透明なこころでありたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むすこはあたらしいこうげきをおぼえた!

 身長170センチを超え、体重ももちろん70キロをとっくに上回っている大型新入生の息子。
 彼が、母である私からのからかいを撃退する方法には「ぺちん」というスナップだけを使ったツッコミ、もしくは「ふんごー!ふがー!」と威嚇しつつ体を揺らすという二通りの方法があった。
 どちらも、いい加減にしないと俺、怒っちゃうよ?という意思表示。
 
 元々、幼児期の自分で制御できないパニックで叫んだり暴れたりするのを抑えるため、抱きしめたり、くすぐったり、なでたりと体に刺激を与えて気分転換を図っていたのの延長で、コミュニケーションの一環としてスキンシップをとっていたのだが、息子の反応が面白かわいくて、ついついエスカレートしていた部分は否めない(ごめん、息子)。

 さすがに第二次性徴を迎えて、立派な男子の体格となった息子に今までのようなスキンシップではセクハラになってしまう。
 なので、母ちゃんは、新たなからかい方法を覚えた。
 それは、悲しいつくりばなしをすること。

 息子、とにかく悲しいというか、寂しいのが嫌い。
 仲間外れとか小さな島の学校に生徒一人とか親が離婚して虐待されたとか、学校でいじめられていつも一人ぼっちとか、そんなシリアスなテレビや本は全拒否。
 そこで、息子が宿題や手伝いをしないでゲームばっかりしている時に

「ともがいう事を聞かないので、おかーさんはやる気のない息子にがっかりして、家を出て、遠くに住み込みで働きに行ってしまいました。おとーさんは仕事が忙しくて家に帰って来なくなりました。妹のはなちゃんは不良少女になって、友達の家を泊まり歩いてばかり。ああ、ともが学校から帰ってくると誰もいない部屋にひとりぼっち・・・」

 なーんていう作り話をすると、本気で怒ります。
 もう、今までの「ぺちん」ツッコミやデコピンでは、息子の怒りは処理できません。
 だからといって、母親をどついたりするという選択は、非暴力主義者(パニック起こさない限り、ガンジーなみに暴力が嫌い)の息子には好ましくない。

 そこで、息子は新たな攻撃を思いついた。

 だらしなく寝そべってゴロゴロしている母の上に

「ライド」

 とひとこと言って、乗っかって来ました。


    ∧__,,∧ 
⊂(⌒つ ・∀・)つ
⊂(⌒つ T∀T)つ  つ…潰れた


他にもっとダメージのきつい、「よこライド」
ひざと脛の骨がゴリゴリに来て拷問に近い「正座ライド」など、種々の技を編み出しやがりまして、何か気に入らない時には繰り出してきます・・・いや冗談抜きで、息子の体重だと私の内臓がやばいよ(汗)。
非暴力主義の癖に、潰すのは構わないのか?おかしいだろ・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

なかさん☆

Author:なかさん☆
鬱病回復途中。更年期障害。
長男自閉症。長女甘えんぼ。
家族総デブ。色々とやばい。


ランキングに参加しています。
育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
グリムス
読書メーター
なかさんの最近読んだ本
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。