FC2ブログ

透明なこころでありたい

おひとりさまの老後 上野千鶴子

おひとりさまの老後おひとりさまの老後
上野 千鶴子

法研 2007-07
売り上げランキング : 311
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ネット仲間のゆぅさんからお借りしました。多謝!
 読了後、ブログを引越ししたり、息子ネタが多かったりで感想アップが遅れてしまいました。
 が、読書魔人ぷぅさんが怒りのアップをされておられたので、慌てて便乗する次第(苦笑)。

 上野先生の本はこれが初めて。
 なんたってフェミニズム系が苦手なんです。
 主張としてうなずけるものはあれど、「そうまでめくじら立てんでも・・・」と思ってしまうことが多く。
 しかし、先生が親御さんの遠距離介護をされたことを書かれた雑誌の特集記事を読み、その内容には同意できる部分も多く、主張も素直に頷けるものだったので、このベストセラー本が出ていると知った時には、ぜひ読んでみたいと思っていました。

 おおまかな主張は「どんな人間でも、たとえ家族がいようと子どもがいようと、最後はひとりで死を迎えなければならないのだから、そのための覚悟と準備をしておかねばならない」というもの。
 「そしてひとりであればなおさら楽しく自分の欲求を満たせるような老後を過ごすべきだ」というもの。
 「そういう老後のためには、友人がかかせない」と円満な人間関係の確立を訴える。
 まことにまっとうな主張です。
 んが。んが。

 読みにくい!
 すんごい文章が読みづらい!
 一人ではしゃいでる感じというか、ユーモアのつもりかしらんが毒舌空周り。
 あのー、それで結局は自分自慢ですか?って感じ。
 正直辟易です。

 提案はそれなりに頷けるものですが、いかんせん「では、どういう相互扶助組織が機能しているのか、自治体ではどのようなサービスをどこに行けば受けられるのか、そして具体的にどれだけの金額がかかるのか」などなど、資料や統計が必要な部分は全て曖昧。
 あのー、上段から振りかぶってのお説教やなしに、それこそが読者の知りたい、読みたい部分なんやと思うねんけどねー。

 このキモの部分のわかりにくさ。仮にも学者の方の著作とは思えないです。
 著者の生活実態を参考にしようにもね、一般庶民からしたらばファンタジーだし。現実離れしてるもん。
 後期高齢者医療制度や日雇い派遣で苦しんでいる老若男女からみれば。
 『負け犬の遠吠え』の著者、酒井順子さんも引き合いに出されて迷惑なのではないかと思ってしまいました。

 うーんと、読者ターゲットとしては、老後は息子夫婦に頼ればええやん、と好き放題やってる倣岸舅姑に悩まされている嫁専用では?(そういう方なら、読んで溜飲を下げられる部分もあるでしょう)
 あ、だから売れたのか?(爆)。
スポンサーサイト
コメント
No title
そうよね!そうよね!
あとがき読んで「ここで酒井さんを出すなー!」って叫びそうになったよ(笑)
いくら学者さんとは言え、あまりにも現実をしらな過ぎるわ。
家族に頼る人のことをボロクソに書いてる割には(ゴキブリに例えてるとこなんてひどすぎる)、自分だって結局友人に頼ろうとしてるわけだし。
お金のある人への「こういう生活もあるよ」という提案ですんでれば、ここまで腹も立たなかったんだけど、自分と違う道を選んでる人をいちいち貶めるのがねぇ、気分が悪かったです。
もうこの人の著作は読むこと無いでしょうね。
2008/07/14(月) 10:53 | URL | ぷぅ #iWfHidvU[ 編集]
>ぷぅさん
せやねん!せやねん!
期せずして、かつての暗黒読書会再開の運びになってしまいましたね、懐かしい~そして楽しい~!(爆)
数年前まで確実に「おひとりさまで老後を迎える」んだろうと思っていた私にとって、すごく読んでみたいタイトルであっただけに、この違和感にはずっこけました。

すごいというか、「よくどしい!」としか言いようのない表現にノックアウトでしたよ。
「各種パートナーの在庫くらい、用途別にいろいろ抱えておく」って・・・人間関係を大事にというわりに、えげつないたとえ方ですし。
第5章のどんな介護を受け入れるか、ということがこの本のキモの一つなんだと思うけれど、(「介護される側にもノウハウがいる」は、すごく正しい主張だと思いました!)そこに至るまでに自分自慢と罵詈雑言のすさまじさですっかり平常心では読めなくなってしまっているという罠(爆)。

>お金のある人への「こういう生活もあるよ」という提案ですんでれば、ここまで腹も立たなかったんだけど、自分と違う道を選んでる人をいちいち貶めるのがねぇ、気分が悪かったです。

斎藤美奈子さんは「非婚のおひとりさまでも、働きつづけていれば、自分名義の不動産のひとつくらいはあるだろう」という一文に衝撃を受け、その後は何を書かれても上の空となったそうです・・・。
せめて副題に、「団塊の世代のリッチな女性たちへ」と銘打っていてくれればねぇ(苦笑)。
2008/07/14(月) 16:55 | URL | なかさん☆ #LeJya1lg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「生活に不安」7割超える=老後の設計がトップ-内閣府調査

 内閣府が16日発表した「国民生活に関する世論調査」によると、日常生活に「悩みや不安を感じている」人は、昨年の前回調査から1.3ポイント増加の70.8%で、1981年の調査開始以来、初めて7割を超えた。不安の内容では、「老後の生活設計」が6年連続でトップ。年金不信
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード