透明なこころでありたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夜市』 恒川光太郎

夜市 (角川ホラー文庫 つ 1-1)夜市 (角川ホラー文庫 つ 1-1)
恒川 光太郎

角川グループパブリッシング 2008-05-24
売り上げランキング : 14700
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 さて、先日義実家に帰省した際にゲットしたうちの1冊。
 この作品の評判をさまざまなブログで読んでいて、すごく興味があり、いつか読んでみたいと思っていたらば丁度良い感じに目に飛び込んできました。
 そしてもう1冊はキャロル!いつの間に出版されてたんでしょう、全然知らなかったです。
 (田舎モンだからねぇ・・・しくしくしく)
 この3冊をゲットした本屋さん、規模はさほど大きくはないのですが、並んでる本が思いっきり私好みでございましたです。
 キャロルの創元推理文庫、『死者の書』からぜーんぶ揃ってたんですぜ!
 ありえないよありえないよ嬉しいよー。

 おっと本題からそれちゃった。
 久方ぶりのキャロルのダークファンタジーの感想はまた今度という事にして、『夜市』。

 第12回日本ホラー小説対象受賞作ですが、怖くありません(笑)。
 人を呪い殺す邪悪な幽霊も、狂っちゃって世界を血まみれにしちゃう殺人鬼も出てきません。
 ただ、なんというか・・・静謐な夜の世界に張り詰める、いいがたい畏怖、緊張感、といった怖さならばあります。
 そして、人間の心に巣食う後ろめたい部分の持つ怖さ。
 ホラーとちがうね、幻想小説というべきです。 
 
 いくつかの異世界が交錯して開かれる夜市。
 その市では、たくさんの怪しい露店が並び、とんでもない商品が取引されている。
 夜市自体が意思を持ち、選ばれた者しか入ることができず、買い物をしない限り元の世界には帰れない。
 そのルールの中で、子供の頃に夜市で買い物をした経験を持つ青年と、彼のガールフレンドが買えるモノを捜して彷徨う。
 青年は、子供の頃に野球の才能と引き換えに、幼い弟を人攫いに売ったのだった。

 文章は耽美に走ることも、登場人物の心理描写にかまけすぎることもなく、端正で、静か。
 物足りないといってもいいくらい(笑)。
 でも何故か切ないというか哀愁を帯びていて身にしみてきます。
 テーマが人間の罪を扱っているからか。
 そして夜市の中では人間はただの客、もしくは商品に過ぎず、その命は特別でも何でもないというスタンスだからか。

 ラストのどんでん返しは説明的過ぎるきらいはありましたが、それでも何となく余韻の残る、味わい深い作品でした。
 
 そして同時収録の『風の古道』。
 こっちの方はもっと身にしみました。
 桜の季節に迷子になった7歳の子供が、あやかしの通る謎の道を教えてもらって自宅に帰る。
 その話しを12歳になって友人にしたところ、夏休みで退屈していた友人が興味を持ち、謎の道を探すことに。
 稲荷様の裏からその道に入ることができた少年二人は、そこが人間が通るべき道ではないと知り、出口へ案内してくれるという青年についていくのだが。

 冒頭でおびえながら古道を歩く子供の描写で、私の大好きな筒井康隆の『遠い座敷』の階段状につながる座敷を思い起こしました。
 日本人の心に根付いている、不可解で恐ろしいモノ、タブーといった存在への意識を本当に上手に描写していると思います。

 そして本当に切ないラスト。
 少年が少年でなくなり、大人になる通過儀礼とでもいうべき悲劇。
 こういう物語が最近は少なくなっているのでは・・・?
 『夜市』ではすこし物足りなく感じた人間描写も、こちらではそう思わせられることもなく、一気に物語世界にひきこまれていました。

 現代の泉鏡花というと褒めすぎかしらん。
 ああいう、和風で切なくて人間が超えられない禁忌を描いた幻想小説がお好きな方はご一読いただいても損は無いです。
 そして、私は多分この作家さん追っかけます!   
 
スポンサーサイト
コメント
No title
コメを入れようとして、オー?オー!オー!!になりました。
なかさん、またおもろいこと始めましたね。
これ、かわいい!植林、私も始めます。

なかさんがお薦め本、私も好きになりました。只今前回紹介本を取り寄せ中です。
2008/08/13(水) 17:40 | URL | ピノコッペ #-[ 編集]
>ピノコッペさん
行きつけ(笑)のブログで拾ってきました。
早速がんばって育てようと思ったらいきなりのぱそ不調(しくしく)。
お互いがんばって植林活動に貢献しましょうね♪
2008/08/23(土) 01:59 | URL | なかさん☆ #LeJya1lg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。