透明なこころでありたい

裏切りのいじめ

 どうしても冷静になれないので、だらだらと書きなぐります。

 今日は終業式で、娘は3年から持ち上がりで2年間を過ごしたクラスとのお別れでした。
 3年、4年と良い先生に恵まれて、娘も楽しく過ごしていました。
 過ごしていると思っていた。

 男子の提案で、「クラス最後の日だから、全員で公園で遊ぼうぜ、ちょっとしか参加できなくてもいいからみんな来いよ」ということになり、娘も参加してきました。

 学校では、普段よくじゃれあっているNNに「最後だからみんなで写真とるよ、自撮りをデコるアプリで遊ぼう」と声を掛けられ、「うん、いいよ」などと返事をしたそうです。

 我が家は学校から2キロと遠く、公園は学校の近くにあるので、いったん帰宅してから出かけると遅くなるため、外でおひるごはんを食べてそのまま公園に行きたい、という娘。
 卒業して暇な息子と私が近くまで出かけていって、3人で昼食をとり、息子と私は重たい娘の荷物を持って帰宅、娘は公園へ遊びに行きました。

 昼食をとっていた喫茶店で、ぽつりと「今日、やっぱり行くのやめようかな・・・」という娘。
 「何いってんの?クラス最後の集まりでしょ?あんたが公園で遊びたいからって、わざわざ私とお兄ちゃん呼び出しといて、どういうこと!?」と言ってしまった。
 この時、「そう?なら帰ろうか」と言っていればよかった・・・。

 2年間の、最後の最後に、娘はいじめにあって帰ってきた。

 娘から聞き出した4年生女子の、クラスぐるみに近いいじめは、もう、「すごい・・・」としか言いようがなかった。
 あまりにも娘がかわいそうだったらしく、3~4人の男子が心配して「大丈夫か?」となぐさめてくれたらしい。

 集合場所に行ったとたん、NNとRとMKから背中をけられる。
 NNとRは、ふざけてる感じで軽く、だったそうだがMKからは結構痛いけりを入れられたそう。
 NNと、NNと仲良しのYMとのしつこいからかいから始まり、YMは「宇宙人~」と言い出し、みんなから「宇宙人」とはやしたてられる。からかわれて我慢しきれなくなった娘が女子のそばを離れると、いつの間にか女子だけで集合写真を撮っていた。
 「あれ?みんないない?」と思いながら移動した先に女子が固まって写真を撮っていて、教室で誘われていたので自分もまざろうと思ったら、NNに笑いながら「宇宙人は入らないで~バイバイ」と手を振られ、YMやなかよしだと思っていたMにも「バイバイ」と言われたという。

滑り台のかげに隠れていると、NとA(このAとは先週のPTAの待ち時間で鬼ごっこしたりしてわりと仲良しなのだと思っていた)の二人が呼びにきて、ああ、からかいのことを謝って写真に入れてくれるのかな?と思ったら、首謀者のNNが「あたしも写真に入りたいからあんた写真とって」とスマホをわたされ、うまく撮れないでいると馬鹿にされ叱られる。

 仕方ないので一人でブランコをこいでいるとNとAが来て「どいて」と言われ、とられる。
 自分を元気づけるため好きなボカロの曲を口ずさんでいるとAに「また変な歌うたってる」といやみを言われる。

 とにかくそんな調子でずっとからかわれるので無視していたら、ヒソヒソ言われ。
 男子のところへ行って男子の遊びを見ていると、「あー、ハナは男子なんだ」とからかわれる。
 いじめに参加せずに男子と野球していた女子たちがいたので、
 「だったら○○ちゃんたちだって男子じゃん」
 と言い返すと、
 「あー、ひどーい、○○ちゃんかわいそう~」とやられる。

 最初に蹴ってきたMKには、駄菓子屋で買った口の中にスプレーするコーラ味の菓子を、「かして」と言われ、「口開けて」と言われたので口にスプレーしてくれるのかと思ったら顔にかけられて、顔がべとべとに。

 とにかく、NN主導のいじめは嫌な事を徹底的に「冗談」「からかっただけ」をよそおいつつ、しつこく続いたらしい。
 NNもYMも年の離れた姉たちがいて鍛えられているので、年齢よりも幼い娘には太刀打ちできない。

 クラス担任は、道徳の授業を熱心に指導し、子どもの心を育てることに主眼を置いた指導をされていて、いじめの話も良く授業などで取り上げていた人でした。娘も「いじめなんてする人は心が弱い人なんだよね」といつも言っていたのですが・・・。
 担任にバレないように、最後の最後にやられました。
 仲良しだと思ってた子たちに。
 グループで交換日記していた子たちに。
 バレンタインデーに友チョコ交換しあった子たちに。

 学級崩壊している隣のクラスの荒れてる子のグループに目をつけられ、「コロシテヤル」と追いかけられていたのをかばってあげた子に。

 いじめってすごいや。
 阪神大震災も、セクハラも、盗撮も、認知症になった母との葛藤も、その他もろもろ人生の修羅場を乗り越えてきたババアの心をこんなにもズタズタにする。
 自分がやられるよりも、子どもがやられる方がつらいとは良く聞くが・・・本当だった。
 
 あかん、書いたら落ち着くかと思ったのに、逆に余計に胸がつまる。くるしい。

 ただ、最後に謝ってきた子、からかわずに「写真なんてあたしもつまんないよ」とよりそってくれた子、心配してくれた男子、男子と遊んでいていじめに加わらなかった子、集合写真の時にいなくてやはりいじめに加わっていない子、などもいたそうで、それだけは娘と私の心の救いかも。

 号泣する娘を、抱きしめてゆっくりすべてを話させ、「大丈夫、あんたは悪くない、ただみんなのイライラした黒い気持ちをぶつけられただけだからね」と言い聞かせました。
 まだ本格的なターゲットじゃない。4月からはクラスも替わる。
 それまでに。
 何ができる?何をしてやれる?
 

スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちは。

とりあえず担任なり上の先生なりに報告はした方がいいかと。
『春休みだしクラス変わるし、もう先生にバレやしない』
最後の最後に仕掛けてきたということは、そう思っているんじゃないかな と思います。
うまくしたら、クラス編成で考慮してもらえるかもしれないし。
・・・息子の担任みたいなのだと逆効果ですが(汗)

クラスが変わり、そのいじめグループからはみ出ちゃった子がいたとしたら、またハナちゃんにすり寄ってきますよ、たぶん。
勝手に『多少キツく当たってもイイ相手』認定をしてると思うので、そいつらがまた都合のいい時に友達ヅラしてくるんだろうな と思うと、吐き気がしてきます。

あとは転校も視野に入れるのも手かな と思います。
いざとなればいつでも抜け出せる環境なんだ と思えると、ハナちゃんの心の持ちようも違うんじゃないかなぁ と。

心の闇てんこもり女子どもの中から、早く抜け出せるといいなぁ と思っています。
2017/03/26(日) 09:36 | URL | るるる #qsvP4ThM[ 編集]
Re: No title
るるるさん、どうもありがとうございました。

担任が「人間としてのこころ」「命のたいせつさ」をみっちり教え込んできたクラスだったので、なんだか担任に伝えづらく、離任式の時にちょっとお話ししようか手紙を書こうか・・・なんて思っていました。
おかげさまで、親子ともども、ショックだった気持ちをきちんと吐き出せたことで、スッキリすることができました。

また、偶然かどうかクラスも離れることができ、今後彼女たちからのいじりがエスカレートする心配もなくなりました。

新たな気持ちでスタートを切ることができて、本当に良かったです。



2017/04/05(水) 16:22 | URL | なかさん☆ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード