。
 時間が経って味が落ち着いたみたいです。
 市販のお菓子みたいなはちみつ梅とは違って、しっかり酸っぱくてしょっぱいけど、いやいやこれはいけますね!
 娘にも味見させたら、「おいしいー」って!
 梅好きの母娘で大喜びです。
 いや、ざらめ要らない。これで十分だわ。
 来年は倍量漬けるぞ!
 甘梅酢にスライスした大根漬けてみた。
 簡単でおいしいー♪
 本当に、分量間違えて下さったるるるさんに大感謝です!ありがとう!!

 でも、娘が料理・お菓子作り好きのクラスメイトから「自分の家では甘い梅を漬ける時、りんご酢を使う」という話を聞きこみ、そっちにも興味が!
 夏休みに入っちゃって、聞き出せないんだけども、二学期になったらきちんとレシピを聞いてきてもらおうっと。

すごいぜ中学校!

 息子の支援級担任と連絡ノートをやりとりしていて、日々の息子の様子を細かく報告して頂いてます。

 先月の話ですが。
 昼休みに息子がグループに囲まれてパニックを起こし、相手の子たちを殴ってしまったという出来事がありました。
 その場にいた先生たちが事情を聴いてくれたのですが、息子はからかわれたと思ってパニックになったが、グループの子たちはからかっていない、と言ったそうです。
 なので「勘違いだよ」と息子に伝え、息子も殴った相手に対して謝罪したとの事。
 今後からかわれているように感じたら、近くにいる教師に確認を取って、自分の気持ちをもめないように伝えよう、と約束をしました、とノートに書いてありました。

 で、その夜本人に確認したところ。
 「グループの中のK(小学校時代から息子をからかったり殴ったりしてくる苦手男子)が『○○さんのこと好きなんだろ?』とからかってきて、それが図星だったから恥ずかしくて、やめてくれずしつこく言われてパニックになった」
 というのが事実だったと。

 その旨を連絡帳に書き、息子がとっさの場合に状況をうまく他人に伝えられない事、事実ではなくても「~な状況だったの?」とたずねられたら条件反射的に「はい」と肯定してしまって反論できない事などを伝えました。 
 (これは息子が状況を理解できないのではなく、パニックを起こしたことがいけない、恥ずかしい事だという気持ちが強く、自分が悪かったのだからまず謝って状況を改善しようというクセがついている為)。

 それから4日後。
 息子の帰りが今日は遅いなぁ~とのんびり待っていたら、担任から電話連絡が。
 また昼休みにいつものグループにからかわれてパニックを起こし、女子数名をなぐってしまったと。
 「すみません、相手のお子さんにケガは?」とたずねようとしたのですが。
 
 前回、連絡帳に書いたことを参考にして、まず息子を1時間ほど落ち着かせてから、担任と生活指導の先生とで事情をたずねて下さったそうです。
 すると今度はクールダウンしたせいか、自分で相手の子たちにからかわれてこういう事を言われた、と説明できたようで。
 前にパニックを起こしたので、今回は早く支援級の教室に戻ろうとしたのですが、グループに囲まれて逃げられず、しつこくからかわれて我慢できなくなったと。
 
 そしてからかって来たグループ全員を一人ずつ呼び出し、話を聞いてからかいの事実があったことを確認したので、全員に息子へ謝罪させたと。
 それぞれ保護者を呼び出して、「こういう出来事があったので」と指導していますと・・・。
 昼休みからこっち、授業を潰して対応して下さってたようです。
  
 「遅くなったので、自宅まで中学の公用車で送ります」 と言っていただいたのですが、たまたま相棒が先に帰宅していたので迎えに行ってもらいました。
 帰宅した息子に、「先生たちに何か言われたの?」とたずねると、
 「生活指導の先生に、『からかいの事実があった事を気づけなくて、申し訳なかった。そしてからかって来た子たちに代わって謝ります、ごめん』って言われた」との事。
 
 正直、小学校時代も同じことをやられてました。
 で、息子がパニックを起こし、支援級担任からパニックを起こさないようにしようと指導される。
 話を聞いた私も、「つらかったのはわかるが、パニックしないように逃げ場所をつくるか先生に相談しよう」と言ってました。 
 だって傍からみたら息子が悪者になってしまうから。

 今回対応が180度違って、学校側が完全に息子側に立ってくれたこと、からかいがいけない事、冗談ですませられない事としてしっかり指導してくれた事に、感激したと同時にちょっとびびりました。
 担任の先生、息子の半分位しかない小さくて華奢でかわいい人なんですが・・・「からかってきた連中の口を割らせる事ができました」って・・・。
 中学校の先生、強い!そして本当に嬉しかった出来事でした。
 
 
 

モアナと伝説の海

 市内に映画館が無くて、車で1時間半走らないと公開してる映画が観られない。
 しかし、話題になった映画などは、公開終了後しばらくしてから地元のホールで上映することがあります。
 というわけで、DVD発売直前だった7月初め、ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」を娘と二人で観に行ってきました。

 

 内容を検索せずに観に行ったので、ストーリーを殆ど知らなかったのですが、思ってたようなお話じゃなかった。
 正直驚きました。何がって・・・。
 「アナと雪の女王」が姉妹の愛がテーマで、王子様が助けてくれる筋運びじゃない、とディズニーらしからぬ斬新さが話題になっていましたが、それでもロマンス自体はあったのに比べて、今回はロマンスのロの字もありませんでした。
 迷いながらも自分が選んだ道を進むヒロイン、モアナ。
 彼女を助けてくれる王子様は・・・王子様かも?と思ったけど違った!バディでしかなかった!

 西遊記みたいな、困難な目的を達成するスカッとした冒険ストーリー。
正直主人公が少年でも違和感無く、男の子でも十分楽しめる映画でした。
 
 女神の心が盗まれ、そして失われてしまい世界に闇がはびこるようになった。
 いつか失われた女神の心を見つけ出し、返しにいかなければ、世界は闇に支配されるだろう。
 そんな伝説を耳にした幼いモアナ。
 ほかの子どもたちが闇の魔物の絵におびえるのに、彼女は興味津々。
 そして、海の向こう側に興味を持ちます。
 ある日ウミガメの赤ちゃんを海まで守ってやる彼女に、海は女神の心を渡したのでした。

 この、まだ3歳くらいのよちよち歩くモアナが非常にかわいい!
 そして彼女を愛でる海の波の美しさ。
 海が世界を救う者としてモアナを選び、彼女も海に惹かれていきます。
 広い海原への憧憬に突き動かされる彼女を、村長である父親は心配して島の外へ出て行くことを禁じます。
 唯一、彼女の心を理解してくれるのは祖母だけ。

 このおばあちゃんが素晴らしいんです。
 メンターの役割なんですが、常に「お前はどうしたいんだい?」と問いかけてきます。

 世界の命運を担うことを定められたモアナは両親の理解を得られず苦しんだり、自分の非力さに絶望したりするのですが、祖母の魂が彼女を支え、励ましてくれるのです。
 ことにモアナが相棒のマウイに去られて全てをあきらめかけた時、祖母が現れるシーンは本当に美しくて感動的でした。

 シンプルなストーリーで、それが物足りない人もいるのでしょうが、「自分の心に、気持ちに正直に、前に進んで行こう」というメッセージが力強く、主題歌も素晴らしくて気持ちいい、心励まされる映画でした。
 元々海がテーマの作品が好きで、冒険譚にわくわくする自分の好みにピッタリでした。

 ちなみに娘もかなり気に入って、「面白かった!」を連発してました。
 思春期直前の娘に、自己肯定をテーマにしたこの作品を見せてやれて良かったと思いました。
 子どもが対象のディズニーアニメなのですが、ちょっと敵の魔物のビジュアルに迫力がありすぎて、小さな子は怖がっちゃうかもしれません。
 幼稚園年長さん以上向けかな。

 あと、マウイ役の尾上松也の声が素敵だった♪
 歌も上手で素晴らしかった。
 ずーっと聞いていたい声でした。
 
 
 
 

梅干しその後

 さて、最初にいつもの梅干しを二キロ漬けてたのち、甘い梅干しを作ろうと思って一キロやってみました。
 るるるさんにせっかくレシピを教えて頂いていたのに・・・ついつい「甘すぎるのもどうかしら・・・梅シロップみたいに梅がシワシワに固くなったりして・・・」と不安になり、砂糖プラスはちみつで120g、塩150gにしちゃった。
 
 さっき味見してみましたが・・・なーんか中途半端なの(爆)。
 減塩に間違いはないけど、はちみつ梅ほど甘くもなく。しょうがねぇ、干しあげて瓶詰する時にざらめ糖をまぶすとしますか(笑)。
 来年は絶対砂糖をけちらないぞー。

 それよりもショックなことが。
 先に着けていた梅(私はジップロックのLサイズに1キロずつつけています)の片方に、く、黒カビが!
 白かぴみたいな産膜酵母(これは全然オッケーなんですが)と、その中にちょこっと黒い物が!
 あわてて黒カビの生えてた梅干しを捨てて、梅酢もあきらめ、残りの梅干しを天日干ししております。
 しっかり干して、去年の梅酢が結構残ってるのでそれに浸すことにします。

 ああー、3年やってきて大丈夫だったし~、と油断してました。
 毎日しっかり上下返して梅酢に浸していたのを、もうしっかり梅酢もあがってるし~と1週間ほど怠っていたのですわ。
 何事も丁寧にやり遂げなければなりませぬな。

 色々と反省しつつも、来年はどうしようか今から楽しみにしています。
 毎年市販のもみしそ使ってるんだけど、来年は娘に手伝わせて赤紫蘇を塩もみして漬け込もうかなー。
 子どもの頃、紫蘇が梅酢で真っ赤な色に変わるのが楽しくて仕方なかったのを経験させてやりたいし。

 

いよいよ本格的な暑さ!

 暑い暑いといいつつも、今年の暑さは去年や一昨年に比べれば穏やかで、夜になれば気温も下がってエアコンつけてたら冷えすぎた、なんて感じのこれまででした。
 海が近いので風が抜けるし、田舎なので都市のように熱がこもることもないので、のほほんとしておりましたが。

 ついに熱中症対策を本格的にしなければならない暑さがやってきたよ~。
 外からの風が殺人熱波まではいかないが、「やばいよ?やばいよ?」とささやきかけてくる程度には・・・。
 
 とりあえず、家で一人エアコンはもったいないので(いや、30度超えたら考えますが)扇風機と、手ぬぐいと、水分&塩分補給でしばらくがんばります。
 
 手ぬぐいは濡らして首に巻いてます。
 結構気化熱で涼しくなります。タオルよりぴたっと肌にくっつくので、手ぬぐい愛用。 汗もふけるし、じゃばじゃば洗えるしさっと乾くし。
 
 飲み物は、完成して冷蔵庫で冷やしてる梅シロップ大活躍。
 塩分補給に梅酢を足して炭酸水で割ってのむと、体がシャキッとする感じ。

 さて、ぬか漬け始めなきゃ。
 ついつい去年3年目のぬか床をダメにしちゃったんですよ。
 面倒くさがりはいかんなぁ。
 ぬか漬けの容器をもう少し小さいのにしなくては。

 夏のきゅうり、なす。
 体を冷やす野菜だし、おやつ代わりに簡単にかじれるし。
 塩分の採り過ぎは要注意ですけど、やっぱり体が欲する感じはありますからね。
 
 そしてスイカを買え買えと娘がうるさく鳴く(セミか!)んだろうなぁー。 

 
 
 

6月に読んだ本まとめ(読書メーター)

本当に真面目に読書ができていませんでした(汗)。
今月からがんばる。

6月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:264
ナイス数:31

ごはんのおとも 2ごはんのおとも 2感想
2巻もおもしろおいしそう!絵が綺麗で料理がおいしそうでストーリーがしっかりしてて、レシピまでついてるなんていうことなし!個人的に「かまいたがり」が子育て&料理の神髄をついていると思いました。はなまるです!
一つ一つの話の登場人物たちがリンクしていて、ちょっと胸の痛みにしみこんだり、じんわりなぐさめられたりと。
ひとのやさしさと料理の味がうまい具合につながりあってて、本当に次作も出してほしいなぁ。
読了日:06月04日 著者:たな
3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)感想
毎度おなじみ川本家の食卓。おぜんの上が賑やかすぎてよだれがじゅるるですよ。手巻きずし、今度うちでも!
関係ないけれど、お肉節約料理をひとつ。しゃぶしゃぶ用の薄切り豚肉を二枚、真ん中が少し重なるようにして、マッシュポテトとプロセスチーズをくるんで巻いて、小麦粉つけてカリッと焼いたのにケチャップとソース混ぜたたれをつけて食べるとグー☆です!
って漫画の感想になってないよ!!
だって妻子捨て男の結末と、巻末の短編が切な過ぎたんだよーーー!!
読了日:06月01日 著者:羽海野チカ

読書メーター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。